100%超えたいなぁ~

動く度に資本が減ってゆく『相場の肥やしくん』の奮闘記。巧い方法ありませんかね?

新ポスティング



交渉が難航していた プロ野球、新ポスティングが
入札額の上限を 2000万ドル(現在の為替レートで約20億円)とする案で
合意しそうな流れです


このニュースを見て
NPBは、 一体 誰の味方なんだと 思いましたよ…

だって、 楽天の 田中まーくんの 入札額は
一説には 100億円とも 囁かれていた訳ですからね~

それでなくても
松坂大輔投手の入札額 5111万ドル(当時レートで60億円)
ダルビッシュ投手の入札額 5170万ドル(同40億円)
を、考えても まーくんの成績なら 5000万ドルは超えて
6000万ドル(現レートで約61億円)が最低ラインで
どこまで 釣りあがるか?

そんな 感じだったハズですが…



メジャー側が 資金力のない球団にも チャンスが欲しいという 意向だったのでしょう
それでも 上限2000万ドルでは 安すぎますよ~

ここで よく考えて欲しいのは
普通の一流選手たちの場合 ポスティングでも入札金額は
2000万ドルなんて超えず 1000万ドル以下だという事

元、阪神の井川慶選手に 2600万ドルを提示したのなんて 狂気の沙汰
(阪神は、得をしましたけどね~)

ですから オイラの見解では 上限など決める必要はないと 思うのですが
NPB側も 日本球界の利益の代弁者なら 強気で押せばよかったのです

こちらから提示するのは
入札額トップの球団との 交渉がまとまらなかった場合
それで破談ではなく

次位の金額を提示した球団に 交渉権が移行する
これで 十分だったと思います
何も 今回の交渉で 無理やりにでも合意に至らなくとも 問題はなかったハズ

田中まーくんの メジャー行きが 実現しないではないか!
と、いう人もいるでしょうけれど
最悪でも 2015年のオフになれば FA権を獲得して 旅立てるのですから

NPBは 時間をかけて 来年も交渉継続しましょう
と、メジャー側の 要求を突っぱねても良かった気がします

ポスティングは、金がかかる というのは
メジャー側の詭弁で 金額が釣りあがり過ぎるのは
実力に見合わない額まで 入札金をつぎ込んでしまう
一部の 金満球団のせいですよね~


さて、この制度での 田中将大選手のポスティングを
楽天球団は 認めるでしょうか? 認めないのでしょうか?

FA権を行使しての 海外移籍だと
球団側には 1銭も入ってこないので もしかしたら応じてしまうかもしれませんが
ここは 楽天さんに 頑張ってもらって 放出せず

もう一年 両者の真摯な協議によって
より良い形の ポスティングシステムを構築してもらいたいですね


昨今の 国会も 可決を急ぐあまり
建設的な議論・法案の再修正もなく
強引な 強行採決で 特定機密保護法を 成立させましたが

これは、安倍政権には 大きなマイナスとなって
今後も降りかかってくるような 気がします






人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪




スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/12/07(土) 23:30:47|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ワールドカップ 組み合わせ 決定ぃ~ | ホーム | ちょっと 余力を多めに 確保しておきますよ~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://badinvestor.blog19.fc2.com/tb.php/2441-bc60cbba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヨーグモス

オイラの資産増減

マイブログ ランキング

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者

現在の閲覧者数: