100%超えたいなぁ~

動く度に資本が減ってゆく『相場の肥やしくん』の奮闘記。巧い方法ありませんかね?

3月の結果


3月の日経平均は、キプロス問題による
欧州信用不安再燃からの ユーロ安など 動揺が走った場面もありましたが
終わってみれば 月初よりも高値で 終わりました

そんな中、自分も
3月14日までは イケイケの絶好調でしたが
15日の 乾汽船ストップ高から 事態が豹変です
空売りしていた銘柄で 豪快に担ぎ上げられて 悶絶級の含み損と 格闘中…

どうして?こうなった?

そんな 状態なので惨敗をしていたイメージしかなかったのですが
乾汽船対策にと 増資した40万円を なかった事にしても
2月末より 3月末のほうが 資産増えてたのには 驚きました


参考までに ベンチマークとの比較です

【日経平均】
2月末:11559円36銭
3月末:12397円91銭  (7.25%増)

【ヨーグモス資本率】
2月末:36.59%
3月末:48.09%ですが 40万増資を加味しない修正値では 41.17%

増減比較を より正確に行うためには 母体数値を同じにする必要性がありますから
期間中の増資を 加味しない数値との比較が望ましいので
3月末資本率を 41.17%と 仮定して比較してみると
(12.49%増)

乾汽船のダメージがあってなお
ベンチマークの日経平均を 上回るパフォーマンスだったのは
予想外の戦果じゃないか!?

主力株である 4銘柄の躍進が 振り返ってみると 大きかったみたいです
SUMCO:17.58%増
ソニー:22.72%増
任天堂:12.83%増
三菱UFJ:8.77%増

そして いぶし銀の働きをしたのが 2012年6月から含み損塩漬け中だった コナカ
コナカ:25.40%増
彼との戦いは、当時の余力に比べて 痛すぎる含み損に膨らんだので
長期戦を覚悟して 途中から現引きしたんですよね(遠い目…)
戻り基調になってきたので 2月・3月と 信用で買い増ししたのですが
3月21日からの 大躍進を見る事なく

乾汽船の暴力に耐える為に 利確撤退したもんです 嗚呼、
結果論から言えば コナカの信用買いポジを切らずに 増資ペースを速めて耐えた方が
効率的でしたが

それは あくまで結果論
困った時に すぐ増資に頼るようでは この世界では 生き残れません

なんとか 死なない程度に 奮闘したいと思います
4月も 引き続き 乾汽船との長い戦いが中心になってゆく予定ですね

あと、今後の相場は 長期間買い越していた外国人投資家が
先週は?売り越しに転じたようなので
ポジション調整なのか? 利確売りなのか?
動向を見極めてゆきたいです

国内機関投資家も 年度末は、益出し売りとか
ポジション調整しなければならない状態だったでしょうしね

そして 個人投資家の買い越しが増えているというのは 少し気にしておかないとです
ババを掴むのが いつものパターンだと大体、個人凍死k…
おっと、誰か来たようだ…







人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪




スポンサーサイト

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2013/03/31(日) 12:57:15|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<嘘と言ってくれよ~ | ホーム | プロ野球 開幕>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://badinvestor.blog19.fc2.com/tb.php/2229-ca8d2373
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヨーグモス

オイラの資産増減

マイブログ ランキング

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者

現在の閲覧者数: