fc2ブログ

100%超えたいなぁ~

動く度に資本が減ってゆく『相場の肥やしくん』の奮闘記。巧い方法ありませんかね?

GW三日目 (週末の米国市場)


早くも GW三日目です

昨日は、丸一日外出
(まぁ
 行楽じゃなく 雑用・雑務でしたが
 天気も良く 普段と違う外での軽作業
 という事で 心地よい疲れもあり
 晩酌が美味しく悪くない一日でした)


さて、それはさておき
週末の米国市場振り返りを
しておかないといけませんね

26日(金)のアメリカ市場は 上昇
ダウ 153ドル高 (+0.40%)
ナスダック +2.03%
S&P500 +1.02%

3月の 米国個人消費支出(PCE)は
前年同月比 +2.7%
  (市場予想は +2.6%)
と、根強いインフレの払拭に
時間がかかると判断され
FRBの 利下げ時期は、遠のく

これは、
株価に対して マイナス要因ですが
それを 振り払う程の
主力企業の好決算
マイクロソフト & アルファベット

特に アルファベットは
初の 配当も公表しており
前日比 +9.97%
 (ヨーグモスも保有しており
        嬉しい誤算でした)

金曜のザラ場中からあった
為替の円安問題は
米国株に関しての 影響は、
皆無に近い状態 (当然ですね~)

むしろ 焦点は、今週開催のFOMCと
4月の雇用統計発表でしょう

東京市場は、GW中という事もあり
閑散商いも 想定されるけど
この間隙を突いた ドル円160円突破
(一時的で すぐ 159円台後半に
      押し戻されてるけどね…)

三連休明けの 火曜相場は
どんな動きになるでしょうねぇ


【本日のトレード】
祝日のため なし

≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
4914.07米ドル
 (参考レート:156.21円)
         =767,626円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 116.70%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

スポンサーサイト



テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2024/04/29(月) 13:13:54|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(開き直り) 一日遅れの更新です


25日(木)のアメリカ市場は 下落
ダウ 375ドル安 (-0.98%)
ナスダック -0.64%
S&P500 -0.46%

この日は
1-3月期 米国GDP 速報値発表で
市場予想を下回る結果でしたが
前期比年率換算 +1.6%
   (市場予想 +2.4%)

これと同時に発表された
1-3月期 個人消費支出 (PCE)
が、前期比年率換算 +3.7%と
23年 10-12月期の +2.0%
を、大きく上回る結果となり

インフレ再燃が懸念される状況
長期金利が 更なる上昇をみせ
割高感が意識される 株売りを誘発


さて、東京市場
前場の小高い動きから
後場になって 大きく上昇

理由は、日銀の金融政策決定会合
結果が、現状維持で

一部で 囁かれていた
円安に対抗するために
国債の買い入れ額を変更する
QT (量的引き締め) を、
実行するのでは?
などという憶測が 外れたためで

株式相場には 追い風となって株価上昇
でも 弊害の一面として
更なる 為替の円安進行も起こりました

ドル円は 155円台後半から
ザラ場中に 156円台突入となり
夕場~夜間に
 (欧州時間から 米国時間)
157円台 遂には、158円台突破

これ 多分、来週にも
効果の程は、アテに出来ないけど
政府・日銀の 為替介入ありそうです


【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

この日の立ち回りは
買い目線というか 日銀会合待ち

一応 売りポジ 海運3兄弟が
小幅ながら上昇して
余力状況が、やや厳しくなってきており

日経Wブルに、五月雨的 ナンピン買い
あとは、買いポジに
ナンピン買いを 少々


日経平均は 151円高で前引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約480円安

恐るべし 売りポジ 海運3兄弟…

昼休み中に
日銀会合で跳ねた場合を考えて
利確売りの指値も
あちこち バラ撒きます

で、個別銘柄のほうは 約定なしも
日経Wブル の、ほうは
ボチボチ 約定メールもきており

想定した流れとしては 悪くない
ただし 売りポジ 海運3兄弟も
いい感じに 上昇しており
飛び抜けて ポジサイズの大きな
川崎海運が
ヨーグモス資産に 大ダメージ

そんな訳で
まだ 持ち越しておきたかった
含み益な 買いポジからも
ある程度 益出し
 (と、いうか 余力回復策ですな)

前場の確定利益に
一連の 後場 利確によって
それなりの 確定利益を確保
と、なれば 当然 損益相殺に動くのは
自明の理

6月中旬が返済期限の
小ボス級 駄目ポジ 川崎汽船を
1単元 損益相殺で LC処分


日経平均は 306円高で大引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約720円安
(円貨資産 約730円安
       外貨資産 約10円高)

指数増減率との比較では
日経平均が +0.81%
TOPIX +0.86%
グロース250 +0.70%

そして
ヨーグモス資産は -1.49%


【決算関係】
≪持越し銘柄≫
信越化学  覚悟してたけど
  超巨大特売りスタート
  (信用で)新規買いするべく
  指値セットは、刺さらず
  寄付き後に追加の指値でポジります
  運よく 9時半過ぎ頃に底打ち
  上下に髭のある 陽線
  前日比 -6.37%
  長期保有の 現物株は
  余裕の含み益で 保有継続
  信用ポジも 含み益なので 持越し

アステラス製薬  上げスタートから
  一瞬、マイ転 あとは安定して
  プラス圏に滞在してくれました
  将来的な現引きも視野に入れて
  ナンピン買いを投入
  後場になって 余力管理の観点から
  持越しポジの いくつかを
  微損 & 薄利で 撤収させてます
  前日比 +3.51%

≪引け後発表銘柄≫
キッコーマン 4Q 増収増益
  経常益 市場予想比 +3.48%
  今期見通し 増収微増益
  (12期連続の最高益を目指す)
  配当予想 21円(10+11円)
    5分割しており 実質1円増配
  好決算だと思いますが
  少し弱めの数字で 市場評価は…

  長期保有の 現物意外に
  短期勝負で 信用ポジったので
  瞬間だけでも 上昇して欲しいです

OLC  4Q  増収大増益
  経常益 市場予想比 -2.45%
  今期見通し 増収微増益
  配当予想 14円(7+7円)
    5分割しており 実質5円増配
  もっと良い内容を期待しており
  ちょっと残念な結果です

日立製作所 4Q 減収減益
  経常益 市場予想比 +2.73%
  今期見通し 減収微増益
  6月30日を基準日に 5分割
  配当予想 未定
  自社株買い
     発行済み株式の 2.27%
  分割に 自社株買いは評価も
  決算の数字的には 物足りないか…


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
    いつもの債券系ETF
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い

 次に
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 そして
 外国債券ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 最後に
 米国1-3債ETF (ヘッジ無)
 は、今日も円安進行で
 含み益拡大ですから 買い増し


【26日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本26日の総トレード数は 53でした)

≪26日のPF 保有数:終値≫
≪26日の 投資信託≫
≪26日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪26日の外貨≫
4914.07米ドル
 (参考レート:156.21円)
         =767,626円


≪26日の資産状況≫
投下資本の 116.25%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2024/04/27(土) 14:13:16|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一日遅れの更新です


昨日の時点で
記事の大部分は 書き上げてましたが
最後まで まとめきれずに
下書き保存してしまいました

と、いう訳で気を取り直して
24日(水)のアメリカ市場は
高安まちまち
ダウ 42ドル安 (-0.11%)
ナスダック +0.10%
S&P500 +0.02%

25日に発表される
 米国 1-3月期GDP 速報値や
26日発表の
 3月の個人消費支出(PCE)など

今後のインフレに関連しそうな指標
その結果を見極めたいらしく
大きな動きは みられませんでした

長期金利の高止まりも 相場の重し

主力企業の 決算発表も
個別銘柄の動きに 影響が大
全体としての動きを
想定するのが難しい局面です

余裕があれば
様子見モードでよいのですが
ここまで ポジってる銘柄の変動にも
対処しなければいけないし
なかなか 思うとおりにゆきませんね~


さて、東京市場
為替 ドル円が 155円台に突入と
34年ぶりの水準も
株価の支援材料たり得ず…

どうやら メタ (旧フェイスブック)
の、決算が要因らしいです
市場予想を上回る 好決算を出しながら
2Q 見通しが 弱気過ぎて失望売り
時間外取引で -15.13%

ハイテク株 半導体関連銘柄が
売られてます
国内企業も キヤノン ファナック
  パナソニックHD 日立建機など
残念決算が 主力銘柄に見られ

昨日の上昇分が ほぼ帳消しです


【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

まずは 買いで入りましたが
上手くいかず
売りポジ 海運3兄弟への ナンピンが
まずまずの動き

で、持越し買いポジの 利確や
売りポジ群の 利確
  (海運株の デイトレ利確も含む)

軌道修正した立ち回りで
そこそこな
確定利益を積み上げていたので

6月中旬が返済期限の
小ボス級 駄目(売り)ポジ 川崎汽船
1単元を 損益相殺で LC処分
 (5月の返済期限ポジは
    含み損が大き過ぎて
    この日程度の 確定利益では
        役者不足でした…)


日経平均は 641円安で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約390円安

後場になっても 地合いは崩れたままで
買い長の両建てになってる
東宝なんかは 売りポジを 部分薄利

日経Wブルは ナンピン買いしつつ
逆ポジの 日経Wベアを
損益相殺で 高値掴みポジからLC処分
 (直近の下げが 厳しいので
   自律反発狙いですが
   ポジ量が膨らみ過ぎてる
      嫌な予感もしてきました)


日経平均は 831円安で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 110円安
(円貨資産 約250円安
      外貨資産 約140円高)

外貨資産は、為替の円安進行も
資産増加の 大きな要因となってます


指数増減率との比較では
日経平均が -2.16%
TOPIX -1.74%
グロース250 -2.36%

そして
ヨーグモス資産は -0.23%

売りポジ 海運3兄弟が
大崩れしないまでも
年末年始付近のように
ダメ地合いで 独歩高になってないので
割合 助かっているという印象

さぁ 本日は 日銀の金融政策決定会合
結果発表の日
予想では 無風通過の声が大きいですが

一部には この円安をみて
国債購入の 金額縮小を打ち出すかも?
(いわゆる QTですね)
などと 言われており
どうなる事やらです


【決算関係】
≪持越し銘柄≫
中外製薬  特売りの規模が大き過ぎて
  寄りついたら 含み損
  こうなると 逃げられないので
  様子見してると リバ発生
  プラ転するまでの勢いは
  なかったけど 含み益に転じたから
  朝のうちに 薄利撤収
  利確値 前日比 -2.36%
    (終値は -5.65%)
  決算勝負の 短期保有なので
  これで OK でしょう…

キヤノン  こちらの特売りは
  中外製薬よりも 早く寄りつくも
  寄付き後も いい所なく 下げ続け
  大陰線の安値引け
  前日比 -8.42%
  でも 長期保有の現物株
  まだまだ 余裕の含み益ですし
  保有継続です

≪引け後発表銘柄≫
信越化学  4Q  減収減益
  経常益 市場予想比 -1.10%
  今期見通し 非開示
  配当予想 未定
  これは、残念決算 暴落も覚悟です

アステラス製薬 4Q 増収超メガ減益
 経常益 市場予想比 -47.72%
  4月12日に 下方修正済み
  今期見通し 微増収メガ増益
  配当予想 74円(34+34円)
    (前期実績 70円)
  残念決算ながら既に下方修正済みで
  今期見通しが V字回復
  そして増配なら 頑張った内容です


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
   いつもの 債券系ETF
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、通常の2倍ポジ量 ナンピン買い

 次に
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 そして
 外国債券ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 更に
 米国7-10年債ETF (ヘッジ無)
 は、(僅かながら)含み益を継続で
 買い増し

 最後に
 米国1-3債ETF (ヘッジ無)
 は、円安進行で 含み益の拡大
 ですから 買い増し


【25日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(25日の総トレード数は 48でした)

≪25日のPF 保有数:終値≫
≪25日の 投資信託≫
≪25日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪25日の外貨≫
4914.07米ドル
 (参考レート:155.83円)
         =765,759円


≪25日の資産状況≫
投下資本の 118.02%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2024/04/26(金) 11:58:57|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恒例の? 一日遅れ更新です


23日(火)のアメリカ市場は 上昇
ダウ 263ドル高 (+0.69%)
ナスダック +1.59%
S&P500 +1.20%

中東情勢への 過度の警戒感が緩み
押し目買いが優勢となりました

他にも 経済指標
4月の PMIが
  (購買担当者景気指数)
製造業 サービス業ともに
市場予想に届かなかった点が
インフレ懸念を
強める結果じゃなかったとして
安堵の買いも入ったようです


さて、東京市場
ナスダックが 順調な動きで
半導体関連銘柄を中心に
大きく上昇してくれました


【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

上昇期待で
買いポジにナンピン買いが
中心の戦略でしたが
保有買いポジが主力系から外れている為
劇的な効果とはいきません…

それでも 資産増はありがたいもので

日経Wブルを 部分利確して
高値掴みの 日経Wベアを 損益相殺
という、ある意味 両建て解消的な
トレードを そこそこ繰り返しました

普通に 利確だけして
建て代金の嵩む 駄目ポジの損益相殺
これでもよかったのですが
調整局面は、短期間じゃないか?
って、観測の元 買いポジを保存する
そんな戦略だったもので
仕方がありません
(結果的に
  本日の地合いを知ってるので
  この立ち回りは 残念賞と
  分かっていながら 書いてます…)


日経平均は、777円高で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約410円高

強めの地合いでも 海運3兄弟は
そこまで上昇してないし
ある意味で助かってます

この日は、大きな確定利益もなく
小口の 利確と 損益相殺で
ポジ調整が メインのトレードでした


日経平均は 907円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約370円高
(円貨資産 約270円高
      外貨資産 約100円高)

指数増減率との比較では
日経平均が +2.42%
TOPIX +1.67%
グロース250 +0.76%

そして
ヨーグモス資産は +0.77%

悪くない状況ですが
今日の動きが分かっているだけに
もっと用心するべくでした


【決算関係】
≪引け後発表銘柄≫
中外製薬  1Q  減収微増益
  悪くはないけど
  そこまで喜べる決算でもなさそう
  ポジも圧縮してたし
  暴落さえしなければ 利確撤収かな

キヤノン  1Q  微増収増益
  経常益 市場予想比 -1.65%
  好決算と思わせておいて
  市場予想に届かずだと
  利食い売りがでそうです…


【外国株部門】
≪トレード≫
   この日は、4トレード
 今年の年末が期限の 旧NISA
 米国ヘルスケアETFと
 米国増配株ETFを 部分利確

 そして
 米国債券ETF ナンピン買い
 通信大手 ベライゾン ナンピン買い

詳細は、トレード履歴に記載しました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪投資信託≫
 以前だしておいた注文が 約定して
 口座残高に反映されたから
 トレード履歴に記載しました
 自動積立による
 全世界株式 (除く日本) です

≪積立ETF≫
   債券系ETFを 5トレード
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い

 次に
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 そして
 外国債券ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 米国7-10年債ETF(ヘッジ無)
 は、僅かに含み益に転じており
 (復活の) 買い増し

 米国1-3債ETF (ヘッジ無)
 も、(まだ)含み益なので 買い増し


【24日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(24日の総トレード数は 35でした)

【23日夜間:外国株】
VHT : バンガード
      米国ヘルスケア ETF
 NISA売り 1口@$258.33
         (△$49.99)

VIG : バンガード
      米国増配株式 ETF
 NISA売り 2口@$176.78
         (△$85.79)

BND : バンガード
    米国トータル債券市場 ETF
    現物買い 1口@$71.07

VZ : ベライゾン
    現物買い 1株@$39.87

【投資信託】  ※4月20日注文分※
三菱UFJ : 
eMAXIS Slim 全世界株式 (除く日本)
      5万円買い (NISA)


≪24日のPF 保有数:終値≫
≪24日の 投資信託≫
≪24日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪24日の外貨≫
4914.07米ドル
 (参考レート:154.91円)
         =761,238円


≪24日の資産状況≫
投下資本の 118.29%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2024/04/25(木) 13:39:31|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またしても 一日遅れの更新です


またしても 一日遅れの更新です

22日(月)のアメリカ市場は 上昇
ダウ 253ドル高 (+0.67%)
ナスダック +1.11%
S&P500 +0.87%

イスラエル イランともに
反撃の連鎖は、避けたいという意図が
見え隠れする状況となって
中東情勢の緊迫感が 若干緩みました

長期金利の動きも
下げに転じるまでは ないですが
これ以上の急伸も なさそうな動きで
自律反発の買いが 入ったようです

こうなると 今度は、
決算発表の最中という事で
各社の業績に 焦点が移ります
大手金融機関などは
既に発表が終わっており
今週は、ハイテク株など 市場動向に
大きな影響を及ぼしそうな企業の
決算が控えており

直近決算の内容に加え
今後の見通しのほうも 大きな注目です


さて、東京市場のほうも
動揺が収まって 自律反発


【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

この日の戦略も 『買い目線』

諸々の 買いポジに ナンピンを入れ
(一部は、買い増しですけど)

売りポジ ネクステージにも
部分両建てとなる 買いを投入
(これは、失敗でしたけど…)

日経WブルETFも ナンピン買い

朝の立ち回りを終えて
今度は、確定利益タイム
と、いっても 小口の利確で
この確定利益を使って
日経Wベア & 日経Wブルの
高値掴みポジを 損益相殺で LC処分


日経平均は 99円高で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 210円高


後場になって
更なる 余力回復策の必要性から
富士フィルム アサヒG を、利確撤収

アサヒG の、確定利益は
割と大きいので
次なる作戦を実行する時になりました

それは、追加で
日清食品HD ヤクルト本社
アステラス製薬
(売りポジ) 日本郵船 などなど
部分利確をして
ポジ圧縮のほうは、十分な成果

で、ここまで確定利益を
かなり 搔き集めた事により

5月中旬が返済期限の
中ボス級 駄目ポジ
川崎汽船 1単元を 損益相殺で
LC処分できました
 (もちろん 空売り直し
    ロールオーバーもしてますよ)

5月が返済期限の
駄目ポジは、多数 抱え込んでるので
チャンスがあれば
手早く処理する が、当面の課題です

少しだけ 確定利益が足りなかったので
長期保有の 現物ETFも
1銘柄ですが 部分利確してます


日経平均は 113円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 460円高
(円貨資産 約390円高
       外貨資産 約70円高)

指数増減率との比較では
日経平均が +0.30%
TOPIX +0.14%
グロース250 -0.09%

そして
ヨーグモス資産は +0.97%


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 まずは、日経高配当50ETF
 こちらを 部分利確して
 損益相殺に 足りなかった確定利益を
 補いました

   あとは、いつもの 債券系ETF
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、通常の2倍ポジ量 ナンピン買い

 次に
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 そして
 外国債券ETF (ヘッジ有)
 は、通常の2倍ポジ量 ナンピン買い

 更に
 米国7-10年債ETF (ヘッジ無)
 が、(僅かながら)含み益に転じて
 買い増し

 最後に
 米国1-3債ETF (ヘッジ無)
 は、(まだ)含み益なので 買い増し


【23日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(23日の総トレード数は 31でした)

≪23日のPF 保有数:終値≫
≪23日の 投資信託≫
≪23日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪23日の外貨≫
4416.66米ドル
 (参考レート:154.81円)
         =683,741円


≪23日の資産状況≫
投下資本の 117.38%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2024/04/24(水) 12:47:07|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時間が足りません


またしても
一日遅れの更新となりました

22日(月)の、振り返りですから
まずは
週末のアメリカ市場から
ダウ 221ドル高 (+0.56%)
ナスダック -2.05%
S&P500 -0.88%

ダウ平均は、イスラエルの イラン攻撃
速攻で織り込んで 反転上昇!?

だたし 長期金利の高止まりが
ハイテク株中心の ナスダックには足枷
(特に、半導体関連銘柄の
   調整が キツい みたいです…)

で、マグニフィセント・セブンの
比重が大きい S&P500も 軟調


さて、週明けの東京市場
こちらも 週末の大暴落が ダメージ大
で、一応 自律反発の範囲内ですが
それなりの 反発
(アナリストなどは、物足りない
 などと言ってましたが
 続落しなかっただけ マシでしょう)


【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

この日の立ち回りは
売りポジ 買いポジ 織り交ぜて
(含み益の大きくない)
利確出来るポジを 逃がして

日経WベアETF
(高値掴みポジ) 損益相殺で
LC処分

同様に 日経Wブル
(高値掴みポジ)も 損益相殺で
LC処分

その立ち回りは どうなんだ?
と、思いそうですが
駄目ポジ処理を 目的とした取引で
手持ちポジの 整理整頓と考えましょう

他にも それなりの確定利益が
残っていたので
新たな損益相殺の 物件調査

そこで 見つけたのが
6月上旬が返済期限の
小ボス級 駄目ポジ 川崎汽船
これを1単元 損益相殺で LC処分
(最初から 全ての確定利益を
  貯め込んでおけば
  5月中旬が返済期限の
  中ボス級 駄目ポジのほうを
  処理できた可能性があったのよ…)


日経平均は 266円高で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 170円高

売りポジ 海運3兄弟が
やや穏やかな動きだったので
助かりました

前場に そこそこ動いたので
後場は、軽めのポジ調整といった感じ

今後は、決算発表を睨んだ 立ち回りも
組み込んで 動かないと
返済期限ラッシュの 駄目ポジ処理が
追いつかないでしょう…


日経平均は 370円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約370円高
(円貨資産 約290円高
       外貨資産 約80円高)

指数増減率との比較では
日経平均が +1.00%
TOPIX +1.38%
グロース250 +1.96%

そして
ヨーグモス資産は +0.80%


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
   債券系ETF 5トレード
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、通常の2倍ポジ量 ナンピン買い

 次に
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、通常の3倍ポジ量 ナンピン買い

 そして
 外国債券ETF (ヘッジ有)
 も、通常の2倍ポジ量 ナンピン買い

 残念ながら 含み損に転落中の
 米国7-10年債ETF(ヘッジ無)
 これも ナンピン買い

 最後の希望
 米国1-3債ETF (ヘッジ無)
 は、(まだ)含み益なので 買い増し


【22日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(22日の総トレード数は 83でした)

≪22日のPF 保有数:終値≫
≪22日の 投資信託≫
≪22日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪22日の外貨≫
4416.66米ドル
 (参考レート:154.77円)
         =683,566円


≪22日の資産状況≫
投下資本の 116.26%

今日の前場は、やや苦戦中
後ほど 本日の結果を アップ予定
(なんとか、一日遅れにならないよう
    努力するつもりですが
         どうなる事やら…)



人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2024/04/23(火) 11:28:53|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遂に三日遅れの更新です (大暴落相場)


先週金曜日の更新が出来ませんでした
土曜が 丸一日の外出
日曜も 雑事に忙殺されてました
で、週明けを迎えた訳ですが
超 簡潔に更新してみましょう…

18日のアメリカ市場は 高安まちまち
ダウ 22ドル高 (+0.06%)
ナスダック -0.52%
S&P500 -0.22%

長期金利の 高止まりで
ハイテク株・半導体関連銘柄が弱い動き

これを受けた 東京市場も
ここまで 相場を引っ張ってきた
半導体関連銘柄を中心に 売り

日経平均は 500円オーバーの暴落
それが 前場途中から 下げ幅急拡大
あとから 知ったのですが
これは イスラエルが イランに対して
報復攻撃を加えたと
 (正確には、この時点で
  イラン某所で 爆発があった
    程度のニュースだったみたい)

こちらも
日経平均を 500円オーバー押し下げ

一時、日経平均 1300円安くらい?
終値でも 1000円オーバーの暴落
(当然、今年最大の下落)


【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

この日の 立ち回りは
売りポジ 買いポジを 問わず
利確出来るポジは 撤収させて
余力回復

浮かせた余力の 大半は
この時点でも
高値掴みの 日経WベアETFを
損益相殺で LC処分

返す刀で 日経WブルETFは
ナンピン買いで 週明けの反転期待

そして 余力状況をみながら
買いポジに ナンピン買いや
新規の打診買い
 (大和ハウス バンナムHD など)

中東情勢の悪化は
運賃高騰の思惑もあって
売りポジ 海運3兄弟は暴落地合いでも
割と 堅調な動きでした
  (これが、痛いんですよ…)


日経平均は 1011円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約700円安
(円貨資産 約730円安
       外貨資産 約30円高)

売りポジ 海運3兄弟も
最後に 上げ幅縮小となって
資産状況は
地合いより マシ程度に回復
 (前引け時点では 地合いに大敗…)

指数増減率との比較では
日経平均が -2.66%
TOPIX -1.91%
グロース250 -3.20%

そして
ヨーグモス資産は -1.49%

時間の都合で
超 簡潔な更新ですが
後場の取り引き 頑張りますよ~


【外国株部門】
≪トレード≫
   18日夜間に 2トレード
 米国債券ETF (ナンピン買い)
 たばこ株 アルトリア
         (ナンピン買い)

詳細は、トレード履歴に記載しました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 正確性に欠きますが
 この日も 4~5銘柄の債券系ETF
 に、ナンピン買い
  (1銘柄位は、買い増し)


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(19日の総トレード数は 50でした)


【18日夜間:外国株】
BND : バンガード
    米国トータル債券市場 ETF
    現物買い 1口@$70.67

MO : アルトリア
  NISA買い 1株@$41.24


≪19日のPF 保有数:終値≫
≪19日の 投資信託≫
≪19日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪19日の外貨≫
4416.66米ドル
 (参考レート:154.46円)
         =682,197円


≪19日の資産状況≫
投下資本の 115.33%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2024/04/22(月) 12:46:11|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっと 通常モードに復帰


昨晩のアメリカ市場は 下落
ダウ 45ドル安 (-0.12%)
ナスダック -1.15%
S&P500 -0.58%

オランダの半導体製造装置大手
ASMLホールディングス
が、残念決算で急落 (-6.68%)

これが 米国ハイテク株売りに波及
ナスダックを中心に 軟調な展開でした


さて、東京市場
下げスタートだったものの
直近の下落が キツかった事もあって
早いうちから 下げ幅縮小
前場のうちに 日経平均は プラ転


【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

朝の下げ地合いをみても
売りポジにナンピンするよりも
買いポジ群に対して
ナンピン買いしたほうが よいと、判断
(割と手数多く 買い出動)

そんな中
(現物持ちで 信用買いとして)新規な
富士フィルムを 打診買い
前日引け後に 業績の上方修正も
 (営業益は、下方修正)
市場予想を下回る内容が
失望売りを招いたとされてます
朝安から 大陽線なので
-3.13%ですが 悪くない買い物
 (と、思いたい)


日経平均は 129円高で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約250円高

後場は、もっと地合いの回復を
期待してたのですが 伸びはイマイチ

調整程度のトレードで済ませるつもりも
ちょっと 余力の消費が激しいと感じて
建て代金を やや圧縮しておきました


日経平均は 117円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約200円高
(円貨資産 約210円高
       外貨資産 約10円安)

外貨資産は、
為替の やや円高方向の動きが
影響したようです
歴史的な 円安も 動き一服かな?

指数増減率との比較では
日経平均が +0.31%
TOPIX +0.54%
グロース250 +1.50%

そして
ヨーグモス資産は +0.43%

かなり 久々に
その日のうちに 記事アップできました
(24時跨ぎになってますが
   寝る前に 仕上げられたので
      その日とカウントです)


【長期保有 現物株】
≪トレード≫
 地合いの下落局面も 頃合いとみて
 NTT に、対して 買い増し
 1,000株買って
 合計 12,000株の保有とします


【外国株部門】
≪トレード≫
   昨晩は 2トレード
 米国債券ETF  ナンピン買い
 S&P500 ベア3倍ETF
           ナンピン買い

詳細は、トレード履歴に記載しました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い

 次に
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 そして
 外国債券ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 最後に
 米国1-3債ETF (ヘッジ無)
 は、(まだ)含み益なので 買い増し


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 37でした)

≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…

【17日夜間:外国株】
BND : バンガード
    米国トータル債券市場 ETF
    現物買い 1口@$70.88

SPXS : Direxion デイリー
   S&P500 ベア3倍 ETF
    現物買い 5口@$10.01


≪外貨≫
4528.91米ドル
 (参考レート:154.37円)
         =699,127円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 117.08%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2024/04/19(金) 00:54:05|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またしても 一日遅れの更新です


残念ながら
最近は、更新が遅れがちになってます

16日のアメリカ市場は 高安まちまち
ダウ 63ドル安 (+0.17%)
ナスダック -0.12%
S&P500 -0.21%

ようやく 金利上昇に一段落で
相場のほうも 下げ一服といったところ


さて、東京市場
朝は 強い動きというか 自律反発も
その後 いいところなく 上げ幅縮小
更に 下落に転じて 下げ幅拡大…


【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

トレードのほうは 簡易的にです

前日の決算通過で
大きめの含み益固定両建てな
(と、含み損ポジもあるよ)
東宝を 美味しいトコだけ 利確撤収

この 大きめな確定利益を 原資として
別ポジ (売りも買いも含めて) も、
確定利益を積み上げて
なんとか
目標金額に到達したのを確認して
5月中旬が返済期限の
駄目ポジ ヤクルト本社 1単元を
損益相殺で LC処分
 (もちろん 買い直し
   ロールオーバーで 戦線継続!)

この日は、弱い地合いに反して
売りポジ 海運3兄弟が 元気な動き
で、余力管理の必要性もあって

売りポジ 楽天G は、大半を薄利撤収
他にも 朝~前場にポジった ヤツを
大引けまでに 薄利&微損で 撤収

建て代金を減らしたものの 資産減少で
信用余力は 微減少に留められました


日経平均は 509円安で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 1490円安
(円貨資産 約1480円安
       外貨資産 約10円安)

指数増減率との比較では
日経平均が -1.32%
TOPIX -1.26%
グロース250 -1.74%

そして
ヨーグモス資産は -3.06%

前日の 大躍進を
そっくり (いや、利子までつけて)
返済したかのような 資産減少でした…


【外国株部門】
≪トレード≫
  16日夜間は、2トレード
 米国債券ETF (ナンピン買い)
 S&P500 3倍ベアETF
          (ナンピン買い)

 今回も 時間の都合で
    トレードの詳細は、割愛します


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 この日も 価格下落で
 債券系ETFを
 複数銘柄 (4~5銘柄ほど)
 ナンピン買い
  (1銘柄位は、買い増しのハズ?)

 こちらも 詳細は、記載できません
  (既に メモ書きは
        消去してるので…)


【17日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(17日の総トレード数は 45でした)


≪17日のPF 保有数:終値≫
≪17日の 投資信託≫
≪17日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪17日の外貨≫
4650.41米ドル
 (参考レート:154.72円)
         =719,511円


≪17日の資産状況≫
投下資本の 116.57%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2024/04/18(木) 14:00:33|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(一日遅れ) 暴落発生 そして大躍進


またしても 更新遅れです

15日夜間のアメリカ市場は 下落
ダウ 248ドル安 (-0.65%)
ナスダック -1.79%
S&P500 -1.20%

またしても 強めの経済指標が出て
長期金利も 上昇しており
FRBの 利下げが遠のくのでは?
という事で 株安となりました


16日の東京市場も
この流れを受けて 為替の円安進行も
株価が大きく崩れました


【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

トレードの振り返りも
簡潔に済ませますが
暴落地合いのなかでも 強烈な資産増

信用買いポジは、主力系を避け
(単なる買い遅れで
   参戦出来なかっただけですが…)

売りポジ群が 海運3兄弟を中心に
割と崩れてくれたからです


日経平均は 761円安で大引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約1110円高
(円貨資産 約1110円高
        外貨資産 約0円安)

指数増減率との比較では
日経平均 TOPIX グロース250
3指数とも 記録ミスで
ヨーグモス資産は +2.33%


【決算関係】
≪持越し銘柄≫
東宝  大きめの特買いスタート
  信用ポジは 含み益固定の両建て
  損益に影響ない状態ですが
  現物株も持っているから
  そちらの 含み益も固定化する
  と、いう名目で ナンピン空売り
  他にも デイトレ目的で
  買いと空売りを入れ
  それぞれ 程よい利確が出来ました
  前日比 +7.40%


【外国株部門】
≪トレード≫
   この日は、2トレード
 米国債券ETF ナンピン買い
 全世界債券ETF (除く米国)
          ナンピン買い

 トレードの詳細は
    時間の都合上、省略です


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 ETFとしては
 唯一の 定期積み立て銘柄
 新興国株式ETFを 無事に買いつけ
  (最近は、手動不定期買いだと
     忘れそうになるんですよ~)

 債券系ETFは、4銘柄位 買い
  (こちらも 時間の都合で
        詳細は、割愛します)


【16日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(16日の総トレード数は 78でした)


≪16日のPF 保有数:終値≫
≪16日の 投資信託≫
≪16日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪16日の外貨≫
4650.41米ドル
 (参考レート:154.36円)
         =717,837円


≪16日の資産状況≫
投下資本の 120.26%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2024/04/17(水) 22:10:38|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一日遅れの 簡易更新です


昨日は、更新できずでした

今日も 相場が大荒れで
トレードが忙しいので
振り返りは、かなり簡潔にします


【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

決算の欄でも書きますが
売りポジ IGポートで 大きな利益

これに 買いポジ 売りポジ
各種織り交ぜて
ヨーグモスにしては
かなり 大きめの確定利益を作って

5月中旬が返済期限の
ラスボス級 駄目ポジ
ヤクルト本社 1単元を 損益相殺で
LC処分できました

このサイズだと
正直 現物ETFを 複数体利確して
損益相殺の 原資とする覚悟だったので
非常に助かる 一撃でした


日経平均は 290円安で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で約670円安
(円貨資産 約630円安
      外貨師資産 約40円安)


【決算関係】
≪持越し銘柄≫
IGポート  超巨大な特売り爆弾
  売りポジ持ちには嬉しい展開も
  安値売りポジは 含み損
  それでも
  直前の 高値売りポジと 合算で
  余裕の プラス転換しており
  楽勝の利確撤収
  そして ドテン買い
  利確値段 前日比 -10.35%
    (売りポジで 大勝利!)
  終値は -11.93% でした

良品計画  こちらも朝高の後に
  軟調な動きとなっており
  売りポジ持ちだけど
  上昇してた時に ナンピン空売り
  下落に転じて それなりの下落時に
  部分薄利逃げして
  購入単価引き上げの
  ロールオーバー効果とします
  前日比 -3.92%


【外国株部門】
≪トレード≫
   週末には 3トレード
   債券系ばかりで
 米国債券ETF ナンピン買い
 全世界債券ETF (除く米国)
       ナンピン買い
 投資適格社債ETF ナンピン買い

(時間の都合で トレード詳細は割愛)
 

【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 まずは、日経WベアETF
 現物分は、半分を薄利撤収

 債券系ETFは 5銘柄くらい買い
 そのうち 4銘柄はナンピン
 1銘柄が (含み益で)買い増し


【15日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 65でした)


≪15日のPF 保有数:終値≫
≪15日の 投資信託≫
≪15日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪15日の外貨≫
4770.44米ドル
 (参考レート:153.87円)
         =687,866円


≪15日の資産状況≫
投下資本の 117.51%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2024/04/16(火) 13:57:47|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

留守中の結果は?


ザラ場で 一日半
都合 二日分の空きが出来た 今回
簡単ではありますが
振り返りなどしてみましょう

====【6月11日分】====

10日夜間 アメリカ市場は
記録したつもりで 忘れてました

たしか 米国CPIが
市場予想を上回る感じで
大きめの下落をしてた気がします


東京市場のほうも
米国株安を受けて 軟調も
下げ幅は 限定的で
持ち直す動きもありました

立ち回りのほうは 安全運転を心がけ
極力 余力は減らさない方向で
取り引きしてたような記憶?


日経平均は 198円安で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約300円安
(お通夜に出かける為
  前引けの値が この日の
    最終確認の結果とします)

指数増減率との比較では
日経平均が -0.50%
TOPIX -0.03%
グロース250 -1.49%

そして
ヨーグモス資産は -0.57%
(これらも 前引け時点の値です)


【決算関係】
≪持越し銘柄≫
7&i HD
  寄付きから いい所なく下落
  ナンピン買いもしたけど
  残念な動きです
  前日比 -4.80%

≪引け後発表銘柄≫
メディアドゥ 4Q 減収赤字転落
  今期見通し 増収黒字復活
  期末一括配予想 27円
        (前期 22円)
  今期見通しに期待して
  上昇してくれれば 嬉しいけど…


【外国株部門】
≪トレード≫
   この日は、2銘柄取引
 米国債券ETF (ナンピン買い)
 全世界債券ETF (除く米国)
         (ナンピン買い)

詳細は、トレード履歴に記載しました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 トレード履歴表を更新したので
 正確な記録が残ってませんが
 金利上昇 (=価格の下落)で
 4,5銘柄 ナンピン買い
  (1つくらいは まだ含み益で
     買い増しだった気もします)


【11日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(11日の総トレード数は 48でした)

【10日夜間:外国株】
BND : バンガード
    米国トータル債券市場 ETF
    現物買い 1口@$71.19

BNDX :
   インターナショナル債券 ETF
    (除く米国/米ドルヘッジ)
    現物買い 1口@$48.76


≪11日のPF 保有数:終値≫
≪11日の 投資信託≫
≪11日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪11日の外貨≫
4997.90米ドル
 (参考レート:152.96円)
   ※前引け時の暫定値※
         =764,478円


≪11日の資産状況≫
投下資本の 118.31%
 (前引け参考記録)

====【6月12日分】====

11日夜間 アメリカ市場は
高安まちまち
ダウ 2ドル安 (-0.01%)
ナスダック +1.68%
S&P500 +0.74%

この日は、卸売物価指数 PPI
市場が警戒したほど 悪い結果とならず
長期金利の動きも 一服感が出て
売り込まれたハイテク株などが
買い直されたようです

さて、東京市場
引き続きの為替円安が相場を支える一方
強過ぎる動きとはならず?
朝の高値から 終日プラス圏ですが
割と 小動きな状態でした

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

この日は、葬儀・告別式で
9時半頃には 家を出るから
寄り前気配をみて 短時間トレード
(と、事前指値に 頼る感じです)

まずは、昨日の打診買いで
少量だけ買っていた 日経WブルETF
多段階に 全軍利確撤収させました

東宝は、 部分利確

あとは
三井E&S 7&i HD
などに ナンピン買いを入れつつ

売りポジ 川崎汽船に ナンピン

で、外出前に ここまでの確定利益で
損益相殺可能なポジ
川崎汽船 1単元を LC処分で処理


日経平均は 80円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約350円高
(円貨資産 約190円高
      外貨資産 約160円高)

指数増減率との比較では
日経平均が +0.21%
TOPIX +0.46%
グロース250 -0.68%

そして
ヨーグモス資産は +0.73%


【決算関係】
≪持越し銘柄≫
メディアドゥ  大きめの特買いも
  見事な寄り天から 上げ幅縮小
  前引け付近が 本日安値で
  14時過ぎ頃から 再浮上
  前日比 +2.92%
  立ち回り ザラ場監視出来ないので
  寄り買い増しと
  利益固定化の 両建て空売り
    (これは、事前指値)
  寄付き後 売りポジ約定後下げたので
  先程買ったポジは
  安全策で デイトレ薄利確
    (これ、正解の判断)
  これで含み益固定の 両建てとなり
  不安なく 出発できました

≪引け後発表銘柄≫
IGポート  3Q  微減収増益
  通期 上方修正
  期末一括配 55円
     (前回予想は 52円)
        (前期配 40円)
  6月1日効力発生の
  株式 4分割も発表
  これは、好決算で 直前の
  ナンピン空売りは悪手だった模様…

良品計画  2Q  増収超メガ増益
  こちらも 普通に好決算で
  売りポジ持ちには 厳しいところ


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪投資信託≫
 以前、だしておいた注文が
 約定して口座残高に反映されたので
 トレード履歴に記載しました
 (手動)定期積み立ての
 先進国債券と 新興国債券でした


【12日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(12日の総トレード数は 15でした)

【投資信託】  ※4月9日注文分※
三菱UFJ:eMAXIS Slim 先進国債券
             5千円買い

大和:iFree 新興国債券インデックス
             5千円買い


≪12日のPF 保有数:終値≫
≪12日の 投資信託≫
≪12日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪12日の外貨≫
4997.90米ドル
 (参考レート:153.26円)
         =765,978円


≪12日の資産状況≫
投下資本の 119.18%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2024/04/14(日) 00:23:22|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二日間 留守にします


昨晩のアメリカ市場は 高安まちまち
ダウ 9ドル安 (-0.02%)
ナスダック +0.32%
S&P500 +0.14%

今晩発表の
3月 米国消費者物価指数 (CPI)
を、控えて 模様眺めの様子見モードで
小動きでした


さて、東京市場
こちらは 連日の上昇と
為替の円安一服で 軽めの利益確定売り


【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

朝は、Windows アップデート
開場まで 45分もあるので
大丈夫だろうと 更新したのですが…
70分も かかりました
その後も 動作が重くて
トレード開始できたのが 9:40頃

そして 本日は
10時から来客の予定もあって
前場は 約20分 + 25分
(来客は、11時頃まででした)

一応 前日からの 長期指値待ちも
いくつか約定しており
そこまでの
機会損失はありませんでした


日経平均は 106円安で前引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約190円高

売りポジ群の 下落が
功を奏したみたいです

後場も 軽めのポジ調整が主体で
やや余力増やしで
ポジ圧縮はしましたが ほぼ従来通り


日経平均は 191円安で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約270円安
(円貨資産 約290円安
       外貨資産 約20円高)

指数増減率との比較では
日経平均が -0.48%
TOPIX -0.43%
グロース250 +0.12%

そして
ヨーグモス資産は -0.56%


タイトルにも書いた通り
明日・明後日は 留守にするので
更新できません

親戚の 通夜・告別式に
参列する為です
(一応 距離的に
  明日の前場くらいは
   ザラ場参戦可能ですが
     記事の更新は出来ませんね)


【決算関係】
≪引け後発表銘柄≫
7&i HD  4Q  微減収減益
  計上益 市場予想比 +2.65%
  今期見通し 微減収増益
  配当予想 40円(20+20円)
  3分割してるので 7円増配
       (+6.19%)
  祖業の イトーヨーカドーを中心に
  スーパー事業を IPOで上場
    (保有株式の
        それなりを売却予定)
  と、発表しました
  個人的には 好材料と判断するけど
  市場の反応と
  大株主(アクティビスト)の反応が
  読めませんね…


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 本日も債券系ETFのみ の、取引

 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い

 次に
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 そして
 外国債券ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 残念ながら 含み損に転落の
 米国7-10年債ETF(ヘッジ無)
 これも ナンピン買い

 最後の希望
 米国1-3債ETF (ヘッジ無)
 は、(まだ)含み益なので 買い増し


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 37でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
5118.44米ドル
 (参考レート:151.84円)
         =777,183円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 118.99%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2024/04/11(木) 01:28:00|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

簡易更新です


昨晩のアメリカ市場は 高安まちまち
ダウ 11ドル安 (-0.03%)
ナスダック +0.03%
S&P500 -0.04%


東京市場は 米国株と違って
強い動きで 特に後場は、上げ幅拡大
市場参加者の 先高観を受けた動き?


【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

立ち回りとしては
売りポジ
ネクステージと 川崎汽船への
ナンピンが手数として 多かったです

その分 他ポジを 利確や損益相殺で
ポジ圧縮を 図ります
 (まぁ 建て代金は、増加したので
     余力減少となってますが…)


日経平均は 193円高で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約80円高

後場も 派手な動きはなく
細かな利確と損益相殺で
ポジ調整という感じ な、一日でした


日経平均は 426円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約100円高
(円貨資産 約10円高
       外貨資産 約90円高)

指数増減率との比較では
日経平均が +1.08%
TOPIX +0.97%
グロース250 +0.62%

そして
ヨーグモス資産は +0.21%


【外国株部門】
≪分配金≫
LQD : iシェアーズ iBoxx
    USD 投資適格社債 ETF
から $6.96 を、受け取りました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪投資信託≫
 (手動の) 定期積み立て
 2銘柄に買付を実施しました
 いつものように 約定して
 口座残高に反映された時
 トレード履歴に記載予定です

≪積立ETF≫
  本日も債券系ETFのみ の、取引
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い

 次に
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 そして
 外国債券ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 ここからは
 米国1-3債ETF (ヘッジ無)
 が、含み益なので 買い増し


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 33でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
5118.44米ドル
 (参考レート:151.94円)
         =777,695円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 119.66%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2024/04/10(水) 01:39:07|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

簡易更新です


週末のアメリカ市場は 上昇
ダウ 307ドル高 (+0.80%)
ナスダック +1.24%
S&P500 +1.11%

雇用統計は
市場予想よりも 良い結果でしたが

前日までに FRBの利下げは
これまでの想定より 遅れる?
年内の 利下げ回数も 減ってしまう?
と、ここまでの好調な経済指標から
大きく調整していたので

この程度の 雇用統計なら
FRBの金融政策に 変更はなさそうだ
という 一種の安堵感から
株は買われました


さて、週明けの東京市場
週末の米国株高を受けて 上昇
ただし 前場の勢いに比べると
後場は、やや失速気味で
買い意欲の旺盛さは 弱まってる印象


【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

本日の立ち回りは
日経WブルETFの利確撤収から始まり

買いポジ 売りポジ ともに
含み益になっているものを
極力 利確して
(必要なポジは
    ロールオーバーしてますよ)

結構な量の 確定利益を積み上げて
4月下旬が返済期限の
ダメ売りポジ 良品計画を
損益相殺で LC処分
(実際に、信用ポジだけで
    賄えると思ってませんでした)

現物ETFを 利確消費せずに
処理できたのは 僥倖でした


日経平均は 525円高で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約320円高

後場も それなりの利確と損益相殺
こちらの 処理物件は
日経WベアETF 高値掴みポジを
数ロットだけの 処理


日経平均は 354円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約320円高
(円貨資産 約210円高
      外貨資産 約110円高)

指数増減率との比較では
日経平均が +0.91%
TOPIX +0.95%
グロース250 +0.90%

そして
ヨーグモス資産は +0.66%


【決算関係】
≪持越し銘柄≫
ウェザーニューズ
  特売りスタートも リバ
  前引け 午後一にかけて
  失速したものの
  その後は、下げ幅縮小しての
  下髭陰線
  ナンピン買いして 戦線継続です
  前日比 -2.66%


【外国株部門】
≪分配金≫  2銘柄
BND : バンガード
    米国トータル債券市場 ETF
  から $15.93 を、受け取り

BNDX :
   インターナショナル債券 ETF
    (除く米国/米ドルヘッジ)
  より $5.06 の、受け取りで

合計 $20.99 でした


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
  本日は債券系ETFのみ の、取引
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い

 次に
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 そして
 外国債券ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 ここからは
 米国1-3債ETF (ヘッジ無)
 が、含み益なので 買い増し

 次に
 米国7-10年債ETF(ヘッジ無)
 も、僅かに含み益なので 買い増し


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 68でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
5118.44米ドル
 (参考レート:151.85円)
         =777,235円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 119.40%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2024/04/09(火) 02:25:06|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かなり遅れての 更新


色々あって 二日遅れの更新です
4日のアメリカ市場は 下落
ダウ 530ドル安 (-1.35%)
ナスダック -1.40%
S&P500 -1.23%

強い経済指標が続いた事で
FRBの 利下げが遠のくのでは?

雇用統計を前に 身軽になっておくか~
そんな感じで
売りが嵩んだのかもしれません


さて、東京市場
米国株安に やや円高 と、くれば
利益確定の売りが 出るのは必定
でも それが暴落に発展するとは
思いませんでした
(せいぜい 日経平均で
 400円程度の下げ位? と、想定)


【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

弱い地合いを想定して
売りポジ群に ナンピンを入れます

その後 地合いに下げに比べて
持ちこたえてる感が出ている
海運3兄弟に対しては デイトレ利確
(ついでに言えば
   川崎汽船は 持越しポジも
      相当量 利確しました)

同様に 売りポジ楽天G も、
崩れないので
ある程度のポジを 薄利撤収して
余力回復しておき

売りポジ ネクステージは
それなりの動きをしてたけど
利確と ナンピン空売り
それから 損益相殺など 紆余曲折
結果的に 少しポジ量を落として
いくばくかの 確定利益という感じ

前引けを前に
少しだけ 次への布石として
買いポジの動きを 少々

三井E&S ナンピン買い
ウェザーニューズ 新規の打診買い
7&i HD
  (信用では、新規打診買い)

あとは、ここまでの確定利益を使って
日経WベアETF
薄利&微損撤収で ポジ圧縮しつつ
高値掴みポジも それなりに損益相殺
(日経平均が
  一時 1000円安に迫るような
    暴落地合いなら とりあえず
      ポジ圧縮するでしょう?)


日経平均は 960円安で前引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約40円高

売りポジ群の下落に
日経Wベアの上昇が ヘッジ効果を発揮

前場のうちに
日経平均が 25日線を割り込み
調整局面が意識されて
株価下落に
拍車がかかった面がありましたが

相場の先高観を見込んだ買いも入って
後場は、下げ渋る動きとなりましたね

それならばと
日経WブルETF を、新規に打診買い
取っ掛かりには
やや大きめのポジですが
短期リバ狙いの 一環と考えれば
個別株を 新規で買うよりも 安全かも
という程度の ポジサイズです

続落すれば ナンピン買い
反発すれば 半分転度は利確する
という感じで 立ち回る考え

それと並行して
前場に引き続いての
日経Wベア ポジ圧縮を 推し進めます


日経平均は 781円安で大引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 120円高
(円貨資産 約240円高
      外貨資産 約120円安)

指数増減率との比較では
日経平均が -1.96%
TOPIX -1.08%
グロース250 -0.74%

そして
ヨーグモス資産は +0.25%

かなり上出来な 資産推移です


【決算関係】
≪引け後発表銘柄≫
ウェザーニューズ 3Q 増収減益
  これは 残念決算です
  直近の動きが 弱めなので
  悪材料出尽くしを
  期待するしかないけど 無理筋か?


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 まずは 日経WベアETF
 信用ポジも 圧縮したけど
 こちら 現物ポジは
 薄利ながらトータルで 含み益
 ポジの半分を撤収して
 現金余力を増やします

   ここからは 債券系
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い
 その後 通常の2倍ポジ量 損益相殺
 あと、指値待ちして ナンピン買いが
 暫くしてから約定して
 結果的に ポジ量は変わらず

 次に
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 そして
 外国債券ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 ここからは
 米国1-3債ETF (ヘッジ無)
 が、含み益なので 買い増し

 次に
 米国7-10年債ETF(ヘッジ無)
 も、僅かに含み益なので 買い増し


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 73でした)


≪5日のPF 保有数:終値≫
≪5日の 投資信託≫
≪5日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪5日の外貨≫
5111.48米ドル
 (参考レート:151.19円)
         =772,804円


≪5日の資産状況≫
投下資本の 118.61%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2024/04/07(日) 22:31:14|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京市場 反転上昇


昨晩のアメリカ市場は 高安まちまち
ダウ 44ドル安 (-0.11%)
ナスダック +0.23%
S&P500 +0.11%

3月の ADP全米雇用リポートが
前月比 +18.4万人
  (市場予想 +15.5万人)

この結果を受けて 長期金利が上昇

ISM非製造業景況感指数は
51.4 (市場予想は 52.7)
景況感として 加熱し過ぎず
かといって
好不況の境目 50は、上回っており
なかなかに 都合の良い 着地点?

この結果を受けてか
長期金利の動きが 落ち着きだしました


さて、東京市場
新年度からの下落が 大きかった分
自律反発に、加え
米国半導体関連銘柄(ハイテク株)高
などから 大きめの上昇
日経平均は
一時 700円を超える上昇も
最後のほうは、失速してました


【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

上げ地合いを想定して
売りポジ 良品計画と ネクステージに
部分両建ての 微小買い
 (これは、早々と利確&微損切り)

この地合いでも 弱い動きの
三井E&S ナンピン買い

その後は
強い地合いを警戒して
売りポジ ネクステージと 海運3兄弟
含み益ポジを 各種
利確撤収しておきます

で、4月中旬が返済期限の
ラスボス級 駄目ポジに成長した
良品計画 1単元を LC処分
(損益相殺には 足りないので
  確定利益を さらに増やさねば…)


日経平均は 649円高で前引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約400円安

今日は、売りポジ 海運株の上昇が
痛かったですね…

後場は、債券系ETF(現物)の、買い
そして
足りなかった分の 確定利益捻出目的で
株式系ETF(現物) 部分利確

これらの詳細は、下の
【積立ETF】 欄にて


日経平均は 321円高で大引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約390円安
(円貨資産 約370円安
       外貨資産 約20円安)

指数増減率との比較では
日経平均が +0.81%
TOPIX +0.94%
グロース250 -0.58%

そして
ヨーグモス資産は -0.81%


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 まずは 日経WベアETF
 昨日 大きくポジ量減らしたので
 ナンピン買い

   ここからは 恒例の 債券系
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い

 次に
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 そして
 外国債券ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 ここからは
 米国1-3債ETF (ヘッジ無)
 が、含み益なので 買い増し

 次に
 米国7-10年債ETF(ヘッジ無)
 も、僅かに含み益なので 買い増し


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 27でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
5090.49米ドル
 (参考レート:151.77円)
         =772,583円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 118.32%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2024/04/05(金) 02:06:05|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

復帰 初日は、厳しい結果


留守してた訳じゃないけど
二日空けての ザラ場フル参戦

と、その前に
ホントに簡易的な 振り返り

まずは 4月1日(月)
日経平均が -1.40%
TOPIX -1.71%
グロース250 -1.58%

そして
ヨーグモス資産は +0.17%

新年度初日は
期初の利益確定売りに押されて
3指数とも 大幅下落でしたが
ヨーグモス的には
売りポジが崩れて 僅かに資産増

残念な点が
売りポジ ネクステージの決算発表が
この日だと 知らなかった事
まぁ ビックモーターの件もあって
警戒した売りが出て急落してましたけど


そして 4月2日 (火)
日経平均が +0.09%
TOPIX -0.25%
グロース250 -2.83%

そして
ヨーグモス資産は +1.35%

この日も
地合いが パッとしない中での
満足のいく 資産増でした



そして ようやく 通常モード
昨晩のアメリカ市場は 下落
ダウ 396ドル安 (-1.00%)
ナスダック -0.95%
S&P500 -0.72%

良好な経済指標が出て
利下げ開始時期が 遠のく可能性を
嫌気した売りが出たようです


そして 東京市場
またしても 弱い地合いとなりました
一応 まだ 機関投資家などの
期初ありがちな 益出しの売りのせい
と、解説してましたが
どこまで 信用して良いものか?


【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

本日は、売りポジを中心に
含み益ポジを 利確してゆき
確定利益を搔き集めます
(ネクステージ 4単元
  日本郵船 2単元
    商船三井 2単元
      川崎汽船 4単元
        楽天G 1単元)

で、目標金額に到達したので
明日が返済期限の
売りポジ ネクステージを 損益相殺で
LC処分できました

売りポジ群に対しては
ある程度の 空売り直し
ロールオーバーを入れ直してます


日経平均は 410円安で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約1240円安

下げ地合いで
売りポジ 海運3兄弟が上昇では
この惨状も 仕方のない事です

後場は、珍しく ノートレ
(指値待ちは 割としてたけど
        約定なしでした…)


日経平均は 387円安で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約790円安
(円貨資産 約780円安
       外貨資産 約10円安)

指数増減率との比較では
日経平均が -0.97%
TOPIX -0.29%
グロース250 -1.90%

そして
ヨーグモス資産は -1.61%

ここまで
順調に資産を回復させてきましたが
一旦小休止となりました


【外国株部門】
≪トレード≫
 昨晩は
 S&P500 3倍ベアETFを
 ナンピン買いしておきました
 詳細は、トレード履歴に記載しました

≪配当金≫  2銘柄
KHC : クラフトハインツ から
  $19.30 を、受け取り

PEP : ペプシコ  からは
  $10.94 の、受け取りで

合計が $30.24 でした


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 まずは 日経WベアETF
 若干の含み損ですが
 保有数の約半分を 損益相殺で
 LC処分して 現金余力の回復

   あとは 債券系
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、通常の2倍ポジ量 ナンピン買い
 その後 通常の2倍ポジ量を
 損益相殺で LC処分

 次に
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 そして
 外国債券ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 ここからは
 米国1-3債ETF (ヘッジ無)
 が、含み益なので 買い増し

 次に
 米国7-10年債ETF(ヘッジ無)
 も、僅かに含み益なので 買い増し


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 49でした)

【2日夜間:外国株】
SPXS : Direxion デイリー
   S&P500 ベア3倍 ETF
     現物買い 5口@$9.02


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
5090.49米ドル
 (参考レート:151.62円)
         =771,820円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 119.29%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2024/04/04(木) 02:14:23|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二日間 更新休みます


昨日から
妹と姪っ子が 帰省でやってきて
(今回は、
  旦那さんと もう一人の姪っ子は
  都合が合わず これませんでした)

明日まで 滞在してるので

その間  トレードのほうは
完全休業はしませんが
折をみての
瞬間トレードくらいなもので
一応 取引データは残してますが
この二日間の更新は 休みとします

あとからの
振り返り更新をするかどうかは未定です


簡易更新をすると
大きな下げ地合いにも関わらず
売りポジ群の 崩れで
僅かながらも 資産増という殊勲賞
(本当は、しっかり記事を書きたい
   などと思うところですが
   かなり 眠気もあって
   まとめきれそうにないのです)

ヨーグモス資産は 前日比 +0.17%



人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

  1. 2024/04/01(月) 22:58:17|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ヨーグモス

オイラの資産増減

マイブログ ランキング

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者

現在の閲覧者数: