fc2ブログ

100%超えたいなぁ~

動く度に資本が減ってゆく『相場の肥やしくん』の奮闘記。巧い方法ありませんかね?

大納会と 米国株最終売買日


本当は、昨日更新するつもりで
書き進めてましたが
年末の 雑務とかもあって
途中までで 下書き保存となってました


そんな訳で 留守中の結果という事で
まずは
29日(大納会)の 振り返りからです

前日(28日)の 米国株は
高安まちまち
ダウ 53ドル高 (+0.14%)
ナスダック -0.56%
S&P500 +0.04%

基本的には クリスマス休暇
(欧米では
   1月1日までが 一般的なの?)
という事で 市場参加者も少なく
相場を動かす材料も 見当たらず

2024年 FRBが 利下げに転じる
この考えを支援材料として
株価は、高値圏での小動きでした

そして 大納会を迎えた 東京市場も
方向感がなく 小動きだったようです
(留守 = 外出していた為)

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

一応 開場してから 約10分程度は
ザラ場監視しており

売りポジ 原油ETFに
ナンピン買いを 少々まぶして

東宝に 新規(信用)打診買い

これだけでした
(他の 事前指値などは
     全く刺さりませんでした)

外出するまで
海運株の動きが 穏やかだったので
東宝に打診買いをした訳ですが

留守中の 海運株の動きも
小幅安程度で
意外と? 安定していたようです


【外国株部門】
≪トレード≫
 28日の夜間
 S&P500 3倍ベアETFを
 ナンピン買いしておきました
 詳細は、トレード履歴に記載しました


日経平均は 75円安で大引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約440円高


【29日のトレード】
合計 5トレード


【29日夜間:外国株】
SPXS : Direxion デイリー
   S&P500 ベア3倍 ETF
    現物買い 5口@$11.44


≪29日のPF 保有数:終値≫
≪29日の29日の 投資信託≫
≪29日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪20日の外貨≫
3605.84米ドル
 (参考レート:141.37円)
         =509,757円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 107.16%

今年の 東京市場は、大躍進

ヨーグモス資産は
12月14日までは順調でしたが
その後 大量に抱えている
売りポジ 海運3兄弟が 急伸して
壊滅的な資産減少に 見舞われました
しかも 返済期限が迫っており

長期保有が目的の 現物株を
いくつか 処分せざるを得ませんでした



======12月30日======


29日夜間の アメリカ市場は 下落
ダウ 20ドル安 (-0.05%)
ナスダック -0.56%
S&P500 -0.28%

ダウ平均は
連日で史上最高値を更新していたので
元旦までの 三連休を前に
持ち高調整の売りも
出やすかったようですね


【外国株部門】
≪トレード≫
 この日も
 S&P500 3倍ベアETFを
 ナンピン買いしておきました
 詳細は、トレード履歴に記載しました


【30日のトレード】
土曜なので なし

【29日夜間:外国株】
SPXS : Direxion デイリー
   S&P500 ベア3倍 ETF
    現物買い 5口@$11.68

≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
3547.16米ドル
 (参考レート:141.37円)
         =501,462円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 107.19%


(個人的な) 大荒れ相場の状況から
元本割れの越年も 覚悟してましたが
なんとか
年末時点の 元本(100%)超えを
三年連続で達成できたことに 感謝




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

スポンサーサイト



テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/12/31(日) 14:47:32|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日は 留守にします


昨晩のアメリカ市場は 上昇
ダウ 111ドル高 (+0.30%)
ナスダック +0.16%
S&P500 +0.14%

年末で 特段の材料はない中
2024年に FRBが利下げに転じる
その観測が 相場を支えます

ダウ平均が 史上最高値の更新
ナスダックと S&P500は
年初来高値を更新でした

米国長期金利も
一時 3.78%と、7月以来の低水準
(これも 株価支援材料でしょう)


さて、東京市場
こちらは 日米金利差の縮小で 円高
当然 株価の重しとなってます

ただし 大きく相場が崩れるというより
年末年始という時期もあって
利益確定の売りに 良いタイミング
といった感じなのでしょう

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

今日は、29日が返済期限の
売りポジ 川崎汽船の 処理がメイン

その 海運3兄弟は
特売りスタートからの低迷
本日は、ビビリながらもナンピン空売り
(日本郵船は、悪くない位置だけど
   川崎汽船は、参加が遅すぎて
   本日の安値圏なのが 残念…
   あ、商船三井は 昨日
  ナンピン入れてたので パスです)

当初は、現物株を利確して
損益相殺の原資とする予定でしたが
(まぁ 正確に言えば
 損失軽減の 緩衝材程度の働きです)

本日の資産増(予定)なら
現金余力で
ダメージを受けても良さそうと判断

もちろん 空売り直し
ロールオーバーで 戦線継続です!

今の状態が 続けば
大きな余力回復となるので
一応 それをアテにして
ヤクルト本社を ナンピン買い


日経平均は 177円安で前引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 1470円高

またしても ハイボラ資産変動
な、状況が返ってきましたよ
(本日は、大幅増加の良い方向ですが
  これが逆に作用した時が 怖い…)

後場も 手数は少ないですが
前場の確定利益を使って
売りポジ 原油ETF 1ロットも
損益相殺で LC処分
 (2024年1月9日が 返済期限)

空売り直しの ロールオーバーも
3ロット 仕込んでおきました

更に
IGポートに ナンピン空売りを注入


日経平均は 141円安で大引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 1470円高
(円貨資産 約1590円高
      外貨資産 約120円安)

外貨資産 ドル換算だと 微増も
為替の円高進行で 円換算だとマイナス

指数増減率との比較では
日経平均が -0.42%
TOPIX -0.14%
グロース250 +2.30%

そして
ヨーグモス資産は +3.53%

そして タイトルにも書きましたが
明日は 外出の予定が入ってしまい
大納会なのに
ザラ場監視は寄付き後 10分程度まで
まぁ なんとか凌げると 信じましょう


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い

 そして
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 更に
 米国1-3年債 (ヘッジ無)
 も、ナンピン買い

 他には
 米国7-10年債ETF (ヘッジ無)
 を、ナンピン買いしておきます

 今日は
 ポジ圧縮なしの 買いオンリーでした


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 23でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
3557.47米ドル
 (参考レート:141.39円)
         =502,990円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 106.08%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/12/29(金) 00:33:54|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

厳しい展開再び


昨晩のアメリカ市場は 上昇
ダウ 159ドル高 (+0.43%)
ナスダック +0.54%
S&P500 +0.42%

年末でもあり 特に材料はないものの
2024年 FRBが
利下げを始める という観測に基づいた
買いが優勢でした

ダウ平均は 一時 史上最高値を更新も
上値も重くなって 終値の更新ならず

ナスダックと S&P500は
共に 年初来高値の更新で
2022年1月以来の水準みたいです


さて、東京市場
こちらも 米国株高の流れで堅調な動き

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

本日は、28日が返済期限の
売りポジ 海運3兄弟を 処理するのが
一番の目標とします

が、寄り前の気配値から
海運株は 上げそうな感じですので
部分両建ての買いを 投入
かなり小口で
損失軽減の意味合いは小さいけど
今日の損金計上を 固定化させる為に
動きました

本日の 生贄 現物株は
KDDIを 1単元にして
現金余力で ダメージ受ける割合も
結構 大きかったです

売りポジ 海運株以外の 損益は
そこそこな 利益となっていたから

売りポジ 原油ETF
  (2024年1月4日 返済期限)
4ロットも 損益相殺で処理します

これにて 大発会の週までが
返済期限ポジは
売りポジ 川崎汽船 1単元となって
なんとか 年越しの見通しが立ちました


日経平均は375円高で大引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約1740円安
(円貨資産 約1830円安
       外貨資産 約90円高)

指数増減率との比較では
日経平均が +1.13%
TOPIX +1.13%
グロース250 +2.51%

そして
ヨーグモス資産は -4.01%

またしても ハイボラ資産変動に
戻ってしまいました…


【決算関係】
≪持越し銘柄≫
Jフロント 特売りスタートで
  どうなる事かと思いましたが寄り底
  それならばと
  決算勝負の 超短期決戦だから
  程よい リバの段階で 手打ち
  損益相殺にて LC処分
  損切り値 前日比 -1.68%
     (終値は -2.41%)


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量 損益相殺で
 LC処分しておきました

 そして
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い
 (こちらは
     今日のポジ圧縮は取りやめ)

 更に
 米国1-3年債 (ヘッジ無)
 も、ナンピン買い

 他には
 米国7-10年債ETF (ヘッジ無)
 を、ナンピン買いしておきます


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 30でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
3557.47米ドル
 (参考レート:142.60円)
         =507,295円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 102.46%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/12/27(水) 23:53:38|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ようやく資産変動の ボラが小さくなってきました


昨晩のアメリカ市場は クリスマス休場

欧州市場は
今日も休みのところもあったりして
欧米投資家は
新年まで休養という人も多く
薄商いは必至


東京市場も プライム市場が 売買代金
節目の 3兆円を連日割り込んでます

日経平均の 一日値幅も
約130円程度と やはり小動き

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

今日は、海運株も 小動きとなって
ある意味 心穏やかなトレード

それでも この凪状態のうちに
海運株の処理を進めます
28日が返済期限の 川崎汽船
本日は、思い切って 2単元を損切り
(もちろん 空売り直しの
   ロールオーバー込みで戦線継続)
このダメージを
現金余力で受け止めます


日経平均は・・・ おっと今日は
お昼を 外食にしようとなったので
前引けを前に 出発しており
データなし

後場は
売りポジ 原油ETF 12月返済分を
一掃するべく

現物株 アステラス製薬 1単元を利確
これで確定利益確保して
原油ETF
28日返済期限 1ロット
29日返済期限 1ロット
を、損益相殺
 (前場にも 28日返済期限ポジを
  2ロット 損益相殺しております)

あとは、海運株 4単元が
今年の不良ポジ と、なりました
これらには 損失固定化の為
部分両建ての買いも入れてます

なんとか 処理の道筋が整ってきました
(また 現物株のリリースは
          必須だけどね…)


日経平均は 51円高で大引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約200円安
(円貨資産 約200円安
        外貨資産 約0円安)
外貨資産は
為替変動分だけ 資産変動しております

指数増減率との比較では
日経平均が +0.16%
TOPIX +0.06%
グロース250 +0.11%

そして
ヨーグモス資産は -0.46%


【決算関係】
≪引け後発表銘柄≫
Jフロント  3Q  増収大増益
  経常益 市場予想比 +0.16%
  好決算ではあるけど
  市場予想の範囲内では
  大きな上昇は期待できないか?


【外国株部門】
≪配当金 & 分配金≫  2銘柄
BLK : ブラックロック から
      $7.20 を、受け取り

VHT : バンガード
    米国ヘルスケア ETF より
     $5.65 の、受け取りで

合計が $12.85 と、なりました


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 34でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
3557.47米ドル
 (参考レート:142.27円)
         =506,121円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 106.75%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/12/26(火) 23:07:51|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジェットコースターな 海運株


週末のアメリカ市場は 高安まちまち

決算発表に伴い
通期の下方修正を出した ナイキの急落
これが ダウ平均の足を引っ張って
小安かった以外は

ナスダック S&P500 ともに
相場の先高観から
(FRBの 利下げ開始時期
  前倒し観測が 市場参加者の間で
  コンセンサスになりつつあります)
上昇しておりました


さて、週明けの東京市場
今晩の 米国市場が クリスマス休暇で
特に材料もなさそうな中
堅調な動きになってます

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

今日も ヨーグモス的には
やはり 海運株の動向が全て…

寄付きこそ高かったものの
その後 急落!?
いつもの 『反転 担ぎ上げ』 を、
恐れて ナンピン空売りは入れられず
(信用余力状況的にも 動けません…)

でも 本日の下落は 暴落へと発展
デンマークの 海運大手
APモラー・マークスが 24日
紅海経由の 航行再開に向けて
準備を始めたと伝わり

迂回航路による
コンテナ船の 運賃上昇リスクが後退
これによって 海運株は、利食い売り
と、なったみたいです

この情報に早い段階で触れてればなぇ
(ナンピン空売り 美味しいです
     な、展開もあったでしょう)

それでも ここは 『チャンス?』
と、ばかりに

28日が返済期限の
日本郵船 商船三井 川崎汽船
海運3兄弟から 各1単元を 損切り…
(もちろん 戦線継続の 空売り直しで
    ロールオーバーしております)

まだまだ 年内返済ポジがあるので
処理できる時に
サクサク っと、動いておかないとです

大幅な資産増と
それに絡んだ 信用余力の大回復見込み
を、前提として
本日の 3銘柄 大損切りのダメージは
現金余力で受けました


日経平均は 122円高で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約3240円高

桁違いの資産増に 驚きつつ
先週の頭にも届いていない事を 再認識

後場は、海運株の 大暴落も沈静化
(でも 底這いの動きです)

それに伴い 次の一手を考えます
海運株の 追加処理は
明日以降とするので
1月返済期限ポジにも 目を向けます

大発会の 1月4日に 早速、控えてる
売りポジ 良品計画
これも資産状況が 調子よい
今日のうちに 何とかしておきましょう

良品計画は 現物株も1単元抱えており
他の現物株を 利確しての損益相殺は
『愚策』 と、考え

最安値空売りになるけど
『現渡し』 にて処理しておきましょう

含み損の小さな 売りポジがあるので
空売り直り (ロールオーバー)
は、避けて 持越しポジを代用とします

現渡しによって 確定利益ができたから
これも 有効活用しましょう

売りポジ 原油ETF
  (27日返済期限 1ロット)
  (28日返済期限 3ロット)
合計 4ロットを 損益相殺の形で
LC処分としておきます

まぁ これは目算が違って
赤字が出たので
追加で 含み益な 原油ETFを
5ロット 利確放出するハメに…

これらの 代償として
ナンピン空売りの 指値を
バラ撒きましたが
約定したのは 3ロットだけでした…

それ以外のトレードとして
Jフロント に、新規打診買い
少し前に 現物株を手放しましたが
超短期 決算勝負の 信用買いです
好決算で跳ねたとしても
現引きなどは考えず 即・利確で
損益相殺の種 と、する予定
 (何やら 皮算用が始まってます)
残念決算で 塩漬けだけは避けたいです


日経平均は 84円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約3550円高
(円貨資産 約3520円高
       外貨資産 約30円高)

指数増減率との比較では
日経平均が +0.20%
TOPIX +0.04%
グロース250 -0.56%

そして
ヨーグモス資産は +8.96%

多分、今まで見た事もない 増加率です
大躍進どころか
ロケット発射で成層圏まで達した感じ?
明日以降の 反動が怖いですね


【外国株部門】
≪分配金≫  4銘柄
VGK : バンガード
    FTSE ヨーロッパ ETF
   から $9.32 を、受け取り

VT : バンガード
 トータル ワールドストック ETF
  より $32.15 の、受け取り

VWO : バンガード FTSE
   エマージングマーケッツ ETF
   からは $5.61 受け取りで

VYM : バンガード
      米国高配当株式 ETF
  より $23.76 を、受け取り

合計が $70.84 と、なりました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪投資信託≫
 以前だしておいた注文が 約定して
 口座残高に反映されたので
 トレード履歴に記載しました
 米国株配当株式 2019年NISA
 非課税期限到来の為
 部分利確とします

≪積立ETF(現物)≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 そして
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 更に この日も
 米国1-3年債ETF (ヘッジ無)
 は、ナンピン買い

 で、ここから
 外国債券ETF (ヘッジ無)
 を、部分薄利確

 米国7-10年債ETF(ヘッジ無)
 は、含み益なので買い増しとします


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 21でした)

【投資信託】 ※12月21日注文分※
楽天:米国高配当株式インデックス
          9万円分売却
    47,921口@18,781
         (△33,630)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
3557.47米ドル
 (参考レート:142.35円)
        =506,405円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 107.25%

僅か 1営業日ぶりでの元本超え
(予想外の僥倖!)



人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/12/25(月) 23:51:32|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週末の米国株


昨晩のアメリカ市場は 高安まちまち
ダウ 18ドル安 (-0.05%)
ナスダック +0.19%
S&P500 +0.17%

引き続き
2024年の利下げ開始期待を 材料に
高値圏で 小動きながら安定の動き

ダウ平均だけマイナスだったのは
構成銘柄の ナイキが原因で
決算発表で 通期の下方修正を出して
-11.82% と、なったせいでしょう

インフレ関連の指標も
鈍化傾向を示す結果が また出おり
FRBに
利下げを促す 材料となるでしょう


さて、東京市場
今の感じだと
年末まで ラリーが続きそうですね~

ヨーグモスとしても
海運3兄弟の 返済期限到来に伴う
損切りへの備えとして
現物株の売却が、まだ必要で
相場の安定は 望むところ
(でも 海運株の急伸もありそうで
          怖いのも事実…)

引き続いての 『綱渡り』 状態です


【外国株部門】
≪トレード≫
 昨晩は
 S&P500 3倍ベアETFを
 ナンピン買いしておきました
 詳細は、トレード履歴に記載してます


ヨーグモス資産は
前日比 +0.10%
(海外資産は、ドルベースで微増も
   為替の円高で 円換算だと 微減
   という訳で この資産増は
   円貨資産の 清算値で
    多少の払い戻しがあった模様)

連日 大規模な
資産減少(マイナス値)を、みてるので
心休まります


【本日のトレード】
土曜なので なし

【22日夜間:外国株】
SPXS : Direxion デイリー
   S&P500 ベア3倍 ETF
    現物買い 5口@$11.61


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
3544.62米ドル
 (参考レート:142.51円)
         =505,143円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 98.58%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/12/23(土) 10:03:02|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

元本割れしました


昨晩のアメリカ市場は 上昇
ダウ 322ドル高 (+0.87%)
ナスダック +1.26%
S&P500 +1.03%

2024年に FRBが利下げに転じる
という観測が 市場心理に好影響
これは、来年の3月頃まで
市場参加者の 強気姿勢を支える 土台

そして この日は
米国GDP 7-9月期 確報値の発表

それと同時に 示された
7-9月期 個人消費支出(PCE)が
コア物価指数で
  (エネルギー・食品を除く)
前期比 年率換算 +2.0%と
前回の +2.3%から 下方修正され

インフレの鈍化傾向が
米国景気の 軟着陸
   (ソフトランディング)と
利下げ期待値の上昇となり

昨日の下げを 『押し目買いチャンス』
と、捉えた 買い出動みたいです


さて、東京市場
上昇はしたものの 朝が強くて
その後は、上げ幅縮小

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

本日は、あまり動けない状態になっており

売りポジ 原油ETF を、損益相殺
25日返済期限 1ロット
26日返済期限 1ロット
それぞれ 含み益ポジ 各4ロットで
セルフ損益相殺の形
  (都合 10ロット分の ポジ圧縮)

ヤクルト本社 ナンピン買いは
残念ながら デイトレ損切りで


日経平均は 64円高で前引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約950円安

後場になって
売りポジ IGポート 高値売りポジが
含み益に転じているのを見つけて
速攻で 部分利確

ここで 踏ん切りをつけて
26日返済期限の
売りポジ 川崎汽船を 処分

赤字の一部補填として
現物株 花王を利確撤収しておきました


日経平均は 28円高で大引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約1270円安
(円貨資産 約1410円安
      外貨資産 約140円高)

指数増減率との比較では
日経平均が +0.09%
TOPIX +0.45%
グロース250 -0.35%

そして
ヨーグモス資産は -3.08%


【外国株部門】
≪配当金 & 分配金≫ 3銘柄
LQD : iシェアーズ iBoxx
  USD 投資適格社債 ETF
  から $7.46 の、受け取りで

SHEL : シェル  から
  $62.89 を、受け取り

SPYD :
  SPDR ポートフォリオ
  S&P500 高配当株式 ETF
  より $7.69 の、受け取りで

合計 $78.04 と、なりました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 そして
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 更に この日も
 米国1-3年債ETF (ヘッジ無)
 は、ナンピン買い

 で、ここから
 外国債券ETF (ヘッジ無)
 を、部分薄利確

 米国7-10年債ETF(ヘッジ無)
 は、含み益なので買い増しとします


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 19でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
3532.09米ドル
 (参考レート:142.51円)
         =503,358円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 98.48%

2022年3月15日以来の元本割れ
(丁度 ロシア軍のウクライナ侵攻で
    市場が混乱していた頃ですね)



人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/12/23(土) 01:29:27|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

現場は大混乱


昨晩のアメリカ市場は 下落
ダウ 475ドル安 (-1.27%)
ナスダック -1.50%
S&P500 -1.47%

ある時間帯までは 小動きでしたが
3指数ともに 同じころに急落
解説では
クリスマス休暇を来週に控え
利益確定の売りを出して
相場変動リスクを回避したい
と、いう動きだそうです

相場の先高観は強いですが
年明け 新年相場までは
短期勢が
暴れる場面もあるかもしれませんけど
中長期投資家は
手仕舞いという感じかな?

欧米の感覚だと
年末ラリーというよりは
クリスマス・ラリーなのかもしれません


さて、東京市場
米国株安を受けて 低空飛行
こちらも 直近の反発力が強かったので
軽い調整が入っても
おかしくなかったです

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

で、この下げ地合いでも
海運株の強さは、群を抜いてます…

詳しい説明は省きますが
昨日の引け後に 50万の増資
そして 本日は
配当金の受け取り(郵便為替)
年賀状の買いだし ついでに
更に50万円の増資を実行
かなり厳しい展開に辟易です

本日は、余力回復策で
米国7-10年債ETF (ヘッジ有)
を、全処分としました
結構な含み損金額ですが
それば ポジサイズが大きいだけで
損益率は -5%超え程度だから
信用余力回復を優先させました

その分
現物株(単元未満) 東京エレクトロン
現物株 東急
現物株 日本郵政  などを利確して
損失補填と 現金余力の充当


日経平均は 504円安で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約620円安

増資をしたのが 後場になってからで
海運3兄弟は 後場になっても
上げ幅拡大という動きだったので

前場のうちに
25日が返済期限の
日本郵政 1単元
川崎汽船 2単元
を LC処分しておいて 正解
(まぁ 空売り直し
   ロールオーバーしてるので
   そこは、マイナス点ですけどね)

あとは、日経Wベア
含み益になっているものだけ 全部利確
(これは、焼け石に水くらいです)


日経平均は 535円安で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約1690円安
(円貨資産 約1620円安
       外貨資産 約70円安)

指数増減率との比較では
日経平均が -1.59%
TOPIX -1.00%
グロース250 -1.17%

そして
ヨーグモス資産は -3.94%


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪投資信託≫
 本日は、
 非課税期間が終わってしまう
 2019年NISA 最後の1銘柄を
 部分利確注文だしました
 いつものように 約定して
 口座残高に反映された時、
 トレード履歴に記載予定です


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 17でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
3461.74米ドル
 (参考レート:143.00円)
         =495,028円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 101.61%

元本割れが 間近に迫ってきましたよ…
収集つかないですよ~



人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪


テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/12/21(木) 23:11:52|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海運株急伸の理由


昨晩のアメリカ市場は 上昇
ダウ 251ドル高 (+0.68%)
ナスダック +0.66%
S&P500 +0.59%

2024年 利下げ開始を
かなり前のめりに 織り込んできた
市場に対して

FRB高官 数名から
牽制の発言があったにも関わらず
市場の 旺盛な買い意欲を
抑え込むには至らず
まさに 年末ラリーという訳です


さて、東京市場
こちらも 日銀の金融政策決定会合
『ゼロ回答』 で、大規模緩和維持

これを受けて 昨日は、
短期勢の 売り建て買戻しがあって
大幅な上昇

そして 本日は
(推測ですが) イベント待機勢の
買い出動? で、連日の大幅高
一時は、7月3日の 年初来高値超え
残念ながら 終値では高値更新ならず…

年初来高値=バブル崩壊後高値
なので 日本株も
遅れてきた年末ラリーで
上値追いの可能性がでてきました

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

それなのに ヨーグモス資産は
壊滅的ダメージを 連日受けてます

売りポジ海運株の 大躍進が元凶
この おかしな上昇の原因が
中東情勢
イエメンの 親イラン
イスラム教(反政府)武装組織
『フーシ派』 による
紅海において
民間船舶を攻撃・拿捕活動をしており
次第に スエズ運河ルートを避ける傾向
そして 遠回りの航海ルートが
運賃上昇の思惑を呼び込んで
海運株の活況となっているようです

川崎汽船は
上場来高値を更新したらしい

折悪く ヨーグモスは
返済期限到来の 売りポジ 海運株を
多数抱えており
致命傷を負いながら
損切り 空売り直し
    = ロールオーバー の、惨劇

維持でも 戦線継続なのですが
それも いつまで続くのやら…

本日も 海運株は
日本郵船と商船三井は 前場は小動きも
川崎汽船の 狂った動きにつられて
後場から 上昇と
『諸悪の根源』 川崎汽船を
どうにかしないと
この痛みは止まらないようです

本日は、昨日から注文をだしておいた
単元未満株の 東京エレクトロンを
(買値の 3倍オーバー
    半導体関連銘柄 万歳!!)
(前場寄り付きで)半分だけ 利確売却
前引けや 後場寄りの約定だと
行動の自由度が 減るからという判断

この確定利益で
21日が返済期限の
日本郵船 川崎汽船 各1単元を
損益相殺で LC処分
(当然、空売り直しの
    ロールオーバーしてますよ)
残念ながら 本日は これで赤字確定


日経平均は 580円高で前引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約1210円安

後場は 上述したように
川崎汽船の上げ幅拡大に加え
日本郵船&商船三井も 動意づいており
かなり厳しい状況

今日は、お昼を
外食にするという事になって
帰宅してからの 余力回復策が
大変でした

まぁ 債券系ETFに
頼るしかないんですけどね~

前回の 外国債券ETFは
ポジ全体で 含み益化してたので
全口 一括売却と
対応が簡単でしたけど

今、残っている
米国7-19年債ETF (ヘッジ有)
は、3%程度の含み損
だから まずは
ざっくり 含み益ポジを計算して
その後 返済期限が近い 駄目ポジ
を 損益ゼロに 近くなるまで
損益相殺で LC処分します
(25日返済期限 1ロット)
(26日返済期限 1ロット)
(27日返済期限 2ロット)
(28日返済期限 3ロット)
(ちなみに含み益ポジは 27ロット)

12月29日返済期限ポジ 2ロットが
残ってしまったのは 残念ですが
海運株以外で
確定損を出したくなかったので
踏みとどまりま~す


日経平均は 456円高で大引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約1530円安
(円貨資産 約1660円安
      外貨資産 約130円高)

指数増減率との比較では
日経平均が +1.37%
TOPIX +0.67%
グロース250 +0.23%

そして
ヨーグモス資産は -3.53%


【外国株部門】
≪トレード≫
 昨晩は 2トレード
 S&P500 3倍ベアETF
        (ナンピン買い)
 新興国株式ETF (買い増し)
 詳細は、トレード履歴に記載しました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪投資信託≫
 以前だしておいた注文が 約定して
 口座残高に反映されたので
 トレード履歴に記載しました
 非課税期間が 年末で切れる
 先進国株式の 部分売却でした
 詳細は、トレード履歴に記載しました

≪積立ETF(現物)≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 そして
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 更に この日も
 米国1-3年債ETF (ヘッジ無)
 は、ナンピン買い

 で、ここから パターンが変わって
 外国債券ETF
 米国7-10年債ETF
   (共に 為替ヘッジ無)
 が、為替の円安という動きをみて
 部分薄利確とします


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 27でした)

【19日夜間:外国株】
SPXS : Direxion デイリー
   S&P500 ベア3倍 ETF
    現物買い 5口@$11.68

VWO : バンガード FTSE
   エマージングマーケッツ ETF
    現物買い 1口@$40.53


【投資信託】 ※12月18日注文分※
三菱UFJ:eMAXIS Slim 先進国株式
        14万円分 売却
    55,955口@25,020
         (△58,310)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
3454.05米ドル
 (参考レート:143.64円)
         =496,139円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 105.93%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/12/20(水) 23:53:57|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緊急増資を実行


昨晩のアメリカ市場は 上昇
ダウ 86セント高 (+0.00%)
ナスダック +0.61%
S&P500+0.45%

FRBの 実質的な利上げ停止となる
FOMCを 通過してから
市場の関心は 2024年の利下げ
に、移行しており

FRB高官が
『利下げを考えるのは、時期尚早』
と、火消しに回る程に
利下げラリーが 唐突に始まってます

しかし ダウ平均
連日の 史上最高値更新で 上げ疲れ?
この日は 86セント高と
誤差の範囲内的な動きで また高値更新

ナスダックと S&P500は
まだ順調な上昇という感じで
そのうち 史上最高値を更新しそうです


さて、東京市場
この日は
日銀の金融政策決定会合の結果発表
という訳で 前場は模様眺め

昼休み中に 現状維持と伝わり
一部で 政策修正を警戒して
日経先物に売りを立ててた 短期勢が
買戻しを迫られ 大幅高

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

余力回復策として
昨日の引け後に 50万円の増資を敢行
本来は
もう少し後の予定でいたのですが
2営業日連続の
大出血をみて 動きました

朝のうちに
持越しポジ カドカワ 部分利確や
東宝に 再度打診買い
(これは、後場にデイトレ利確で撤収)

など、割と穏やかな進行
売りポジ 海運3兄弟は 2銘柄
日本郵船と 商船三井は 小動きながら
暴れん坊の 川崎汽船が 元気です

その 交わさ飢饉
10時付近の 前場高値付近で
まだ残っていた
部分両建ての買いを LC処分
(苦肉の策で 余力回復)
と、ドテン空売り

これは、結構 良いタイミングで
上げ幅縮小してゆきます
デイトレ利確と 追撃 空売り

ここまでの 確定利益で
返済期限の迫っているポジを 処理

米国7-10年債ETF (ヘッジ有)
         (21日返済期限)
VIX短期先物ETF
         (21日返済期限)
外国債券ETF (ヘッジ有)
         (26日返済期限)
         (27日返済期限)
※債券系ETFは 安値拾いの
  含み益ポジも 同時に利確して
         損害圧縮の措置※

ここまでの処理で 赤字になってますが
現物株 トヨタ自動車 100株を
利確放出しま~す

これで 確定損益はプラテン復帰
でも トヨタ株を リリースした
本当の目的は
『ラスボス級 駄目ポジ』
商船三井 1単元 (20日返済期限)
これを 処理する為でした
(まぁ 当然 確定損益も
   再度マイ転するんですけどね…)


日経平均は 40円高で前引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約390円安

これでも
小ダメージと 勘違いするくらい
直近2営業日の 惨状は酷いものでした

ところが
地合いのほうが 上述したように
日銀の金融政策決定会合
現状維持で 通過して
短期売り方の買戻しが 発生

後場寄りから 急伸してました
で、当然のように
売りポジ 川崎汽船も 再浮上
上げ幅を拡大させてゆきますね…

こうなってくると
ある意味
覚悟を決めて 動かないといけません
今のところ 現金余力より
信用余力が 不安状態となっているので

数日前に ポジ全体で
含み益に転じていた
外国債券ETF (ヘッジ有)
これを 残存する 83ロット一気放出
 (27日返済期限 ×1)
 (28日返済期限 ×4)
 (29日返済期限 ×1) を、含む

これで なんとか
今日のところは 凌げます


日経平均は 460円高で大引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約1270円安
(円貨資産 1460円安
      外貨資産 約190円高)

外貨資産は
日銀の金融政策決定会合通過で
為替が 円安方向に動いた事も
資産増の要因でした

指数増減率との比較では
日経平均が +1.41%
TOPIX +0.73%
グロース250 +2.04%

そして
ヨーグモス資産は -2.82%


不覚にも
2023年 最少資産にまで転落です
(1月16日以来の 屈辱…)


【外国株部門】
≪トレード≫
 昨晩は
 S&P500 ベア3倍ETFを
 ナンピン買いしておきました
 詳細は、トレード履歴に記載しました


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 32でした)

【18日夜間:外国株】
SPXS : Direxion デイリー
   S&P500 ベア3倍 ETF
     現物買い 5口@11.83


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
3553.44米ドル
 (参考レート:143.48円)
         =509,847円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 109.82%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/12/19(火) 19:14:44|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

甚大な被害と なってます


週末のアメリカ市場は 小動き
ダウ平均は 7連騰らしいです
連日の 史上最高値更新中と
勢いがあります

それを受けた東京市場ですが
割と弱い動きになりました

為替は、若干の円安なのにですよ~

解説では
今週の 日銀 金融政策決定会合を
警戒した 模様眺めなんだとか

市場も 今会合での政策変更はない
と、みてますが
来年に 金融政策の変更を
匂わせる発言が 飛び出すのでは?
と、身構えている人達が
一定数いるようです

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

週が明けても
返済期限が迫っているポジへの 対処

それに加えて
週末金曜日からの
売りポジ 海運3兄弟の 逆襲
(大暴騰…)

今日も かなり元気に
地合いを無視した 沸騰ぶりですよ~

少額の両建て買いからの 利確は
金曜日と似たような展開
フルザラ場監視状態なのに
追加の 買い増しも出来ず
(川崎汽船の場合 ナンピン買い)

ふざけた暴れっぷりを
ただただ 傍観するしかありません…

川崎汽船は、持越し 買いポジを
部分利確できて 多少の余力回復も
果たせましたが 焼け石に水

売りポジ
IGポート ネクステージなど
海運株以外にも
地合いに逆らう 上昇気流な銘柄があり

金曜日と似た感じの 資産大崩壊
かなり厳しい状況に
金曜・月曜で 陥りつつあります

ここまでの確定利益を使って 損益相殺
外国債券ETF (21日返済期限)
米国7-10年債ETF
         (19日返済期限)
VIX短期先物 (20日返済期限)
売りポジ 原油ETF
         (25日返済期限)
外国債券ETF 原油ETFは
同ポジの利確も加えて
     セルフ損益相殺の様相

ここらで 地合いの反転も考えて
東宝に 打診買い

売りポジ IGポートには
ナンピン空売り
 (これはデイトレ利確となりました)


日経平均は 349円安で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 2190円安

このままいけば
先週金曜と同様 『阿鼻叫喚』 確定…

とりあえず
資産減少を受けた 余力減に備える為
打てる手を打っておきましょう

外国債券ETF (ヘッジ有)
        (25日返済期限)
これを 含み益ポジ 1ロットと
セルフ損益相殺
他にも 薄利ポジを 数ロット放出

米国7-10年債ETF (ヘッジ有)
       も、(20日返済期限)
含み益ポジ 1ロットと 損益相殺
 (こっちは、セルフ損益相殺に
    少し足りずという訳で
       別ポジ確定利益も使用)

前場にポジった 東宝も
耐えきれずに
デイトレ利確で撤収となりました

そして ここからが 本題!?
19日が返済期限の
ラスボス級 駄目ポジ 商船三井を
 (ここ数日で 中ボス級から
     成長して ランクアップ…)
損益相殺できてないけど LC処分

一応、 損失全てを 現金余力で受けず
現物の 日本郵政 1単元放出して
多少のクッション役としました


日経平均は 211円安で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 2230円安
(円貨資産 約2250円安
       外貨資産 約20円高)

指数増減率との比較では
日経平均が -0.64%
TOPIX -0.66%
グロース250 -0.69%

そして
ヨーグモス資産は -4.81%

2営業日連続の 致死ダメージとは
恐れ入りました…


【投資信託 積立ETF 部門】
≪投資信託≫
 本日も 今年が非課税期限の
 2019年NISAを
 1銘柄 部分売却注文出しました
 いつものように
 約定して 口座残高に反映された時、
 トレード履歴に記載予定です

≪積立ETF(現物)≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 そして
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 更に この日も
 米国1-3年債ETF (ヘッジ無)
 は、ナンピン買い

 それに加えて
 外国債券ETF
 米国7-10年債ETF
   (共に 為替ヘッジ無)
 も、買い増しに動きます


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 50でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
3612.86米ドル
 (参考レート:142.18円)
         =513,676円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 113.18%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/12/18(月) 23:47:52|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

米国株の安定感


週末のアメリカ市場は 高安まちまち
ダウ 56ドル高 (+0.15%)
ナスダック +0.35%
S&P500 -0.01%

引き続き
2024年は、利下げ転換 を、材料に
買い意欲は旺盛のようです

ただし 直近の 順調すぎる上昇と
史上最高値圏
 (ダウ平均は、
      現在進行形で連日更新中)
という 利食い売りを出しやすい状況で
上値は重いようです

FRB高官の
来年3月からの利下げは、時期尚早
発言もあって
この日は、強気の上値追い
とはなりませんでした…

米国長期金利が 4%割れは
かなり性急すぎる感じがしますけど
それだけ
市場参加者が 『利上げ停止』 を、
待ち望んでいたのでしょう

いずれ 債券市場には 揺り戻し
株式市場も 日柄調整
と、反動は出るでしょうが
相場の先高観は残ると思います


さて、東京市場も
急激な円高の洗礼から
金曜日には 立ち直りの兆しをみせ
反発の動きとなりましたが
今週の動きがどうなるか?

為替の動きや 米国長期金利の変動
そして
日銀の金融政策決定会合に絡んだ
(直前の)
短期筋が主導する思惑売買と
会合通過後の 結果を受けた市場の反応
など 年内最後の 大変動要因が
控えているので 予測は困難です

まぁ 現在のヨーグモスは
地合いに変動よりも
返済期限が迫っている
駄目ポジ群の処理に 忙しく
長期視点は、持ち合わせていないのです


ヨーグモス資産は
前日比 -0.04%


【外国株部門】
≪トレード≫
 金曜の夜 3トレード
 NISA枠 期限到来の
 米国ヘルスケアETF (部分利確)
 米国増配株ETF (部分利確)
 どちらも 新NISA成長投資枠に
 引き継ぐための現金化

 そして 株価が高値圏にあるので
 S&P500 3倍ベアETFには
 ナンピン買いを注入

 詳細は、トレード履歴に記載しました


【本日のトレード】
日曜なので なし

【15日夜間:外国株】
VHT : バンガード
       米国ヘルスケア ETF
 NISA売り 1口@$245.75
         (△$37.47)

VIG : バンガード
        米国増配株式 ETF
 NISA売り 6口@$169.93
        (△$216.49)

SPXS : Direxion デイリー
   S&P500 ベア3倍 ETF
    現物買い 5口@$11.97


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
3612.86米ドル
 (参考レート:141.77円)
         =512,195円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 118.84%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/12/17(日) 12:46:01|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボーナスステージ終わりました


昨晩のアメリカ市場は 上昇
ダウ 158ドル高 (+0.43%)
ナスダック +0.19%
S&P500 +0.26%

FOMC通過で 買い安心感
長期金利の低下も
4%を割り込んで 3.9%台

11月の小売売上高も
前月比 +0.3%
  (市場予想は -0.1%)

減少を見込んでいた 市場予想を覆す
強い結果に
景気の ソフトランディングに対して
市場参加者が
自信を深めた格好となりました


さて、東京市場
米国株高の流れを受けて
為替の円高にもかかわらず
反発局面となりました
(水準的には円高でも
   一日の動きとしては
   ほぼ変わらずな動きで
     やや安心感が出たのかな?)

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

今日は、朝から出かける用事があり
昼食や買い物もしてきたので

朝は、9時半頃まで
後場は、14;20頃から
という 短時間取り引きでした

好地合いは良いとしても
海運株の 急反発が痛かった…

朝は、海運株に 少額
両建てのナンピン買いを入れたけど
朝のうちに デイトレ利確してるんです
(これを残して 外出してれば
  また違った展開も
  あったのでしょうが、後の祭り…)

海運株に関しては 外出中に
ナンピン空売り指値も
次々と約定しており大いに余力減少です


帰宅後に 朝の確定利益と
後場に追加の利確で 確保した確定利益
これらを使って
川崎汽船 持越し買いポジを 損益相殺
買い直し ロールオーバーはせず
余力回復の一助
 (所詮、焼け石に水ですが…)

このところの 債券価格上昇で
外国債券ETF (ヘッジ有)
が、僅かですが 含み益に転換
地道な 損益相殺と
買い直し ロールオーバーも
損益改善に 有効打でした
間近に迫っている 返済期限ポジも
1ロット当たり 数千円の含み損で
『駄目ポジ』 呼ばわりしなくても
いい程度の 羽虫レベルとなってます

同時期から ポジっている
米国7-10年債ETF (ヘッジ有)
は、スプレッドの大きさなどから
金利・手数料が大きく
まだ 若干の含み損なのですよ


日経平均は 284円高で大引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約2280円安
(円貨資産 約2280円安
        外貨資産 約0円高)

指数増減率との比較では
日経平均が +0.87%
TOPIX +0.47%
グロース250 +2.35%

そして
ヨーグモス資産は -4.69%

ここ数日の 大躍進が消し飛んで
それ以上の 壊滅的ダメージが
返ってきましたね…

調子に乗って 川崎海運の売りポジを
膨らませ過ぎました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪投資信託≫
 以前だしておいた注文が 約定して
 口座残高に反映されたので
 トレード履歴に記載しました
 先進国債券と 新興国債券
 先進国株式に 新興国株式
 グローバルREIT 米国高配当株
 の、6銘柄です
 詳細は、トレード履歴に記載しました

≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 そして
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 更に この日も
 米国1-3年債ETF (ヘッジ無)
 は、ナンピン買い

 それに加えて
 外国債券ETF
 米国7-10年債ETF
   (共に 為替ヘッジ無)
 も、買い増しに動きます


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 32でした)

【投資信託】 ※12月13日注文分※
三菱UFJ:eMAXIS Slim 先進国債券
             5千円買い

大和:iFree 新興国債券インデックス
             5千円買い

三菱UFJ:eMAXIS Slim 先進国株式
      5千円買い (NISA)

三菱UFJ:eMAXIS Slim 新興国株式
      5千円買い (NISA)

ニッセイ:ニッセイグローバルリート
      5千円買い (NISA)

楽天:米国高配当株式インデックス
      5千円買い (NISA)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
2413.89米ドル
 (参考レート:141.77円)
         =342,217円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 118.90%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/12/15(金) 23:54:59|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

怖いくらい順調に資産増


昨晩のアメリカ市場は 大幅上昇
ダウ 512ドル高 (+1.40%)
ナスダック +1.38%
S&P500 +1.37%

ダウ平均は 2022年1月以来の
史上最高値更新という勢いでした

FOMC通過
市場予想通りに 利上げ見送り
注目の 利下げについては
2024年末の ドットチャートが
(FOMC参加者の
      金利先行き見通し)
中央値で 4.6%
これは、0.25%利下げで
約3回分に相当するそうです

市場参加者の中には 6回の利下げを
見込んでいる人などもいて

それら 『前のめり勢』 からみれば
FRBの姿勢は、まだ景気後退懸念より
インフレ退治(再燃懸念)を重視
という印象もありますが

大まかな総意として
『利上げ終結宣言』 と、捉えられる
今回の FOMC
 (パウエル議長などは
   必要に応じれば
   利上げの用意もある
   と、形式上言ってますが
   今回の利上げは 実質的に
   終わっていると言えるでしょう)


さて、東京市場
米国長期金利の低下で 円高誘発
これが 相場の重しとなって下落です

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

上げ地合いも
想定させそうな場面でしたが
円高進行で
そこまで強い動きにはならない
と、踏んで 『売り目線』

海運3兄弟 (特に川崎汽船)
ネクステージ などに
ナンピン空売りを投入

川崎汽船については
ポジ量も考えて
持越しポジを 適時、利確撤収も
同時並行で 進めてます

これら 確定利益を使って
12月18日が返済期限の
米国7-10年債ETF (ヘッジ有)
を、損益相殺で LC処分

浮いた余力というか
資産増も当て込んで
良品計画を ナンピン空売り

次の確定利益では
12月18日が返済期限の
VIX短期先物 も、損益相殺

12月19日が返済期限の
外国債券ETF (ヘッジ有)
も、損益相殺

確定利益が残っているなら
どんどん
駄目ポジを 処分してゆかないと
返済期限に
追いつかれちゃいますからね~


日経平均は 125円安で前引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約520円高

本日も 海運3兄弟の崩れが
いい仕事してくれてます

さすがに 後場は、下げ疲れ?
後場寄りが 安値という感じで
若干の下げ渋り…

こうなると ポジを取り過ぎているので
利確撤収して ポジ圧縮
一部は、損益相殺にも 流用してます
(川崎汽船の 両建ての買いポジとか)


で、
日経平均は 240円安で大引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約430円高
(円貨資産 約640円高
      外貨資産 約210円安)

外貨資産は
ドル建てなら +1.06%なんだけど
それが 円換算になると -1.58%
嫌な 円高マジック発動ですわ~

指数増減率との比較では
日経平均が -0.73%
TOPIX -1.43%



【外国株部門】
≪トレード≫
 昨晩は、たばこ株 アルトリアを
 NISA枠で ナンピン買い
 これにて
 旧NISA 701円を残して
 実質的な使い切りです
 取引の詳細は
 トレード履歴に記載しておきました

≪配当金≫
MMM : スリーエム から
  $18.33 を、受け取りました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 そして
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 更に この日は
 米国1-3年債ETF (ヘッジ無)
 は、ナンピン買い

 それに加えて
 外国債券ETF
 米国7-10年債ETF
   (共に 為替ヘッジ無)
 も、買い増しに動きます


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 57でした)

【13日夜間:外国株】
MO : アルトリア
  NISA買い 1株@$41.23


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
2413.89米ドル
 (参考レート:141.80円)
         =342,289円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 124.76%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/12/14(木) 22:36:52|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ようやく 資産ブーストの連続


昨晩のアメリカ市場は 上昇
ダウ 173ドル高 (+0.48%)
ナスダック +0.70%
S&P500 +0.46%

11月の米国消費者物価指数(CPI)
は、前月比 +0.1%
  (市場予想は ±0.0%)

食品とエネルギーを除く コア指数は
前月比 +0.3%
  (市場予想も +0.3%)

コア指数の 前年同月比は +4.0%
  (市場よ巣も +4.0%)

これらの結果を受けて
今回の FOMCも 利上げ見送りは
ほぼ確定的と 市場は判断
株買いに動きました
ダウ平均は、連日の年初来高値更新

ただし
インフレ率の鈍化ペースは
段々緩やかになってきており
FRBの 利下げ開始時期が
前倒しされるという 観測は後退…
これによって
米国長期金利は やや上昇


さて、東京市場
寄り付き前に発表された 日銀短観は
大企業・製造業で +12 と、
3四半期連続の改善
ただし 先行きの業況判断は
悪化の見通しとなっており
株価の上値追いには力強さを欠きました

それでも 日経平均は上昇しており
大きな悲観はない模様です

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

本日は、前場のうちに
来客の予定もあってか?
積極的に
返済期限ポジの処理を行う事は
控えました

その替わり 海運3兄弟に
(特に 川崎汽船)
ナンピン空売りを 投入して
戻り一服
ピークアウト感も出てきたので
年末までに 更なる崩れを期待しよう

それでも ポジ調整も兼ねて
持越しポジの利確も
同時進行的に 進めておきますよ

原油価格の下落をみて
売りポジ 原油ETFには
12月19日が返済期限の 駄目ポジ
1ロットを 損益相殺
少し前の 高値売りポジを利確して
セルフ損益相殺を実行です
 (ちょっと確定利益が足りなく
   利確は、2ロットになりました)


日経平均は 143円高で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 500円高

この日も 売りポジ海運3兄弟が
下げてくれてるので
上げ地合いでの現物株上昇と 相乗効果

後場は、ポジ調整の色彩が濃いですが
売りポジ ネクステージに ナンピン
同様に 売りポジ良品計画も ナンピン

ポジを膨らませ過ぎた
川崎汽船の 売りポジは、部分利確

この確定利益で
12月18日が返済期限の 駄目ポジ
外国債券ETFを、損益相殺でLC処分


日経平均は 82円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約530円高
(円貨資産 約480円高
        外貨資産 50円高)

指数増減率との比較では
日経平均が +0.25%
TOPIX +0.07%
グロース250 +0.23%

そして
ヨーグモス資産は +1.10%


【外国株部門】
≪トレード≫
 昨晩は、1銘柄の取り引き
 ゴールドETFを 買い増しました
 詳細は、トレード履歴に記載しました

≪配当金≫  2銘柄
IBM : インターナショナル
   ビジネス マシーンズ から
   $5.98 を、受け取り

XOM : エクソンモービル から
   $17.10 の、受け取りで

  合計 23.08 と、なりました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪投資信託≫
 以前だしておいた注文が 約定して
 口座残高に反映されたので
 トレード履歴に記載しました
 グローバルREIT の、部分利確
  (2019年 NISA枠)

 そして 本日
 今年最後の 定期積み立て
 一気に6銘柄 注文出しました


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 34でした)

【12日夜間:外国株】
GLDM :
   SPDR ゴールドミニ ETF
    現物買い 1口@$39.29


【投資信託】 ※12月11日注文分※
ニッセイ:ニッセイグローバルリート
      9万円売り (NISA)
    41,582口@21,644
          (△21377)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
2436.99米ドル
 (参考レート:145.61円)
         =354,850円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 123.65%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/12/13(水) 22:53:58|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京市場 戻り一服かな?


昨晩のアメリカ市場は 上昇
ダウ 157ドル高 (+0.43%)
ナスダック +0.20%
S&P500 +0.39%

今晩発表される
11月 米国CPI(消費者物価指数)

明日は、FOMCの結果公表 など
重要イベント控え
積極的な売買は少なく
模様眺めモードみたいです

そのうえで
FRBの利上げ終了観測
2024年前半にも 利下げ開始期待
など 一部市場参加者が
相場の先取り買いを入れており
その分で 株価は上昇しているようです
 (この動きは、手放しで
    信じちゃいけない気がする…)


さて、東京市場
円高進行の一服で 高く始まったものの
時間の経過とともに 上げ幅縮小…

直近の急激な上昇からの戻り一服感
更に言えば
政治方面で やや雲行きの怪しい状況
日銀の
金融詮索決定会合は
一瞬 『ゼロ金利解除』 が
話題に上りましたが 今となっては
『ほぼ現状維持』 で、間違いない

などなど
全体的に 上に押し上げるパワーよりも
利食い売りをこなしながら
次の動きを待ち状態?
そんな感じなのでしょう

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

今日も 初動は、海運株の買い
ただし 手数の面倒を省くため
川崎汽船に 限定して
その分 投入ポジ量を増やしました

昨日・一昨日などと比べて
川崎汽船の 上昇力も弱く
全ポジ デイトレ利確する前に 下降線

まぁ 含み損ポジは 取り残して
今度は
ナンピン空売りに注力しておきます

日経Wベア に、
ナンピン買いを入れつつ

川崎汽船の確定利益で
12月14日が返済期限の 駄目ポジ
米国7-10年債ETF (ヘッジ有)
を、2ロット 損益相殺で LC処分

やや立ちない分は
外国債券ETF (ヘッジ有)
売りポジ 原油ETF などで
含み益になっているポジを 利確して
流用しておきました


日経平均は 191円高で前引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約210円安

売りポジ 海運3兄弟の上げが重しです

後場も 川崎汽船が 取引のメインで
売りポジ 買いポジ
デイトレ 持越しポジ 各種入り乱れて
ヨーグモス自身も 訳が分からない状態

そのうち地合いが 萎んでゆくのをみて
久々に
売りポジ ネクステージに
ナンピン空売りを 投入してみました


日経平均は 51円高で大引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約90円高
(円貨資産 約170円安
       外貨資産 約80円高)

指数増減率との比較では
日経平均が +0.16%
TOPIX -0.23%
グロース250 -2.04%

そして
ヨーグモス資産は -0.18%


【外国株部門】
≪トレード≫
 昨晩は
 S&P500 3倍ベアETF を、
 ナンピン買いしておきました
 詳細は、トレード履歴に記載しました

≪配当金≫
DOW : ダウ(化学) から
  $2.04 を、受け取りました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 まずは、ETFとして
 唯一の定期積み立て銘柄
 新興国株式ETFに 買い注文
 これで 今年のETF定期積み立ては
 完了です
  (投信分は、まだ残ってます)

 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 そして
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 追加で
 米国1-3年債ETF (ヘッジ有)

 更に
 米国7-10年債ETF (ヘッジ無)
 は、買い増し

 最後に
 外国債券ETF (ヘッジ無)
 も、買い増しで

 債券系ETF 全ポジを触りました


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 55でした)

【11日夜間:外国株】
SPXS : Direxion デイリー
   S&P500 ベア3倍 ETF
    現物買い 5口@$12.90


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
2453.20米ドル
 (参考レート:145.56円)
         =357,087円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 122.29%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/12/12(火) 21:54:00|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

粛々と 返済期限ポジを処理


週末のアメリカ市場は 上昇
ダウ 130ドル高 (+0.36%)
ナスダック +0.45%
S&P500 +0.41%

この日は、雇用統計の発表があり
11月の 非農業部門雇用者数は
前月比 +19.9万人
   (市場予想 +19.0万人)
失業率 3.7%
   (前月は 3.9%)
平均時給 前月比 +0.4%
   (市場予想 +0.3%)

と、全体的に やや強めの結果
これによって 長期金利は少し上昇

それでも FRBが
金融引き締め姿勢を示す程ではない
という判断が
市場参加者のコンセンサスで
株買いという流れになったようです


さて、週明けの東京市場
雇用統計の結果から 円高進行が一服
すると 先週後半の暴落の敵討ち
と、言わんばかりの 急反発

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

まずは、地合いの状況も考え
『買い目線』
海運3兄弟に 買い注文
(約定したのは 商船三井と川崎汽船)

安値拾いの資生堂を 部分利確

海運株は、順調に上昇しており
寄りで買ったポジは
朝のうちに デイトレ利確

更に 川崎汽船については
持越しポジも
大きな含み益になったものがあり
含み損縮小ポジとの合算で
セルフ損益相殺して 買いポジ圧縮

ドテン空売りは、少な目に抑え
余力の回復を優先とします

ここまでの 確定利益で
12月14日返済期限の 駄目ポジ
外国債券ETF
VIX短期先物ETF
各1ロットを 損益相殺で LC処分

やや確定利益が足りなくなったから
売りポジ 原油ETF 部分利確などで
対応しておきました

朝の立ち回りが一段落してから
IGポートにも ナンピン空売り

日経Wベア にも、適時 ナンピン買い


日経平均は 509円高で前引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約60円安

売りポジ群 海運3兄弟が
程々の上昇で止まっていたから
この程度のダメージで済んでますよ…

後場は
ポジ調整程度の取り引きに留めようとも
考えましたが

ここは、少し踏み込んで
現物 Jフロントを利確して ポジ撤収
そして この確定利益を使い

12月18日が返済期限の
中ボス級 駄目ポジ
商船三井(売りポジ)を、損益相殺で
LC処分しておきました

米国7-10年債ETF
外国債券ETF
VIX短期先物  など、小物クラスの
駄目ポジ処理だけじゃなく

そろそろ
海運株にも 手をつけておかないと
不味いタイミングが 迫ってきてるので
時々は 折をみて処理するようにします


日経平均は 483円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約20円高
(円貨資産は 約10円安
       外貨資産 約30円高)

外貨資産は
為替の円安効果で 資産押上げでした

指数増減率との比較では
日経平均が +1.50%
TOPIX +1.47%
グロース250+0.35%

そして
ヨーグモス資産は +0.03%

地合いに比べれば
非常に物足りませんが
膨大な 売りポジ(海運株)を抱えて
この資産推移なら 容認できますね


【外国株部門】
≪分配金≫
LQD : iシェアーズ iBoxx
    USD 投資適格社債 ETF
から $7.47 を、受け取りました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪投資信託≫
 以前だしておいた注文が 約定して
 口座残高に反映されたので
 トレード履歴に記載しました
 2019年 NISAで買った
 新興国株式です
 特定口座への払い出しをやめて
 現金余力を増やす方向に 方針転換
  (まだまだ続く
   駄目ポジの返済ラッシュに
   備えるための一時的な措置です)

 そして 今日も
 1銘柄の部分売却注文
 これも 2019年NISA枠で
 今年が 非課税期限なので
 一旦現金化するという訳です
 これも 約定して
 口座残高に反映された時
 トレード履歴に記載予定とします


≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 そして
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 更に
 米国7-10年債ETF (ヘッジ無)
 は、ナンピン買い


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 47でした)

【投資信託】 ※12月7日注文分※
三菱UFJ:eMAXIS Slim 新興国株式
    10万円分売り (NISA)
    75,075口@13,320
         (△15,217)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
2518.01米ドル
 (参考レート:145.56円)
         =366,521円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 122.52%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/12/11(月) 23:59:59|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一日遅れの更新です


またしても 更新が遅れました
7日のアメリカ市場は 上昇
ダウ 62ドル高 (+0.17%)
ナスダック +1.37%
S&P500 +0.80%

景気減速傾向と
最後まで残っていた
賃金インフレの 鈍化傾向を示す
経済指標が出てきた事で

FRBが行っている
現在の金融引き締め政策も
いよいよ 最終局面の到来?

市場参加者は
利上げは もう行われない
次の焦点は 『利下げは いつ?』
と、なりつつあるようです


さて、東京市場
米国長期金利の低下が
日米金利差縮小を反映して 為替は円高
これは、東京市場に逆風
(ドルは、ユーロなど
     他通貨に対しても下落)

昨日に引き続いての
大幅な下落となりました

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

この日も 最近恒例の
返済期限が迫ってるポジへの対処を
優先させる トレードです

この日も 海運株が軟調な展開で
売りポジ 海運3兄弟は
部分利確の指値セット
   (これは、ポンポン約定)
途中で 川崎汽船には
両建ての買い 指値
    (これも あっさり約定)

ここの確定利益を使って
12月12日が返済期限の
米国7-10年債ETF (ヘッジ有)
VIX短期先物ETF
外国債券ETF (ヘッジ有) を、
各1ロットずつ 損益相殺で LC処分

債券系ETFだけ
買い直しの ロールオーバー

このところの 原油価格の下落も
そろそろ
一服感がでそうな気がしたので
売りポジ 原油ETFは
返済期限が 最短12月18日ですが
高値売りポジと 1:1 で、
セルフ損益相殺に近い状態なポジもあり
18日と 19日の 1ロットを
先回り気味に LC処分しておきました

二日続けての 大幅下落な地合いで
日経WベアETFも
部分利確して ポジ圧縮

朝からの動きが 忙しく
一段落まで時間がかかりましたが
少し 一息ついてから 次の動き

日本郵船
含み損買いポジと 含み益売りポジで
セルフ損益相殺
(ちょっと足りない分は
   売りポジ 原油ETFを
     部分利確で代用とします)

これで 商船三井に続いて
日本郵船も
両建ての買いポジを処理して
純空売り体制に 戻します

指値待ちしてた
売りポジ IGポートが約定
  (部分利確)
これも 損益相殺に 有効利用です
(その後 再度 空売り直してます)


日経平均は 552円安で前引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約380円高

昨日ほどではありませんが
売りポジ 海運3兄弟が下落して
資産状況は この地合いでも改善!

後場は
ポジ調整程度の取り引きをしてましたが

余力が大きく回復した事と
地合いも 短期で下げ過ぎており
プチリバを 考えてもよいかと

資生堂に ナンピン買い
ヤクルト本社にも ナンピン買い
 (新規ポジをとるリスクは
      まだ避けたいのです)

川崎汽船にも 両建ての買い
(これは、売りポジの含み益固定
  株価が急反発したら
  安値売りポジの 含み損固定と
  便利に使える位置なので
    多少の 楔として使用します)


日経平均は 555円安で大引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約110円高
(円貨資産 約270円高
      外貨資産 約160円安)

外貨資産は
為替の円高進行も 資産減少に影響

指数増減率との比較では
日経平均が -1.68%
TOPIX -1.50%
グロース250 -1.09%

そして
ヨーグモス資産は +0.23%


【外国株部門】
≪トレード≫
 この日は
 S&P500 ベア3倍ETF
 を、ナンピン買いしました
 詳細は、トレード履歴に記載しました

≪分配金≫  2銘柄
BND : バンガード
    米国トータル債券市場 ETF
     $12.91 を、受け取り

BNDX :
   インターナショナル債券 ETF
    (米ドルヘッジ/除く米国)
     $3.61 の、受け取りで

合計 $16.52 と、なりました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 そして
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 更に この日も
 米国1-3年債ETF (ヘッジ無)
 は、ナンピン買い

 それに加えて
 外国債券ETF
 米国7-10年債ETF
   (共に 為替ヘッジ無)
 も、円高による 基準価格下落をみて
 買い増しに動きます


【7日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(7日の総トレード数は 62でした)

【7日夜間:外国株】
SPXS : Direxion デイリー
   S&P500 ベア3倍 ETF
    現物買い 5口@$13.17


≪7日のPF 保有数:終値≫
≪7日の 投資信託≫
≪7日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪7日の外貨≫
2515.97米ドル
 (参考レート:143.94円)
         =362,148円


≪7日の資産状況≫
投下資本の 122.47%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/12/09(土) 14:24:36|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ここで 大躍進ですね~


昨晩のアメリカ市場は 下落
ダウ 70ドル安 (-0.19%)
ナスダック -0.58%
S&P500 -0.39%

11月の ADP全米雇用リポートは
前月比 +10.3万人
   (市場予想は +12.8万人)
と、雇用の緩みや
賃金インフレの鈍化傾向を示す結果が
相場を支えましたが

週末の 雇用統計を見極めたいとか
依然として 高値圏の株価ですから
利益確定の売りや ポジ調整など

ここから さらに買い上げる材料に欠き
日柄調整みたいな感じです


さて、東京市場
前日の急反発からの反動や
米国ナスダック安など
下げる要素は多かったものの
ここまでの
大幅下落は想定してませんでした…

SQに、絡んだ思惑的な売買も
あったかもしれませんね~

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

さて、本日も地合い関係なしの
返済期限間近ポジを 処理する仕事…

それでも 最短ポジが
来週 11日となっているので
少し余裕を持って 立ち回れまます

初動は、海運3兄弟に
ナンピン空売りを投入!

他にも ヤマハ&ヤクルト本社に
部分両建てとなる 空売り投入
(地合いがここまで崩れると
   思わなかったので
   朝のうちにデイトレ利確撤収
      これは、勿体なかった…)

海運3兄弟は
売りポジ(持越し+デイトレ)部分利確
川崎汽船だけは
途中で ナンピン買いも入れて
デイトレ利確と 時々デイトレ損切り
 (ここは素直に
   空売りだけで勝負すべきでした)

いい感じの 確定利益を確保でき
11日が返済期限の
米国7-10年債ETF (ヘッジ有)
外国債券ETF (ヘッジ有)
VIX短期先物ETF
それぞれ 1ロットを
損益相殺で LC処分できました

売りポジ 原油ETFの 部分利確も
結構、いい仕事してくれました


日経平均は 545円安で前引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約930円高

海運3兄弟の崩れが
資産状況を 大きく改善させる原動力

後場は、更に返済処理を進める
そんなプランもありましたが

残念ポジになってた
川崎汽船 買いポジを デイトレ損切り
(もちろん 損益相殺の範囲内です)
こんな時だからこそ
余力回復と
これ以上の 駄目ポジ生成を避けたい
という 安全策を選択してしまった

IGポートへの ナンピン空売りは
昨日の 急伸をみて
手なりでとったポジ
あまり根拠のない トレードです

そういえば 昨日と今日 届いた
取引報告書で
巨額 配当落ち調整金の お知らせ
昨日 日本郵船  -76,216円
本日 川崎汽船 -262,523円
数日前の
商船三井 -139,730円も合わせ
卒倒するような 配当金支払い…

でも これで 大きな山の1つを
乗り越えた事にもなります


日経平均は 587円安で大引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 820円高
(円貨資産 約1120円高
      外貨資産 約300円安)

外貨資産は
為替の円高進行も 影響大

指数増減率との比較では
日経平均が -1.76%
TOPIX -1.14%
グロース250 -2.32%

そして
ヨーグモス資産は +1.75%

ザラ場が引けた後 為替が急変動
ドル円 145円台前半まで 円高進行
これによって
明日のメジャーSQに 先駆ける
日経先物も 32,300円台と
更なる暴落を示してます…
(明日の寄付きまで
  この位置とは限りませんが 不安)


【外国株部門】
≪トレード≫
   昨晩は 2トレード
 日用品の世界企業 P&G
         (買い増し)
 S&P500 ベア3倍ETF
       (ナンピン買い)
 詳細は、トレード履歴に記載しました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪投資信託≫
 本日は、1銘柄の部分売却
 新興国株式なんだけど
 2019年NISA枠で 今年が期限
 利確するか 特定口座払い出しかの
 2択なのですが
 現在進行形で 『大返済時代』 を
 戦っている最中だから
 とりあえず 現金化を優先しました
 一連の処理が終わって
 現金余力が残っていたら
 その時は新NISA (成長投資枠)
 で、買い直してみるか…
 詳細は、口座残高に反映された時
 記載予定です

≪積立ETF≫


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 66でした)

【6日夜間:外国株】
PG : P&G
   現物買い 1株@$145.91

SPXS : Direxion デイリー
   S&P500 ベア3倍 ETF
    現物買い 5口@$13.22


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
2574,65米ドル
 (参考レート:146.91円)
         =378,241円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 122.19%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/12/07(木) 22:22:35|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京市場 V字回復


昨晩のアメリカ市場は 高安まちまち
ダウ 79ドル安 (-0.22%)
ナスダック +0.31%
S&P500 -0.06%

株価が高値圏にある事から
利益確定の売りが出た感じでしょうか
売り崩されるとか
悲観売りじゃない点で
一種の日柄調整とも言えます


さて、東京市場
前日の暴落を取り戻す 大幅上昇
僅か一日で 失地回復

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

地合いの動きとは無関係に
本日のヨーグモスも
返済期限の迫ったポジへの対処で
忙しいヨーグモスです

まずは、下げ気配だった
売り長の部分両建て 川崎汽船
含み益となった 売りポジを
いくつか見繕って利確

だたし 強い地合いに
下落の動きが弱まってるのを感じ取り
ドテン (ナンピン) 買いを発動

これらは、いい感じの デイトレ利確で
全ポジ撤収
返す刀で 持越しポジも 一部
微損 (損益相殺の範囲内) 退却

積み上げてきた確定利益は
当然のように 損益相殺です
今日は、12月7日が返済期限のポジ

日経Wベア 1ロット
米国7-10年債ETF 1ロット
外国債券ETF 2ロット

やや確定利益が足りなかったので
このところ下げている
売りポジ 原油ETFも 何ロットか
見繕って 部分利確しておきます


日経平均は 563円高で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約60円高

まぁ これは巨大売りポジ
海運3兄弟も 上昇してたので
地合い負けのパフォーマンスは
仕方がない事と 諦めてますが
資産増になった事に喜ぶべきでしょう

後場は、前場と比べると 手数少なく
基本的には ポジ調整

そんな中でも
損益相殺の範囲を超えて
12月7日が返済期限の
VIX短期先物 2ロットも LC処分
  (これは、現金余力で
     ダメージを受け止めます…)

これで 今週が返済期限の
駄目ポジは 処理完了です!

その後 海運株が やや下げて
ポジ調整の利確
ここの確定利益は
ヤクルト本社 部分LC (損益相殺)

浮かせた余力で
ヤマハを ナンピン買い


日経平均は 760円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約400円高
(円貨資産 約450円高
       外貨資産 約50円安)

指数増減率との比較では
日経平均が +2.04%
TOPIX +1.90%
グロース250 +0.68%

そして
ヨーグモス資産は +0.85%

日経平均
まさかの 一日でリカバリーとは
恐れ入りました


【外国株部門】
≪トレード≫
   昨晩は、2トレード
 S&P500 3倍ベアETF
         (ナンピン買い)
 通信大手 ベライゾン
  (ナンピン買い
   円換算だと含み益で 買い増し)

 詳細は、トレード履歴に記載しました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 そして
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 更に この日も
 米国1-3年債ETF (ヘッジ無)
 は、ナンピン買い


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 44でした)

【5日夜間:外国株】
SPXS : Direxion デイリー
   S&P500 ベア3倍 ETF
    現物買い 5口@$13.18

VZ : ベライゾン
    現物買い 1株@$38.32


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
2771.16米ドル
 (参考レート:147.28円)
         =408,136円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 120.08%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/12/07(木) 00:38:11|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

米国ハイテク株安が重し


昨晩のアメリカ市場は 下落
ダウ 41ドル安 (-0.11%)
ナスダック -0.84%
S&P500 -0.54%

長期金利の低下も一服して
やや ゆり戻りがあって
高PER銘柄 (ハイテク株)に
利益確定の売りが出たようです


さて、東京市場
やはり 米国ハイテク株安を受けた
半導体関連銘柄が 軟調な展開

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

それでも 地合い関係なしに
返済期限が迫ったポジへの対応で忙しい
ヨーグモスなのでした

この日は、軟調地合いの中
海運株が 強い動きをしてて
両建ての買いを残してる銘柄は
利益確定の売り & 指値待ち
ナンピン空売りは
手数少なく 慎重に少しだけ投入…

カルビーは
今日の上げで 何とか利確撤収

その分で ヤクルト本社のナンピン買い

細かく積み上げた 確定利益で
損益相殺に挑みます
対象物件は 12月6日返済期限の
米国7-10年債ETF (ヘッジ有)
外国債券ETF (ヘッジ有)


日経平均は 449円安で前引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約330円高

これは、海運3兄弟が
プラス圏から マイナス圏に崩れてきて
売りポジの
資産ブースト効果によるものでした

昼食を 外食にするという事で
ザラ場監視を一時中断
帰路で 買い物もしたいという事になって
14時くらいの帰宅となりました

その間 指値待ちが約定
(海運株2銘柄の 売りポジ利確)

これで
また確定利益ができてしまったので
追加の 損益相殺を物色

予定外の事ですが
12月7日が返済期限の
米国7-10年債ETF (ヘッジ有)
を、LC処分できました

足りない利益は
売りポジ 原油ETF
外国債券ETFなど
細かく 追加の部分利確を出して対応

少しでも 前倒しできるものは
処理しておかないと
後々 苦労するのは自分自身ですからね


日経平均は 455円安で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約40円安
(円貨資産 約10円高
       外貨資産 約50円安)

前引け時点と 資産状況が
大きく変動しているのは
海運3兄弟が V字切り返しで
こちらの望まぬ動きになってたから
それでも 円資産が プラスだったのは
地合いを考えると 大健闘!

指数増減率との比較では
日経平均が -1.37%
TOPIX -0.84%
グロース250 -2.75%

そして
ヨーグモス資産は -0.08%


【外国株部門】
≪トレード≫
   昨晩は 2トレード
 米国債券ETF (ナンピン買い)
   (円換算は 含み益で買い増し)
 S&P500 3倍ベアETF
          (ナンピン買い)
 詳細は、トレード履歴に記載しました

≪配当金≫
 V : ビザ   から
 $7.50 を、受け取りました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 そして
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 更に この日も
 米国1-3年債ETF (ヘッジ無)
 は、ナンピン買い


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 50でした)

【4日夜間:外国株】
BND : バンガード
    米国トータル債券市場 ETF
    現物買い 1口@$71.47

SPXS : Direxion デイリー
   S&P500 ベア3倍 ETF
    現物買い 5口@$13.36


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
2875.87米ドル
 (参考レート:147.14円)
         =423,155円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 119.07%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/12/05(火) 23:59:59|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大ダメージ


週末のアメリカ市場は
パウエル議長発言によって上昇

週明けの東京市場
日米金利差の縮小を受けた 円高が
相場の重しとなりました

ただし 日経平均は
前場に 一時400円オーバー安から
盛り返しており
150円安~300円安 程度の範囲を
行ったり来たりという感じでした

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

本日は
運転免許更新の為の講習会があり
ザラ場監視は 13時頃まで…

あまり無茶な 攻めは出来ず
立ち回りの中心は 海運3兄弟
始めは ナンピン空売り
その後 地合いに逆行高の動きで
川崎汽船に ナンピン買い
  (ほぼ デイトレ利確で撤収)
日本郵船は 持越しポジ 部分薄利逃げ

などで 確定利益積み上げ

そして 売りポジ 原油ETF
先週の OPECプラスが
協調減産の取りまとめに失敗して
一応 サウジやロシア・イラクなど
8ヵ国が 自主減産する事で
なんとか 価格維持を図りますが
やはりというか 原油価格は下落
まだ 全体で含み損ですが
いくつか 含み益ポジも出来ており
その中の一部を 利確しておきます

で、それら 確定利益を使って
米国7-10年債ETF (ヘッジ有)
損益相殺 (12月5日が返済期限)

あと VIX短期先物も
12月5日期限ポジがあって 損切り
 (こちらは、確定利益が足りず
  含み損の一部しか満たされず
  残りは 現金余力で受け止めます)


日経平均は 215円安で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約750円安

下げ地合いと
売りポジ 海運3兄弟の上昇で
  (特に 川崎汽船)
大ダメージを被ってます

外出中に
海運株の 買いポジ利確指値が
一部 約定してましたが
感覚としては 焼け石に水…


日経平均は 200円安で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約840円安
(円貨資産 約790円安
       外貨資産 約50円安)

指数増減率との比較では
日経平均が -0.60%
TOPIX -0.83%
グロース250 +1.81%

そして
ヨーグモス資産は -1.77%


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪投資信託≫
 日曜の記事で書き忘れてたけど
 以前だしておいた注文が約定して
 口座残高に反映されていたから
 トレード履歴に記載しました

 先進国国債 & 新興国国債
 先進国株式 & 新興国株式
 海外REIT & 米国高配当株

 の、6銘柄 一気の積み立てで
 11月分も無事に 終わらせました

≪積立ETF≫
  いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 そして
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 更に この日も
 米国1-3年債ETF (ヘッジ無)
 は、ナンピン買い


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 34でした)

【投資信託】 ※11月29日注文分※
(確認不足で
    12月1日に残高反映でした)

三菱UFJ:eMAXIS Slim 先進国債券
             5千円買い

大和:iFree 新興国債券インデックス
             5千円買い

三菱UFJ:eMAXIS Slim 先進国株式
      5千円買い (NISA)

三菱UFJ:eMAXIS Slim 新興国株式
      5千円買い (NISA)

ニッセイ:ニッセイグローバルリート
      5千円買い (NISA)

楽天:米国高配当株式インデックス
      5千円買い (NISA)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
3014.00米ドル
 (参考レート:146.86円)
         =442,636円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 119.17%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/12/04(月) 23:59:59|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金曜日のアメリカ市場


週末のアメリカ市場は 上昇
ダウ 294ドル高 (+0.82%)
ナスダック +0.55%
S&P500 +0.59%

この日は、パウエル議長の発言によって
長期金利が低下
それによる 割高感が薄れた
株式が買われるという構図

発言内容は
『金融緩和の時期を推測するのは
             時期尚早』
『適切であれば
   更なる金融引き締めも辞さない』

そういいつつも 現在の金利水準を
『かなり引き締め的』
と、表現しているように
これまでのスタンスからは ハト派寄り

市場参加者の受け止めは
警戒感を緩めて
株買いだったのでしょう


ただし ヨーグモス的には
一連の 長期金利低下は ハイペース
『金融緩和催促相場』
には、まだ気が早いと思うのですよ~

日米金利差低下で 為替は円高進行
それでも
日経先物などに 大きな変化がなく
ある意味 そこが不気味な点

国内企業の
業績改善期待感が 持続している間は
円高になろうとも 株買いなのかもです
(ヨーグモスは、
     やや警戒モードですが)


でも 今のヨーグモスは
マクロ経済の視点が かなり薄く
目先の 返済期限に絡んだ 売買
これが 取引の主体となりましょう
大返済期限ラッシュが
下手すりゃ 1月まで続きますからね…


【本日のトレード】
日曜なので なし


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
3006.50米ドル
 (参考レート:148.12円)
         =445,322円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 121.48%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/12/03(日) 14:53:37|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一日遅れの更新です


11月30日のアメリカ市場は
高安まちまち
ダウ 520ドル高 (+1.47%)
ナスダック -0.23%
S&P500 +0.38%

ダウ平均だけ変動率が違うのは
セールスフォースが
好決算を出して +9.31%
これが 指数を大きく押し上げたそうです

ナスダックは
  長期金利(やや)上昇が重荷
S&P500は 
  どんな理由かは忘れましたが上昇


そして 東京市場
全体的には小動き 新興株は大きく下落

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

この日は、外出を控えていたので
派手な動きは抑えようと考えてました

それでも
海運3兄弟に ナンピン空売り
(これは、作戦失敗で 強い動き
  途中で ナンピン買いを投入して
  つじつま合わせ?
  主に 川崎汽船で
  デイトレ+持越しポジの一部を
  利確して 損益相殺の原資
  セルフ損益相殺にも使用しました)


日経平均は 25円安で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約20円安

後場は、出かける準備とかもあって
ザラ場監視は 片手間状態

それでも 余力管理のポジ圧縮も少々
前場からの 持越し確定利益と合わせて

12月5日が返済期限の
日経WベアETF
外国債券ETF (ヘッジ有)
を、損益相殺で LC処分
(買い直しロールオーバーまでが
    一連の作業となっております)


日経平均は 55円安で大引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約20円高
(円貨資産 約90円安
      外貨資産 約110円高)

外貨資産は
為替の円安も資産押し上げ要因です

指数増減率との比較では
日経平均が -0.17%
TOPIX +0.32%
グロース250 -2.22%

そして
ヨーグモス資産は +0.04%

簡単ですが こんな振り返りです
昨晩の米国市場などは
明日以降に 更新予定とします


【外国株部門】
≪トレード≫
 30日の夜間に
 S&P500 3倍ベアETF
 を、ナンピン買いしました
 詳細は、トレード履歴に記載しました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺
  (基準価格の上昇で
    この程度の ナンピン買いでは
    購入単価が
    下がらなくなってきました
    1円以下の
    単価切り下げなのでしょう…)

 そして
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺
  (こちらも 少し前から
   同様な状態に陥ってます
   ただし 何度か繰り返すと
   1円購入単価が引き下がったので
   内部的には ナンピンしてます)

 更に この日も
 米国1-3年債ETF (ヘッジ無)
 は、買い増しです
 為替が また円安方向に動いてきたので
 短期の 小銭稼ぎとするつもりです


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(12月1日の総トレード数は 36でした)

【11月30日(夜間):外国株】
SPXS : Direxion デイリー
   S&P500 ベア3倍 ETF
    現物買い 5口@$13.36


≪12月1日のPF 保有数:終値≫
≪12月1日の 投資信託≫
≪12月1日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪12月1日の外貨≫
3006.50米ドル
 (参考レート:148.12円)
         =445,322円


≪12月1日の資産状況≫
投下資本の 121.33%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/12/02(土) 22:39:47|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

外出します


ザラ場が引けた後に
外出予定が入ってしまいましたので

本日の更新は 資本率位に留め
明日以降に
ある程度の振り返りをしたい
と、思います ご容赦くださいませ


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪現在の資産状況≫
投下資本の 121.33%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/12/01(金) 15:22:59|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

隠れた刺客


昨晩のアメリカ市場は 高安まちまち
ダウ 13ドル高 (+0.04%)
ナスダック -0.16%
S&P500 -0.09%

引き続き
前日の FRB高官発言などから
利上げストップ観測にもとづく 株買い

それに加えて この日は
米国GDP (7-9月期) の、
発表がありました
前期比年率換算で +5.2%
   (市場予想は +4.9%)

相変わらずの 強い米国経済を反映して
景気の
『ソフトランディング(軟着陸)』
が、可能である という論法も成り立ち

強気の市場参加者たちが
自信を深める要因となってるようです


まぁ ヨーグモスは 『やや懐疑派』
時間はかかるともいますが
景気後退は、やってくるという考えです

さて、東京市場
朝安から 後場に浮上開始して
プラス圏安定の動きに なってきました

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

本日も 返済期限間近ポジへの対処
12月4日返済期限の 駄目ポジ

米国7-10年債ETF (ヘッジ有)
VIX短期先物
外国債券ETF (ヘッジ有)
の、各1ロットを 処理しました

運よく 含み益に転じてくれたポジが
適量存在してくれて 助かりました


日経平均は 65円安で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約290円安

売り長の両建てだった 海運3兄弟が
今日は、朝安から切り返して
元気に上げていたので 困ったものです

こんな事なら 朝のうちに
もっと 売りポジを利確しておけば
と、反省しきりでした


日経平均は 165円高で大引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約560円安
(円貨資産 410円安
     外貨資産 約150円安)

指数増減率との比較では
日経平均が +0.50%
TOPIX +0.44%
グロース250 -0.60%

そして
ヨーグモス資産は -1.15%

今朝は、円貨資産の残高が
前日と比べて 大きく激減してました
(金利・手数料の清算値が
  概算値から 確定値に変わった
  くらいなら この変化はおかしい)

不思議な感じでしたが
大引け後に
電子交付をみてみると…
『信用取引 配当落ち調整金』
商船三井 -139,733円 と、
売りポジの配当金を
ここまで支払ったのは 初めてですね
(でも 9月の配当で
   最悪の極悪銘柄は
   川崎汽船のハズ 戦々恐々です)

確か配当落ちした時に
現金余力が
約40万ほど減っていたのを
思い出しました
(その時は、現金余力が減ってても
   円資産の変動は ほぼなかった
   と、記憶しているので
   その時に 先払い金として
     確保されていたのでしょう)

思わぬ刺客が いたものです…


【外国株部門】
≪トレード≫
   昨晩は、3トレード
 S&P500 3倍ベアETF
        (ナンピン買い)
 新興国株式ETF
          (買い増し)
 通信大手 ベライゾン
        (ナンピン買い)
  (円換算だと 含み益で買い増し)


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いして
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 それから
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いして
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 そして 更に 本日は
 米国1-3年債ETF (ヘッジ無)
 まで 新規買い と、なりました 
 これは、急激な円高と 金利低下が
 ゆき過ぎと判断しての
 揺り戻しを考えての 立ち回りでした


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 39でした)

【29日夜間:外国株】
SPXS : Direxion デイリー
   S&P500 ベア3倍 ETF
    現物買い 5口@$13.21

VWO : バンガード FTSE
   エマージングマーケッツ ETF
    現物買い 1口@$40.60

VZ : ベライゾン
    現物買い 1株@$37.76


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
3073.62米ドル
 (参考レート:147.17円)
         =452,344円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 121.28%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/12/01(金) 00:38:42|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ヨーグモス

オイラの資産増減

マイブログ ランキング

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者

現在の閲覧者数: