fc2ブログ

100%超えたいなぁ~

動く度に資本が減ってゆく『相場の肥やしくん』の奮闘記。巧い方法ありませんかね?

円高進行の割に 強い動きの日本株


昨晩のアメリカ市場は 上昇
ダウ 83ドル高 (+0.24%)
ナスダック +0.29%
S&P500 +0.10%

この日は、FRB高官の発言で
『現在の金融政策が
  インフレ目標を達成するために
        適正な状態にある』
というものがあり

市場参加者は
利上げ打ち止めに 自信を深め
利下げ開始時期の前倒しまで
視野に入れ始めてます

これによって 長期金利が低下
株価が 高値圏に滞在する
要因となってます

ただし 上値追いが出来ていないのは
今後の
景気減速(後退の可能性も含む) が
心配なのでしょう


さて、東京市場
今日は、朝安く 前引け~後場に
プラス圏に浮上する場面がありながら
勢いは続かず マイ転
という動きをしてました

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

ヨーグモスの立ち回りは
地合い関係なしで
返済期限の迫ったポジへの対処
(これだけで 精一杯でした)

本日は 11月30日が返済期限ポジ
 米国7-10年債ETF(ヘッジ有)
           (3ロット)
 VIX短期先物 (2ロット)
 外国債券ETF (ヘッジ有)
           (3ロット)

合計 8ロット分の 損益相殺を
考えなければいけないのです!

ダメージを
現金余力で受ける手もありますが
それは、今後訪れる
海運3兄弟の返済まで
極力とっておきたいものです

そうすると
含み益ポジも 残り少ないですし
到底 この返済を賄えません

で、導き出した結論が 現物株の処分
今回は、Jフロント 部分利確で
損益相殺の要件を 満たしそうです

まぁ いざ実施してみると
若干足りなかったけど…
海運3兄弟の 持ち越し売りポジ 利確
そして
デイトレ利確などで 事足りました

一連のトレードで 浮いた余力は
ヤクルト本社 (ナンピン買い)
売りポジ ネクステージ (ナンピン)
とかに 転用しておきました


日経平均は 41円高で前引けとなり
ヨーグモス資産は
体感日経換算で 約140円高

売り長の両建て
海運3兄弟が 下げてた事で
資産増にブーストがかかったようです

後場は、前場に比べれば
手数も少なく
様子見の模様眺めの側面が大きいです
(前場のうちに 今日のやるべき事は
        済ませていましたし)


日経平均は 87円安で大引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約140円高
(円貨資産 約220円高
       外貨資産 約80円安)

外貨資産は 為替の円高進行で
結構、押しこまれてます

指数増減率との比較では
日経平均が -0.26%
TOPIX -0.51%
グロース250 +1.39%

そして
ヨーグモス資産は +0.29%

ようやく 11月返済期限の 駄目ポジ
処理が完了しましたよ~

でも 12月返済期限の駄目ポジ群は
無数に存在しており
これに対処するだけで
手一杯になりそうですわ…


【外国株部門】
≪トレード≫
  昨晩は、豊富な現金余力を背景に
  4トレード
 米国債券ETF (ナンピン買い)
 中国ハイテク株ETF
         (ナンピン買い)
 S&P500 3倍ベアETF
         (ナンピン買い)
 通信大手 ベライゾン
         (ナンピン買い)

詳細は、トレード履歴に記載しました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪投資信託≫
 今月は
 全く動いてなかった 定期積み立て
 6銘柄を 本日まとめて
 一挙に買いつけました
 約定して 口座残高に反映された時
 トレード履歴に記載予定です

≪積立ETF≫
 ETFでは 唯一の 定期積み立てを
 本日実行しました 新興国株式です

 そして いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 さらに
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺で
 現金余力の微増です


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 39でした)

【28日夜間:外国株】
BND : バンガード
    米国トータル債券市場 ETF
    現物買い 1口@$71.18

CXSE : ウィズダムツリー
   中国株ニューエコノミー ETF
    現物買い 1口@$29.22

SPXS : Direxion デイリー
   S&P500 ベア3倍 ETF
    現物買い 5口@$13.17

VZ : ベライゾン
    現物買い 1株@$37.47


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
3218.71米ドル
 (参考レート:147.16円)
         =473,665円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 122.70%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

スポンサーサイト



テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/11/30(木) 00:37:55|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地合いは 高値安定ですが 上値追いは厳しそう


昨晩のアメリカ市場は 下落
ダウ 56ドル安 (-0.16%)
ナスダック -0.07%
S&P500 -0.14%

やや弱い 経済指標が出た事や
ここまでの 大きな上昇から
一服感が出ての 小休止
と、いったところでしょうかね


さて、東京市場 またしても
朝高(でも今日は、小幅)から マイ転
大崩れは無くても
マイナス圏滞在時間が 長かったです

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

本日の立ち回りも 返済期限絡みです

デイトレも含めて
含み益ポジは、極力利確して

明日 29日返済期限の
VIX短期先物を 損益相殺

米国7-10年債ETF (ヘッジ有)
も、明日が返済期限ポジが有りすが
確定利益が足りません
もう一日待つ手もありますが
LC処分
ダメージは、現金余力で受けましょう


日経平均は 77円安で前引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約80円高

これは、売り長の両建てに転じてる
海運3兄弟
 (あ、商船三井だけ 昨日付けで
   買いポジ全処分してるから
          純空売りでした)
が、下落したお蔭でしょうね~

後場は、手数少なく ポジ調整


日経平均は 39円安で大引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約70円高
(円貨資産 約160円高
       外貨資産 約90円安)

外貨資産の減少は
為替の円高進行も 多少影響してます

指数増減率との比較では
日経平均が -0.12%
TOPIX -0.21%
グロース250 -0.24%

そして
ヨーグモス資産は +0.14%


ここまでの流れとは 関係ないですが
昨日の引け後と 本日ザラ場中に
各50万を入金しました

現在も返済期限ラッシュの最中だけど
来月 半ばからは
売りポジ 海運3兄弟の
膨大な含み損ポジを
多量に返済しなければならず
 (奇跡の大暴落が起これば
       話は別ですが…)
その備えとして 現金余力は
有り余るほど用意しておくのが 『吉』
と、判断しました

もちろん 本日の 資産関係の比較は
増資前後の調整済みな値で
比較してますよ!


【外国株部門】
≪トレード≫
  昨晩は、大きく動きました
  4トレードだけど

 IBM (部分利確)
 ベライゾン (部分損切り)
  は、いいとして

 スリーエム (全株損切り)
  この放出は、制度上の理由ですが
  年末に ヘルスケア部門を分社化
   (スピンオフ) するそうです
  IBM の、時に体験したけど
  スピンオフは 新会社だけじゃなく
  存続会社のほうも
  特定口座から 一般口座に移管
  と、これが厄介なのです
  確定申告時に 手間がかかるのさ
  それが 嫌なので 一旦売却します
    (以前保有してた AT&Tも
     同様の理由で売却した事が
     あるのでした)
  まぁ スリーエムは
  連続増配 50年オーバーの
   『配当王』 銘柄ですから
  機会があれば
  またポジるかもしれません

  ドル換算だと
  ここまでのトレードは赤字ですが
  円換算だと 僅かですが プラス
   (円安のお蔭です)

 で、たばこ株 アルトリアを
 (ナンピン)NISA買い

 詳細は、トレード履歴に記載しました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 それから
 外国債券ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 27でした)

【27日夜間:外国株】
IBM : IBM
   現物売り 1株@$155.75
         (△$30.86)

MMM : スリーエム
   現物売り 17株@$86.38
        (▼$187.14)

VZ : ベライゾン
   現物売り 10株@$37.42
         (▼$16.05)

MO :アルトリア
   NISA買い 1株@41.37


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
3398.10米ドル
 (参考レート:148.31円)
         =503,972円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 122.34%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/11/28(火) 23:57:01|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地道な戦いが続きます


週末のアメリカ市場は
高安まちまちでした
FRBの利上げ停止観測を
残量とした上昇相場も そろそろ一服?


週明けの東京市場も 朝は上昇
三度 7月高値を超えて
バブル崩壊後高値を更新したものの
時間の経過とともに
利益確定の売りに押され
上げ幅縮小から マイ転となり
後場は、低位安定の動きでした…

上げ疲れとでも言いましょうかね~
ただし 高値安定ともいえる状態で
売り崩されるというような雰囲気は
まだ感じられないようです

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

そうは言っても
朝は、ヤクルト本社 ヤマハに
ナンピン買い

その替わりというか
海運3兄弟は 株価の上昇に伴って
部分両建ての 買いポジを
順次 利確撤収させて
ポジバランスというか 建て代金の調整

多少は、海運株の
ナンピン空売りにも回しますが

地合いの具合が 良くなさそうだとみて
ヤクルト本社は デイトレ利確
売りポジ 良品計画に ナンピン空売り
売りポジ ネクステージも ナンピン

そして ここまでの確定利益で
外国債券ETF
米国7-10年債ETF
  (共に ヘッジ有)
を、11月29日返済期限の 駄目ポジ
これを 損益相殺で LC処分


日経平均は 145円安で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約300円安

いまや 売り長の両建てに戻った
海運3兄弟の 上昇が痛いです

で、後場
売りポジ 川崎汽船 ネクステージを
部分利確 (デイトレ) して
ポジ調整してみました


日経平均は 177円安で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約290円安
(円貨資産 約310円安
       外貨資産 約20円高)



【外国株部門】


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 それから
 外国債券ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺

 金利低下による 債券価格の上昇も
 一服気味なので
 購入単価を引き下げつつ
 ポジ量も 微減少させ
 現金余力の微増という作戦です


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 34でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
1301.69米ドル
 (参考レート:149.08円)
         =194,055円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 122.75%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/11/27(月) 21:46:54|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金曜の米国相場


金曜日のアメリカ市場は 高安まちまち
ダウ 117ドル高 (+0.33%)
ナスダック -0.11%
S&P500 +0.06%

引き続き FRBの利上げ局面が
終わりを迎えたという事象を支えに
相場は 割合に堅調な動き

感謝祭祝日の 翌日は 短縮取引で
市場参加者も 少ないので
一概に言えませんが
予想以上に 底堅い動きだと思いますよ


東京市場のほうも
バブル崩壊後高値を窺える位置
(ザラ場中なら
  確か 二度ほど突破してますね~)

おそらく 今週中に
終値ベースでの バブル崩壊後高値更新
そして 恒例の
『33年振り』 というキーワードが
飛び出すのではないでしょうかね

それに引き替え
ヨーグモスには 『茨の道』

返済期限ラッシュが、控えており
現金余力で受けるか
現物株をいくつか 手放すか

そんな感じの状態が
年末まで続きそうで 憂鬱ですよ


【外国株部門】
≪トレード≫
 金曜日の晩
 たばこ株 アルトリアをナンピン買い
 詳細は、トレード履歴に記載しました


ヨーグモス資産は
前回比 +0.08%


【本日のトレード】
日曜なので なし

【24日夜間:外国株】
MO : アルトリア
  NISA買い 1株@$41.40


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
1301.69米ドル
 (参考レート:149.34円)
         =194,394円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 123.62%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/11/27(月) 01:45:25|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日経平均 再び ザラ場中に、一時 バブル崩壊後高値


昨日は、東京市場は 祝日
昨晩の米国株も 祝日休場

と、いう事で
昨日書く予定で 時間が取れずの
22日 米国株の振り返りから
ダウ 184ドル高 (+0.53%)
ナスダック +0.46%
S&P500 +0.41%

踊り場小休止から 上昇再開?
そんな感じだとしたら
年末ラリーにも 期待できそうですが

本日の
『ブラックフライデー』 から始まる
クリスマス商戦の 勢い次第で
相場への影響も かなり出るでしょう
(景気減速 景気後退懸念が
    今の相場参加者には
    割と重要な 要因ですから)

利下げ開始時期の予想も
市場参加者の関心事項ですが
相場の動きに大きな景況を与えるのは
やはり 『景気』 ですからね~


さて、東京市場
祝日明けですが 強い動きで
ザラ場中に
再び バブル崩壊後高値を更新

大引けでの
高値更新とは至らずみたいですが
この状態だと
いずれ7月高値(バブル後高値)を
更新してしまいそうです

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

本日の立ち回り
両建て 海運3兄弟に ナンピン買いも
考慮のうちに入ってましたが

ノートPC 立ち上げ遅れから
寄り買い出来ずで

買い参戦するよりも
持越し買いポジで 含み益になったポジ
これを 利確して ポジ圧縮を選択
(結果的に
   株価の伸びがあったので
   やはり 寄り買い作戦が
          正解でしたよ…)

途中で ナンピン空売りも
いくつか投入したけど
上記した動きによって 時期尚早
これは、反省材料ですね

明治HD は、満足な含み益で利確撤収

ここまでの確定利益で
11月28日が返済期限の 駄目ポジ
外国債券ETF
米国7-10年債ETF
  (共に 為替ヘッジ有) と、
VIX短期先物 を、
各1ロット 損益相殺で LC処分


日経平均は 263円高で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約30円高

後場も 海運株(買いポジ)の、利確
売りポジ
ネクステージの デイトレ利確など

確定利益の 再構築から
外国債券ETF (ヘッジ有)
11月29日返済期限の 駄目ポジ
これも 損益相殺で LC処分

予定以上に
期限間近ポジの処理が はかどりました


日経平均は 173円高で大引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約60円安
(円貨資産 約110円安
       外貨資産 約50円高)

指数増減率との比較では
日経平均が +0.52%
TOPIX +0.54%
グロース250 +0.55%

そして
ヨーグモス資産は -0.11%


【外国株部門】
≪トレード≫
 祝日前の 22日に取り引きしたので
 少し遅くなったけど 報告です
 米国債券ETF (ナンピン買い)
 S&P500 3倍ベア
         (ナンピン買い)
 たばこ株 アルトリア
     (ナンピン NISA買い)

 詳細は、トレード履歴に記載しました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を
 損益相殺で LC処分して
 現金余力の微増

 そして
 外国債券ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を
 損益相殺で LC処分して
 現金余力の微増

 債券系ETF 金利低下による戻りも
 一服と判断して
 若干のポジ圧縮をしたほうがよい
 そんな判断からの行動です


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 45でした)

【22日夜間:外国株】
BND : バンガード
    米国トータル債券市場 ETF
    現物買い 1口@$70.81

SPXS : Direxion デイリー
   S&P500 ベア3倍 ETF
    現物買い 5口@$13.23

MO : アルトリア
  NISA買い 1株@$41.09


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
1343.29米ドル
 (参考レート:149.34円)
         =200,606円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 123.52%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/11/24(金) 22:45:11|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

留守中の結果は?


まずは 留守にしていた
昨日(22日)の、振り返りから

21日(水)アメリカ市場は 下落
ダウ 62ドル安 (-0.18%)
ナスダック -0.59%
S&P500 -0.20%

直近の大きな上昇から 利益確定の売り
長期金利の低下も一服
と、なった事も 一因でしょう


この日は 外出予定ありで
朝だけのザラ場監視でした
余力状態も考えて 新規ポジを取るには
その前に 利確指値をセットして
建て代金が膨らまないように配慮

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

ヤクルト本社の 部分利確と
ヤマハの ナンピン買い

これが
この日の大きな取引となりました

そして 外出後に約定したのは
前日に大きな損切りを出した
外国債券ETF
米国7-10年債ETF
  (ともに 為替ヘッジ有)
を、ナンピン買いした 2トレードだけ
元のポジ量に 少しですが近づけました


日経平均は 97円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約0円高
(円貨資産 約20円安
       外貨資産 約50円高)

指数増減率との比較では
日経平均が +0.29%
TOPIX +0.44%
グロース250 -1.40%

そして
ヨーグモス資産は +0.00%


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪投資信託≫
 以前だしておいた注文が
 約定して 口座残高に反映されたので
 トレード履歴に記載しました
 国内債券 5倍ベア でした
 (前日の 大損切り祭りで失った
   現金余力の回復策でした
   微損撤収だけど 仕方ないです)


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 10でした)

【投資信託】 ※11月20日注文分※
T&D 日本債券5倍ベア
      13万円売り(全口売却)
   239,326口@5354
           (▼1865)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
1522.19米ドル
 (参考レート:148.68円)
         =226,319円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 123.59%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/11/23(木) 22:38:19|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大規模損失処理


昨晩のアメリカ市場は 上昇
ダウ 203ドル高 (+0.58%)
ナスダック +1.13%
S&P500 +0.74%

引き続いて 長期金利の低下
安定の動きが 相場を支えてます


さて、東京市場
踊り場的な位置で 小動きでした
(バブル後高値を更新するか?
  それとも
     押し戻されてしまうのか?)

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

本日の立ち回りは
明日が返済期限の ポジが多数と
『爆弾処理班』 に、
登場してもらうような事態…

昨日までは 『ギリ』
対処できてましたけど もう無理

本日は、期限が迫ったポジについては
現金余力で ダメージを受ける
『損切り』 が、発動する事でしょう

まずは 通常トレードにおいて
確定損益は限りなく ゼロに近く収める
(つまり 確定損は、
    爆破処理したポジのみとする)

この事をモットーに立ち回りました
解体が必要な 『爆弾』 は…

米国7-10年債ETF (ヘッジ有)
     が、5ロット

VIX短期先物は 3ロット

外国債券ETF (ヘッジ有)
     も、5ロット

合計で
10万オーバーの 損切りになります


大規模損切りは 後場に実行
前引けの状況は
外出中で 測定できてません
(10時半~13時半頃が 外出)

大きな損切りもした事ですし
余力も少し増やしておきたくて
後場は、含み益ポジを
普段より多めに手放しておきました


日経平均は 33円安で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 500円安
(円貨資産 約390円安
      外貨資産 約110円安)

外貨資産は
為替の円高も重しになったようです

指数増減率との比較では
日経平均が -0.10%
TOPIX -0.20%
グロース250 +1.79%

そして
ヨーグモス資産は -1.04%

ちなみに 明日は朝から外出します
寄付き後 30分程度は
監視出来そうですが
多くの場合は、指値対応となるでしょう

そして
更新も 出来ない可能性のほうが
大きいです


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い

 そして
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺
 現金余力の 微増です


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 32でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
1522.19米ドル
 (参考レート:147.55円)
         =224,599円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 123.59%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/11/21(火) 23:59:59|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日経平均 (一時的に) バブル崩壊後高値を更新


週末のアメリカ市場は 上昇
ダウ 1ドル高 (+0.01%)
ナスダック +0.08%
S&P500 +0.13%

さすがに上げ疲れなのか
上昇の勢いも弱まってますね
(それでも上昇しているところが
       凄いとも言えますが…)


さて、週明けの東京市場ですが
こちらも 勢いよく上昇して
日経平均は 7月につけた
バブル崩壊後の高値を更新してますね
(1990年3月以来
    33年8ヶ月ぶりの水準です)

ただし
一旦の達成感からか 高値を維持できず
上げ幅縮小から
後場には、明確にマイ転
終値ベースの バブル後高値とはいかず
残念な結果でした

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

そんな地合いの動きは気にせず
本日のトレードは
海運3兄弟への対処でもなく

一番の課題は
明日が返済期限の 駄目ポジ処理
米国7-10年債ETF (ヘッジ有)
と、VIX短期先物  各1ロット

そんな訳で
現有ポジ 1単元(1ロット)で
最大に含み益ポジである
両建て 資生堂の 売りポジを 利確

これで 米国債のほうは 処理可能

次に 海運3兄弟の
売りポジ 買いポジで 含み益のポジ
全部じゃないけど 利確

そして 地合いの動きが
下げ方向になってきたのをみて
ナンピン空売りも投入
(これは、後ほど デイトレ利確
   と、なるものが 多かったです)

まだ 足りない確定利益を求めて
売りポジ 原油ETF
ヤクルト本社など 部分利確して
VIX短期先物の損益相殺も
可能となって 素早く実行


日経平均は 22円安で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約150円安

後場は 消費した余力回復策に 注力し
なんとか 形にして
立ち回りを 終える事が出来ました


日経平均は 197円安で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約430円安
(円貨資産 約280円安
      外貨資産 約180円安)

外貨資産は
日米金利差縮小からの 円高もあり
資産減少率も 大きめとなってます

指数増減率との比較では
日経平均が -0.59%
TOPIX -0.77%
グロース250 +2.33%

そして
ヨーグモス資産は -0.90%


【決算関係】
≪持越し銘柄≫
東京海上HD 特買いスタートから急伸
  朝のうちに 高値をつけて
  上げ幅縮小も 上髭陽線
  前日比 +5.63%
  嬉しい上昇ですが
  長期保有の現物株なので
  このまま保有継続とします


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪投資信託≫
 本日は、1銘柄を売却
 一部じゃなくて 完全売却で撤収
 この銘柄は
 (定期 or スポット)積立してる
 訳じゃなく 中期的なスポット買いで
 現状でも 最大ポジ量の
 半分程度まで売却しており
 今は、僅かに含み損なので
 まだ手放したくないけども
 明日の 損切りラッシュに備えた
 現金余力の確保の為
 手放す事にしました
 いつものように
 約定して 口座残高に反映された時
 トレード履歴に記載する予定です

≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いしました

 それから
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺して
 現金余力の微増です


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 43でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
1563.19米ドル
 (参考レート:149.07円)
         =233,770円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 124.90%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/11/20(月) 23:59:59|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一日遅れの更新です


またしても
一日遅れの更新となりました

16日(木)のアメリカ市場は
高安まちまちでした
ダウ 45ドル安 (-0.13%)
ナスダック +0.08%
S&P500 +0.13%

あまり材料もない中
ここまでの急伸からの 小休止?


さて、東京市場
朝は小安い動きでしたけど
時間の経過とともに
緩やかな下げ幅縮小から 上昇
高値引けする動きは
相場の先高観となるでしょうか?

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

立ち回りのほうは
あまり手数も多くなくて
ポジ調整の範囲内的行動…

そんな中でも
返済期限の迫っている ポジが多く

この日は
売りポジ 原油ETFを 部分利確して
11月下旬が返済期限の
外国債券ETF (ヘッジ有)
を、損益相殺
(もちろん 買い直しの
   ロールオーバー込みの立ち回り)


日経平均は 1円安で前引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約230円高

後場も 大きく動かずに
前場で使った余力の回復目的の 売買


日経平均は 160円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約370円高
(円貨資産 約370円高
        外貨資産 約0円安)

指数増減率との比較では
日経平均は +0.48%
TOPIX +0.95%
グロース250 +0.47%

そして
ヨーグモス資産は +0.79%

なかなか良い感じの
資産推移となってきましたが
返済期限ラッシュで
多分 途中から損益相殺が間に合わず
現金余力で 吸収するしかない…
そんな 未来が垣間見えますよ~


【決算関係】
≪引け後発表銘柄≫
東京海上HD 2Q 増収超メガ大増益
 経常益 市場予想比 +11.22%
  自社株買い 4000万株
  発行済み株式の
       3.84% 700億円


【外国株部門】
≪配当金≫
PG : P&G  から
  $14.23 を、受け取りました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い

 そして更に
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺して
 現金余力の微増


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 27でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
1563.19米ドル
 (参考レート:150.69円)
         =235,557円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 126.04%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/11/18(土) 17:02:49|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

米国利上げ終了(決め打ち)ラリー 開始!?


昨晩のアメリカ市場は 上昇
ダウ 163ドル高 (+0.47%)
ナスダック +0.07%
S&P500 +0.16%

10月の 米国PPはI
(卸売物価指数)
前月比 -0.5%
    (市場予想は +0.1%)

前日の CPI に、続いて
インフレ率の鈍化傾向を示しており
FRBの 追加利上げ観測は ほぼ0
と、市場参加者は考え出してます
長期金利も 低下傾向となり
当然 株価には追い風ですね


さて、東京市場
外部環境は(米国株高)良くても
国内株の前日までの
上昇力が大き過ぎて 利食い売りが優勢
ただし 前引け・後場寄り付近が底
大引けにかけて 下げ幅縮小

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

立ち回りの中心は 海運3兄弟
というのは、いつも通りだけど
昨日の 絶好調地合いでも
海運株の動きは イマイチ…
さすがに 『旬』 は、過ぎた?

で、本日は 海運3兄弟には
ナンピン空売りを中心に
買い長の両建てを
イーブン近くに戻したり
売り長の両建てにしたりと
『本来』 の、売り目線に 軌道修正

他にも 両建て 資生堂
今日も ナンピン買い ナンピン空売り
織り交ぜて
利確と 損益相殺も 駆使して
前日よりも
含み損を縮小させた 両建て継続


日経平均は 227円安で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約90円安

後場は、不意の来客もあって
ザラ場監視時間が短くなりました

他作業と併用な感じで
トレードしていたら…
川崎汽船の 買いポジ処理を間違えて
微損ポジ(損益相殺の範囲内)
と、一緒に そこそこの含み損ポジも
まとめて処理しちゃってました orz

夜になって
今日のまとめをしてる時
謎の確定損に焦って
約定メールをチェックして ミスが判明

そんな訳で 本日は 自分ルール
『確定損益をマイナスにしない』
を、残念な形で破ってしまいました


日経平均は 95円安で大引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約60円高
(円貨資産 約90円安
      外貨資産 約150円高)

今日は、外貨資産の 株高+円安効果
に、助けられましたよ~

指数増減率との比較では
日経平均が -0.28%
TOPIX -0.19%
グロース250 -0.09%

そして
ヨーグモス資産は +0.12%


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い

 そして更に
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺して
 現金余力の微増


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 51でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
1658.69米ドル
 (参考レート:151.39円)
         =251,109円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 125.05%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/11/16(木) 23:53:11|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

米国CPI通過で 年末ラリーの号砲?


昨晩のアメリカ市場は 大幅上昇
ダウ 489ドル高 (+1.48%)
ナスダック +2.37%
S&P500 +1.91%

10月の米国 CPI
消費者物価指数は 低調

市場予想絵緒下回る結果が多く
これによって
インフレ率の低下が鮮明になり
長期金利が急低下
そして 株買いを誘発したという訳


さて、東京市場 米国株高に加え
本日発表のあった 中国国家統計局発表
10月の 工業生産高と 小売り売上高
は、市場予想を上回り
中国経済への 過度の警戒が緩和

7-9月期 国内総生産 GDPは
前期比 年率換算で -2.1%
3四半期ぶりの
マイナス成長となりましたが
これが 国内長期金利の低下も誘発
(つまり 株高要因)
悪材料が 好材料に転換して
日経平均は 今年最大の上げ幅でした

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

決算発表も ほぼ終わってしまい
また 金利変動や
地合いをみながらのトレードに
戻ってゆくかと思われましたが

まずは
決算通過二日目の ヤクルト本社
今日も下げていたので
保険的な 両建て空売りの含み益が
かなりのものになっており
迷わずに 利確 (両建て解消)
ドテン ナンピン買いも少々
 (これは、リバも大きく デイトレ利確)

この確定利益が 大きく
追加で
両建て海運3兄弟の 買いポジも
部分利確として 組み込んで
準備完了!

12月中旬が返済期限の
中ボス級 駄目ポジである
日本郵船 売りポジ 1単元を
損益相殺にて LC処分

次に 残っている確定利益と
またも 追加で
両建て海運3兄弟の 買いポジを
利確して

返済期限の迫っている
米国7-10年債ETF (ヘッジ有)
   1ロット
外国債券ETF (ヘッジ有)
   3ロット
VIX短期先物  1ロット
を、損益相殺 債券系ETFは
買い直しの ロールオーバー込みです


日経平均は 645円高で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 310円高

後場は、ポジ調整程度のつもりでしたが
両建ての 資生堂
地合いに乗ったのか 上昇著しく
買いポジ 売りポジとも
何度か売買して 利確&損益相殺
前日よりも
含み損の幅を縮められた(ハズ)


日経平均は 823円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約440円高
(円貨資産 約380円高
       外貨資産 約60円高)

指数増減率との比較では
日経平均が +2.52%
TOPIX +1.19%
グロース250 +2.88%

そして
ヨーグモス資産は +0.92%


【決算関係】
≪持越し銘柄≫
ブシロード  上げスタートから急伸も
  利食い売りで 9時半頃にはマイ転
  ただし それは短時間で
  また 上昇の再開
  上下に短い髭つきの 陽線
  前日比 +2.95%
  短期の決算勝負だったので
  朝のうちに利確撤収で ザラ場決済
  利確値(平均値)
      前日比 +3.34%
   (終値は前日比 +2.95%)

三菱UFJ  朝高ながら
  地合いに反して 弱い動き
  朝に 1度リバはあったけど
  あとは 弱い動きでマイナス引け
  前日比 -1.95%
  長期保有の現物株で
  購入単価から
  配当株としても優秀なら
  手放す理由もなく 保有継続です


【外国株部門】
≪トレード≫
  昨晩は 2トレード
 S&P500 3倍ベアETF
         (ナンピン買い)
 たばこ株 アルトリア
     (ナンピン NISA買い)
 詳細は、トレード履歴に記載しました


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 57でした)

【14日夜間:外国株】
SPXS : Direxion デイリー
   S&P500 ベア3倍 ETF
    現物買い 5口@$13.68

MO : アルトリア
  NISA買い 1株@$40.27


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
1658.69米ドル
 (参考レート:150.68円)
         =249,931円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 124.90%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/11/15(水) 22:53:42|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地合いは安定しているが


昨晩のアメリカ市場は 高安まちまち
ダウ 54ドル高 (+0.16%)
ナスダック -0.22%
S&P500 -0.08%

インフレに対して過度な警戒が緩んで
相場を支えてますが

今晩発表を控える 10月CPI
(消費者物価指数)
この結果をみる為の 様子見モード
という側面が 株価の重し

で、全体でみると 小動き
(ザラ場中の動きは
   それなりにありますけどね~)


さて、東京市場
終日安定のプラス圏だけど
一日の値幅は、小さかったです

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

本日も トレード内容は簡潔に

売りポジ IGポート (部分利確)
資生堂
 (ナンピン買い デイトレ部分利確)
 (含み損固定化 両建ての空売り)
バンダイナムコ (薄利逃げで 撤収)

他は、海運3兄弟の
 買いポジ&売りポジの ナンピンと
 それぞれの 部分利確


日経平均は 110円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約170円高
(円貨資産 約150円高
       外貨資産 約20円高)

前引けのデータがないのは
昼食を外食にしようという事になり
11:30を前に出発してしまったから

で、指数増減率との比較では
日経平均が +0.34%
TOPIX +0.37%
グロース250 -0.84%

そして
ヨーグモス資産は +0.37%


【決算関係】
≪持越し銘柄≫
日本郵政  上げスタートから
  利食い売り
  マイナス圏に落ちる前に
  踏みとどまって あとは小動き…
  前日比 +0.92%
  配当株として優秀な現物株で
  手放す理由もなく 保有継続です

≪ザラ場発表銘柄≫
トリドール  13:10発表
  2Q 増収増益
 経常益 市場予想比 +15.90%
  通期 上方修正
  決算勝負で 本日ポジりました
   (前場途中)
  豪快に噴き上がるのを期待して
  かなり高い位置に利確指値をセット
  発表直後から 沸騰!!
  ただし 指値よりは ちょっと下の
  第一波 長期保有じゃないから
  デイトレ利確上等で 指値変更利確
  利確売りをこなした 第二波で
  高値更新も 最初の指値の僅か下
   (やはり早逃げで正解)
  それ以降は 大幅プラスも
  上げ幅縮小してから 安定の動き
  利確値は 発表前比 +2.55%
  (買値からの利幅 +5.18%)
  終値 前日比 +5.88%
  この確定利益は 損益相殺に
  有効活用させていただきました

ヤクルト本社  14:20発表
  2Q 増収減益  通期:下方修正
  自社株買い 1200万株
   (発行済み株式の 3.84%)
   (300億円を上限)
  発表直後 一瞬上に噴いたけど
  怒涛の売り浴びせ…
  一時は 前日比 -8.24%まで
  急落してました
  14時から来客の予定があったので
  元々の対策として
  噴き上がった時と 暴落した時
  どちらにも対応する指値
  ① 利確指値と
  ② 含み益部分固定の
         両建て空売り指値
  ③ 暴落した時の備え
      損失部分固定用の
     (逆指値)両建て空売り指値
  と、複数の対策を施しておきました
  利確指値が 1つでも刺さってれば
  まだ少し救われたのですが(残念)
  それでも 逆指値空売りのお蔭で
  少しはダメージ軽減
  来客が帰ったのが 大引け直前で
  とっさの判断で
  ナンピン買いを 1単元
   (これは空売りの含み益固定にも
    普通のナンピンにも使え便利)
  発表前比 -6.89%
  前日比だと -5.79%

≪引け後発表銘柄≫
ブシロード 1Q 減収大減益
 経常益 市場予想比 +18.46%
  残念決算と思いきや
  市場は、もっと悪い内容を
  想定していたようです
  悪材料出尽くしで 沸騰とか
  期待してもいいですか?
    (多分、ダメでしょう…)

三菱UFJ 2Q 大増収超メガ大増益
  経常益 市場予想比 +3.17%
  自社株買い  4億株
   (発行済み株式の 3.31%)
   (4000億円を上限)
  自社株消却  3億5000万株
   (発行済み株式の 2.75%)
  爆裂好決算と思いきや
  市場予想と 大きな変動はなく
  大体想定されていた 模様…
  自社株買い&消却が
  どれくらい評価されるか?
  が、ポイントですかねぇ


【外国株部門】
≪トレード≫
   昨晩は 4トレード
 ゴールドETF (買い増し)
 たばこ株 アルトリア
  NISA買い (ナンピン)
  現物買い 即売り
   (NISAと、間違えて
      買ってしまったので
         軌道修正の売却)
 実質的には 2トレード
 詳細は、トレード履歴に記載しました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いして

 更に
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺して
 現金余力の微増


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 48でした)

【13日夜間:外国株】
GLDM :
   SPDR ゴールドミニ ETF
    現物買い 1口@$40.05

MO : アルトリア
    現物買い 1株@$40.05

MO : アルトリア
    現物売り 1株@$40.05
        (▼$-0.38)

MO : アルトリア
  NISA買い 1株@$40.05

()は、確定損益 税金・手数料込み


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
1767.66米ドル
 (参考レート:151.76円)
         =268,260円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 123.75%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/11/14(火) 23:23:48|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日経平均は 戻り一服感


週末のアメリカ市場は 上昇
ダウ 391ドル高 (+1.15%)
ナスダック +2.05%
S&P500 +1.56%

FRBの利上げ観測が後退し
長期金利の動きも
下げ過ぎからの 反発も一段落?

そんな感じで 前日の株売りから 一転
大きく買われました


そして 週明けの東京市場
朝は 米国株高を受け 大きく上昇も
利益確定の売り?
それとも 円安進行を嫌気した売り?
(円安で 株売りは、なさそうか…)
国内長期金利の上昇は 株売り要因?

原因がはっきりしませんが
東京市場は 割と弱い動きにみえました

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

本日は 外出する用事があって
ザラ場監視は 前場が 9:20頃まで
監視再開は
後場寄りに間に合うくらいだったから
そこまで
大きな機会損失はありませんでした

まぁ 上げ地合いを想定して
海運3兄弟には ナンピン買いを投入
(これは、ミストレードで
   ナンピン空売りが正解も
   朝の時点では
     そこに気づけませんよ~)

あと、ダメ決算の 資生堂に
寄りで 打診買い
これも ザラ場監視が出来てれば
下落の途中で
損失固定の 両建て空売りを
入れられたハズ…

この辺りは 外出してた弊害ですね


日経平均は 182円高で前引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約40円安

後場は、前場の失態の修正
海運3兄弟の
持越し買いポジを 部分利確して

11月中旬が返済期限の
米国7-10年債ETF (ヘッジ有)
を、損益相殺で LC処分
(もちろん 買い直しの
      ロールオーバー込みです)

海運株の 買いポジを減らしたのは
朝の 資生堂と ヤマハ(ナンピン買い)
が、両方とも失敗で
強制持越し確定となり
余力管理の観点から 必要な措置でした

損益相殺にまで 漕ぎつけたのは
副次的な産物だったのでした

あと ヤクルト本社にも
ナンピン買い入れましたよ~


日経平均は 17円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約40円高
(円貨資産 約60円安
      外貨資産 約100円高)

米国株高に 円安進行で
円貨資産の不調を補ってくれました

指数増減率との比較では
日経平均が +0.05%
TOPIX +0.00%
グロース250 -0.16%

そして
ヨーグモス資産は +0.07%


【決算関係】
≪持越し銘柄≫
ブリヂストン 小幅上げから 下落
  それから 上下に小動き
  方向感のない動きをしてました
  下髭陽線
  前日比 +0.59%
  成長期待の現物株なので
  このまま保有継続です

東京エレクトロン 特買いスタートも
  寄り天で 大きめの陰線
  それでも 前日比 +1.74%
  株価も高値圏なので
  悪くない動きとしましょうか
  単元未満の現物株で 保有継続です

三菱HCキャピタル 特売りスタートで
  そのまま低空飛行…
  上髭陰線 前日比 -4.38%
  配当株として優秀な 現物株
  動く理由もないので 保有継続です

≪引け後発表銘柄≫
日本郵政 2Q 増収大減益
  これは残念決算ですが
  楽天G株 保有の評価損計上が
  その後の 株価回復で 戻し入れ?
  1Qに計上した損失がなかった事に
  というのは
  喜ぶべきところなのでしょうね


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い

 そして
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺
 現金余力の微増とします


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 26でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
1847.09米ドル
 (参考レート:151.83円)
         =280,443円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 123.30%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/11/13(月) 22:24:42|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今度は 二日遅れの更新

今回も 更新が遅くなりました

木曜日のアメリカ市場は 下落
ダウ 220ドル安 (-0.65%)
ナスダック -0.94%
S&P500-0.81%

パウエルFRB議長が
IMFのパネル討議で
『インフレ率を
 2%に戻す為の金融政策が
 十分に景気抑制的な水準に達したか
        まだ確信が持てない』
との発言があり

FRBによる 金融引き締めの長期化が
改めて意識され
このところ低下傾向を示していた
長期金利が やや上昇
(30年物国債の入札が
  低調な結果というのも 一因か?)

これによって
ナスダックを中心に 株価は下落

まぁ 直近の戻りも大きく
短期勢の 利益確定の売りという側面も
考慮に入れておいたほうがいいでしょう

それにしても
米国長期金利の動きに
株価が振り回される頻度が
多くなってきましたね~


さて、週末金曜日の東京市場
弱い動きの下げスタートから
下げ幅縮小する 粘り腰な動きでした

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

取り引きの振り返りは
この日も 海運3兄弟が
かなりの手数になってしまった
と、いうくらいに 留めておきましょう


日経平均は 78円安で大引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約270円高
(円貨資産 約290円高
       外貨資産 約20円安)

地合いに逆行する 資産増は嬉しいです

いつの間にか
買い長の両建てに 転じている
海運株が
上昇してくれたのが 大きいです

指数増減率との比較では
日経平均が -0.24%
TOPIX +0.07%
マザーズ -1.86%

そして
ヨーグモス資産は +0.59%


【決算関係】
≪持越し銘柄≫
トレンドマイクロ
  アホみたいな特買いで
  ストップ高張りつけ…
  9:42 に、寄り付いて
  13時頃までは ストップ高近辺で
  動いていたけど
  そこから 一段階上げ幅縮小
  前日比 +13.52%
  成長期待の現物株なので
  この程度の動きでは 動じません
  保有継続です

ホンダ  大きめの特売りから
  やや下げ 13時過ぎ頃
  なんとか 寄り値を回復して
  更に 下げ幅縮小 下髭陽線
  前日比 -4.11%
  配当株としても
  そこそこ優秀な位置で拾った現物株
  手放すがないので 保有継続

≪引け後発表銘柄≫
ブリヂストン 3Q 増収大増益
  経常益 市場予想比 -5.77%
  好決算も 市場の期待値は
  もっと高いみたいで残念決算かな?

東京エレクトロン 2Q 大減収大減益
  経常益 市場予想比 +3.36%
  通期 上方修正
  配当予想 20円増配
     340円 (148+192円)
  前回予想
     320円 (128+192円)

三菱HCキャピタル 2Q 微減収減益
  残念決算の部類でしょうが
  不人気銘柄ですし
  大きな動きはないと思いたい


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いして

 ついでに
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺
 で、現金余力の微増


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 47でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
1847.09米ドル
 (参考レート:151.43円)
         =279,704円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 123.20%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/11/12(日) 17:14:35|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

簡易更新です

昨日は、下書きの途中までで
更新が出来ませんでした
(おばば様の命日が近く
  それに絡んだ 墓参りや
  おば様たちの来訪 接待・歓談で
  ザラ場監視は 9:40頃まで)


そんな訳で 一日遅れの更新
昨晩(8日夜間)のアメリカ市場は
高安まちまち
ダウ 40ドル安 (-0.12%)
ナスダック +0.08%
S&P500 +0.10%

直近の急騰劇も 小休止?
という感じでした


上記した理由より
ザラ場監視も 僅かでした
前場の小動きから
後場は上げ幅拡大してたようです

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

トレードも 朝の立ち回りと
外出前の 指値セット程度でしたが
余力管理に気をつけて 動きました


日経平均は 479円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約640円高
(円貨資産 約620円高
       外貨資産 約20円高)

指数増減率との比較では
日経平均が +1.49%
TOPIX +1.26%
グロース250 +0.37%

そして
ヨーグモス資産は +1.39%

海運3兄弟が 売り長の両建てから
買い長の両建てに 転じて
資産変動が マイルドになったようです

さて、本日は 下げ地合い
朝の立ち回りを終えてから
この記事を仕上げました
もう少し 前日のやり残しがあるので
ザラ場監視 完全復活は 後場かなぁ?
その結果は、また 後ほど


【決算関係】
≪持越し銘柄≫
花王  大きめの特買いも 寄り天
  大陰線でありながら
  朝の下げ以降は 割と安定の動き
  前日比 +4.95%
  長期保有の現物株なので
  売る気もなく 保有継続

富士フィルム 特買いスタートから
  10時頃まで上昇
  その後は緩やかな下げ(利確り?)
  上髭陽線  前日比 +2.74%
  成長期待の現物株なので
  そのまま保有継続とします

リクルートHD  特売りスタートも
  ほぼ寄り底 時間の経過とともに
  下げ幅縮小してゆきます
  前日比 -5.02% 下髭陽線
  成長期待の現物株
  含み益が減ってけど まだまだ余裕
  そのまま保有継続です

東急  上げスタートから
  朝のうちは やや上下動したものの
  その後は 安定の動き
  でも 14時過ぎから上げ幅拡大で
  前日比 +4.70%
  現物株ですし もう少し様子見で
  保有継続とします

≪ザラ場発表銘柄≫
明治HD 14時発表
  2Q 増収減益
  11月7日引け後に下方修正を発表
  翌日の急落をみて 本日打診買い
  決算発表後の 上下動はいつもの事
  そこから 緩やかな下落
  発表前比 -1.67%
    (前日比だと -0.27%)
  上髭陰線 形は良くないが
  ここから更に下落は 確率低いとみて
  保有継続とします

≪引け後発表銘柄≫
トレンドマイクロ 3Q 増収大減益
 経常益 市場予想比 +18.15%
  通期 下方修正
  減益ながらも 市場予想超え決算は
  評価できますが
  通期の下方修正で 台無しだよ…

ホンダ  2Q  増収メガ増益
  経常益 市場予想比 -0.70%
  通期 上方修正
  配当予想
     116円 (87+29円)
  前回予想 100円
  前期実績 120円
   (3分割を考慮した
          配当は174円)
  かなりの好決算も
  織り込み済みの可能性もあって
  油断はできない感じ?


【外国株部門】
≪分配金≫
LQD : iシェアーズ iBoxx
    USD 投資適格社債 ETF
から $6.92 を、受け取りました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い

 ついでに
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺して
 現金余力の微増


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 18でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
1847.09米ドル
 (参考レート:151.04円)
         =278,984円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 122.48%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/11/10(金) 10:23:08|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

簡易更新です


昨晩のアメリカ市場は 上昇
ダウ 56ドル高 (+0.17%)
ナスダック +0.90%
S&P500 +0.28%

長期金利が 下落して安定
これによって
高PER銘柄 が、買われ
ハイテク株中心の ナスダックが
3指数で 一番の上昇率


東京市場も
米国連動で 上げスタートも
早々に 息切れ
(後場に マイナス圏に転落)

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

今日は、時間が足りなく
トレードの振り返りは 割愛します…


日経平均は 57円高で前引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約360円安

決算通過で 買い長の両建てに
転換している 海運3兄弟が 続落
これが 資産に悪影響


日経平均は 105円安で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約400円安
(円貨資産 約410円安
       外貨資産 約10円高)

指数増減率との比較では
日経平均が -0.33%
TOPIX -1.16%
グロース250 -0.51%

そして
ヨーグモス資産は -0.86%

今日も残念な結果でした


【決算関係】
≪持越し銘柄≫
ダイキン工業  特売りスタートも
  寄り底展開で 陽線
  ただし 朝のリバ後は
  前日終値付近での推移
   (地合いを考えれば 健闘)
  前日比 -0.35%
  単元未満の現物株だから
  特に気にせず 保有継続です

バンダイナムコHD 大きな特売り
  リバも早々に また下落…
  それでも 朝の安値を割り込まず
  後場になって 再度 下げ幅縮小
  形的には 上下に短い髭付き大陽線
  悪くない形だと思いたいです
  寄りでナンピン買いする勇気はなく
  朝の高値付近で ナンピン買い…
  前日比 -6.82%

任天堂  特買いから急伸
  高値圏を上に突き抜ける
  上下に短い髭付き 大陽線
  前日比 +6.09%
  明日以降 残量出尽くしで
  利食いラッシュになるかもですが
  成長期待の現物株で
  そのまま保有継続です

≪ザラ場発表銘柄≫
ENEOS 13時発表
  2Q 減収大減益
 経常益 市場予想比 +15.96%
  通期 上方修正
  発表直後の上下動から
  緩やかな下落
  記事では 通期営業益が
  市場予想に届かず 売られた
  とか言われてますが
  普通に 地合い連動かな?
  発表前比 -2.49%
    (前日比だと -6.85%)
  配当株として
  優秀な位置で買ってる現物株
  なので 動く理由もなく 保有継続

≪引け後発表銘柄≫
花王  3Q  微減収大減益
  経常益 市場予想比 -5.95%
  残念決算ですが
  4Qに対する進捗率は 79.4%
  これは
  市場の期待値が 高過ぎるパターン
  まぁ 下げそうな予感です

富士フィルム 2Q 微増収増益
  経常益 市場予想比 +5.22%
  悪くない決算
  株価も 高過ぎずなので
  上昇期待してもいいですか?

リクルートHD 2Q 微減収増益
  経常益 市場予想比 +2.85%
  好決算ですが
  直近の地合いと連動する
  急伸中なので
  材料出尽くし & 利食い売り
  に、押されそうな雰囲気…

東急  2Q  増収メガ増益
  通期 (経常益)上方修正
  配当予想 17.5円
        (7.5+10円)
  前回予想 15円
       (7.5+7.5円)
  好決算ながら 地味な銘柄で
  大きな動きはなさそう


【外国株部門】
≪トレード≫
 昨晩は、2銘柄取引
 ゴールドETF (買い増し)
 たばこ株 アルトリア
     (ナンピン NISA買い)
詳細は、トレード履歴に記載しました

≪分配金≫  2銘柄
BND : バンガード
    米国トータル債券市場 ETF
  から $12.61 を、受け取り

BNDX :
   インターナショナル債券 ETF
    (除く米国/米ドルヘッジ)
  から $3.47 の、受け取りで

合計 $16.08 でした


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い

 そして
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 22でした)

【7日夜間:外国株】
GLDM :
   SPDR ゴールドミニ ETF
    現物買い 1口@$38.97

MO : アルトリア
  NISA買い 1株@$40.54


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
1847.09米ドル
 (参考レート:150.63円)
         =278,227円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 120.80%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/11/08(水) 23:59:59|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京市場は、利益確定ラッシュ


昨晩のアメリカ市場は 上昇
ダウ 34ドル高 (+0.10%)
ナスダック +0.30%
S&P500 +0.18%

FRBの 金融引き締め政策が
これまで想定したより 長期化しない
との観測が台頭
 (12月 FOMCも利上げ見送りが
    市場参加者の 予想の中で
     圧倒的多数派になりました)

株買いに 勢いをつけたいところですが
直近の 株価急反発からの
利益確定の売りも かなりでており
売り買い拮抗という感じの 一日でした


さて、東京市場
米国株に連動せず 利益確定の売り

まぁ 直近の上昇を考えれば
短期勢などは 利確に動きますよね~

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

本日も 立ち回りの中心は 海運株

特に 川崎汽船…
もはや 買い長の両建てなので
そろそろ 下げ止まって欲しいところ
今日も ナンピン買い 多量

ナンピン空売りも大量ですが
全てデイトレ 利確と損切り 入り乱れ
(トータルは プラス化してますよ)

持ち越し売りポジも 複数 薄利逃げ

日本郵船と 商船三井は
軽いポジ調整といった感じです

両建てになってた カドカワは
売りポジを 処理して(損益相殺)
買いポジのみに 戻します

で、ここまでの確定利益を使って
11月中旬が返済期限の
VIX短期先物を 損益相殺


日経平均が 313円安で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約450円安

後場は、
前場に比べると 手数も落ちて
余力回復策に重点が 移行
(でも あまり回復できなかった…)


日経平均は 436円安で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約450円安
(円貨資産 約610円安
      外貨資産 約160円高)

指数増減率との比較では
日経平均が -1.34%
TOPIX -1.17%
グロース250 +0.01%

そして
ヨーグモス資産は -0.96%


【決算関係】
≪持越し銘柄≫
味の素  巨大な特売りスタートで
  寄り底を期待して 買い増し
  前場は、寄り値付近の動き
  後場は地合いに引きずられるように
  下げ幅拡大となりました
  前日比 -10.21%
  やはり 昨日の 決算先取り急伸が
  いけなかったんですかねぇ~
  前場のうちなら
  薄利逃げの チャンスもあったけど
  明日以降の反発に期待して
  持ち越してみます

≪ザラ場発表銘柄≫
NTT  14時発表
  2Q 微増収減益
  発表後は下げましたが
  急落・暴落などではなくて
  小幅な下げなので 特に心配なし
  発表前比 -0.68%
    (前日比だと -1.13%)
  配当株として優秀なので
  現物株という事もあって 保有継続


≪引け後発表銘柄≫
ダイキン工業 2Q 増収微減益
  経常益 市場予想比 -2.00%
  売上高は中間期として
  過去最高らしいけど
  市場の期待値が高過ぎて
  下げるパターンっぽい…

バンダイナムコHD 2Q 増収減益
  経常益 市場予想比 -2.00%
  通期 (経常益)上方修正
  2期ぶりに過去最高益を目指す
  こちらも 市場の期待値が高過ぎ
  下げそうな気がする…

任天堂  2Q  増収増益
  経常益 市場予想比 +7.39%
  中間期として 過去最高益
  通期 上方修正
  配当予想
    181円 (80+101円)
      (前回予想 147円)
  好決算ながら 通期見通しは
  市場予想を下回ったようです
  アナリスト どんだけ強気なん?


【外国株部門】
≪トレード≫
 昨晩は、たばこ株 アルトリアを
 ナンピン買い(NISA) しました
 詳細は、トレード履歴に記載しました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い

 そして
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 は、ナンピン買いしてから
 通常の 2倍ポジ量を 損益相殺
 で、現金余力の微増


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 48でした)

【6日夜間:外国株】
MO : アルトリア
  NISA買い 1株@$40.60


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
1919.88米ドル
 (参考レート:150.34円)
         =288,634円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 121.85%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/11/07(火) 22:46:03|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三連休明け 東京市場は 爆上げ


週末のアメリカ市場は 上昇

弱めの雇用統計通過で
長期金利が急低下
これによって 株買いの流れ


三連休明けの東京市場も
米国株高と 長期金利の低下を
好感した買いが入って 大幅高!

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

本日も 決算通過銘柄の売買が
かなりのウェイトを占めました
(主に 川崎汽船と 日本郵船)

これに付随した 余力管理のトレードで
確定利益が出た分は

11月上旬が返済期限の
外国債券ETF (ヘッジ有)
を、損益相殺で LC処分
(もちろん 買い直し
   ロールオーバー込みです)

追加で 11月下旬が返済期限の
VIX短期先物も 損益相殺
(これも 一応
    ロールオーバーしてみたよ)

アステラス製薬 買いポジは薄利逃げ
(現物株は、保有継続)

ヤクルト本社
部分利確 + LC処分で
セルフ損益相殺
(ここは、余力回復の意味がこもった
        ポジ圧縮ですね~)


日経平均は 770円高で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約860円高

後場は、手数は減って
ポジ調整というか
減り過ぎた余力の回復策が中心


日経平均は 758円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約860円高
(円貨資産 約920円高
       外貨資産 約60円安)

外貨資産は
ドルベースなら +0.17%
でも 円換算では -0.41%

為替の円高進行が 仇となってます
(日米金利差縮小で 円高です)

指数増減率との比較では
日経平均が +2.37%
TOPIX +1.64%
グロース250 +4.38%
 (マザーズ指数が終わって
   この指数が
   新興市場のベンチマークらしい)

そして
ヨーグモス資産は +1.88%

売りポジ 海運3兄弟は
ダメ決算を経て
売り長の部分両建てから
今では (売り買い均等)完全両建てや
買い長の両建てに なってたりで

今後の地合いが
このまま好調キープで
海運株も 復調の気配となれば
今の 両建て作戦が 成功となるが

残念決算で 浮上しないまま
沈んでゆけば
買いポジが 逆に重しとなって
負の遺産になるので
今後の動きは
対処が難しくなりそうです


【決算関係】
≪持越し銘柄≫
川崎汽船  大きめの特売りから
  後場寄りまで いいところなく下落
  最初のナンピン空売りは
  約定する事なく寄付きはもっと下…
  その後は
  持越し売りポジの利確指値と
  ナンピン買いの繰り返し
   (ナンピン買いのペースが
    早過ぎて 途中から
    買い長の両建てになってます)
  後場になって
  下げ止まりと プチリバは
  同業 日本郵船の 昼休み決算発表
  が、あったからだと思いたい
  大引けを前に
  本日ナンピン買いしまっくった
  買いポジのいくつかを
  デイトレ利確して余力回復しました
  短い下髭の大陰線
   (当分、ダメかもしれません)
  前日比 -11.38%
  途中までは
  売り長の両建てだったので
  一応 勝利でいいんだよね?
  今日は、朝から 何が何でも
  ナンピン空売りで
  ゴリ押しが正解だったか~

KDDI  特買いスタートから 上昇
  終日安定した動きで 上髭大陽線
  前日比 +4.87%
  長期保有の 現物配当株なので
  何も考えずに 保有継続です

カドカワ 大きめの特売りスタートから
  寄り底の動きも 13時頃までは
  似たような位置で小動き
  でも その後 更に下げ幅縮小
  前日比 -2.92%
  下げ予想で 寄りで両建ての空売り
  これが 大失敗でした
  その後 13時からの上昇をみて
  ナンピン買いを入れ
  損失固定化 完全両建てとしました

≪ザラ場発表銘柄≫
日本郵船  12時発表
  2Q  減収メガ減益
  経常益 市場予想比 -2.63%
  通期 (売上・経常益)上方修正
  発表直後の 後場寄りは
  上下に乱高下 (急騰後 急落)
  ただし 早々に下げ止まって反転
  下げ幅縮小して
  発表前の前引け付近
  長めの下髭陰線
  発表前比 -0.16%
  前場の動きが 同業 川崎汽船に
  同調するような下げだったので
  前日比は -5.00%
 前場のうちに 売りポジの部分利確と
  ナンピン買いで 完全両建てに近い
  やや売り長の両建て
  となっていたから
  後場寄り以降 買い出動が
  あまりできなかった事と
 売りポジの損益相殺を パスしたのが
  残念な点でしたね~

≪引け後発表銘柄≫
味の素  2Q  増収微減益
  通期 上方修正
  3期連続の過去最高益を上乗せ
  これは、好決算で
  明日の上跳ねが 期待できそうです


【外国株部門】
≪配当金≫  2銘柄
GIS : ゼネラルミルズ から
    $21.18 を、受け取り

VZ : ベライゾン からは
    $28.63 の、受け取りで

 合計 $49.81 と、なりました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いしてから
 通常の2倍ポジ量を 損益相殺
  (現金余力 やや回復)

 更に
 米国7-10年債ETF (ヘッジ有)
 は、通常の2倍ポジ量を 損益相殺
  (現金余力 やや回復)

 そして
 米国7-10年債ETF(ヘッジ無)
 は、部分薄利逃げ
  (現金余力 微増)


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 64でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
1940.32米ドル
 (参考レート:149.60)
         =290,271円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 123.04%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/11/06(月) 23:59:59|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雇用統計通過


週末のアメリカ市場は 上昇
ダウ 222ドル高 (+0.66%)
ナスダック +1.38%
S&P500+0.94%

雇用統計の結果は
10月非農業部門 +15.0万人
    (市場予想 +18.0万人)
10月 失業率  3.9%
     (市場予想 3.8%)

10月平均時給(前月比) +0.2%
     (市場予想 +0.3%)

10月平均時給(前年同月比)
  +4.1%(市場予想 +4.0%)

他にも
10月 サービス業PMI 50.6
      (市場予想 50.9)
      (前回結果 50.9)

10月 ISM非製造業景況指数
  51.8 (市場予想 53.0)
       (前回結果 53.9)

などなど
雇用状況の緩和や
好調だった サービス業の景況感にも
少しずつ
鈍化の傾向がみられるようになった
この点を受けて 長期金利が急低下

そして 金利の低下が 株高を誘発
と、良い流れを作りました
(まだ 株式投資家は
  景気悪化への危惧は
  ほぼ持ち合わせてないのでしょう)

(債券投資家も もしかすると
  景気後退に備えた債券買いじゃなく
  金利上昇ストップで
     保険的な売りの買戻しか?)

いずれにしても
株と債券 同時上昇は、ひと時の夢…
さて、どちらの動きが 正しいか

米国経済も
ようやく 景気減速局面が訪れそうなら
中期的な 株安
(短期的には
  金利上昇が止まって株高でしょう)

債券のほうは
景気減速や景気後退に陥るなら
長期的な 債券高
(短期的には 債券高も
 中期では FRBが高金利をより長く
   で、再度の債券売りもあるか?)

さて、3連休明けの東京市場ですが
日米金利差縮小で 円高
それでも 日経先物は大きく上昇

これを どのように消化するか?
結構、難しい動きになるかもしれません
信用余力が厳しいので
維持率回復させたいけど
立ち回り下手で 逆に余力が減りそう…


【本日のトレード】
日曜なので なし


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
1940.32米ドル
 (参考レート:150.50円)
         =292,018円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 120.83%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/11/05(日) 12:03:16|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

強い米国株が帰ってきました


昨晩のアメリカ市場は 大幅上昇
ダウ 564ドル高 (+1.70%)
ナスダック +1.78%
S&P500 +1.89%

FOMC通過によって
長期金利が低下した事で
株が買われました

パウエル議長の会見などから
今回の金融引き締めサイクルも
最終盤に差し掛かってきた
という認識が
市場参加者に広まりました

この日発表のあった 経済指標からも
賃金インフレの鈍化を示す結果が
株買い安心感の 一助

9月以降の悪い流れが
一気に 逆回転
ただし あまり浮かれ過ぎると

FRBも 最後の利上げという
『お灸』 を、
据えにくるかもしれないので
浮かれ過ぎずにして欲しいものです

ヨーグモス資産は
体感日経換算で 210円高
(円貨資産 約10円安
       外貨資産 220円高)

円貨資産の変動は
前日売買の 手数料&金利が
概算値から 清算値になっての事

資産変動率は +0.45% でした

米国は、今晩が 雇用統計の発表
ここを 無事に乗り切れば
年末ラリーの号砲がなるかもしれません


【外国株部門】
≪トレード≫
   昨晩は、5トレード
 石油メジャー シェル
      (部分利確 NISA)
 S&P500 3倍ベアETF
       (部分薄利)
 米国債券ETF
       (ナンピン買い)
 製造業コングロマリット
   スリーエム (ナンピン買い)
 たばこ会社  アルトリア
     (ナンピン買い NISA)

詳細は、トレード履歴に記載しました


【本日のトレード】
祝日なので なし

【2日夜間:外国株】
SHEL : シェル
 NISA売り 15株@$68.37
        (△$294.41)

SPXS : Direxion デイリー
    S&P500 べ3倍 ETF
   現物売り 15口@$15.72
          (△$5.80)

BND : バンガード
    米国トータル債券市場 ETF
    現物買い 1口@$69.39

MMM : スリーエム
    現物買い 1株@$91.76

MO : アルトリア
   NISA買い 1株@40.36


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
1940.32米ドル
 (参考レート:150.50円)
         =292,018円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 120.77%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/11/03(金) 17:33:31|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FOMC 無事に通過


昨晩のアメリカ市場は 上昇
ダウ 221ドル高 (+0.67%)
ナスダック +1.64%
S&P500 +1.05%

FOMC は、
多くの市場参加者の予想通り
利上げ見送りで 通過

その後の パウエル議長会見でも
年内の追加利上げが
『必ず必要』 という発言はなく
今後のデータ次第と

つまり 今年の半ば頃に想定していた
FRBの 利上げ回数を
こなさない可能性がでてきました

これをうけて 気の早い投資家は
『利上げストップ』
(今後の 利上げはない)
を、旗印に 買い出動

慎重派の 投資家たちも
利下げまでは遠い道のりでも
利上げの恐怖は ほぼ無くなった
と、考えている事でしょう


さて、東京市場
米国株高を受けて 上昇
ただし 寄付き後は 安定した動きも
上値追いはせず リバも一服?

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

今日も
決算関係の銘柄への対処が メイン
という事で

こちらの 通常トレードの状況は簡潔に

日経Wブル (全軍利確撤収)
ヤクルト本社
 (ナンピン買いと 利確+微損撤収)
ニチレイ (利確撤収)
売りポジ ネクステージ
      (ナンピン空売り)


日経平均は 352円高で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 280円高

売りポジ 原油ETF は、
  (部分利確 & ナンピン空売り)

11月中旬が返済期限の
外国債券ETF (ヘッジ有)
を、損益相殺で LC処分
 (もちろん 買い直し
    ロールオーバー込みです)


日経平均は 348円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約590円高
(円貨資産 約360円高
      外貨資産 約230円高)

指数増減率との比較では
日経平均が +1.10%
TOPIX +0.51%
マザーズ +3.40%

そして
ヨーグモス資産は +1.33%


【決算関係】
≪持越し銘柄≫
アステラス製薬  大きめな特売り
  これは仕方がないと覚悟して
  信用で 打診買いしてみます
  寄り後のプチリバから
  緩やかな下落で 寄り値割れ
  ただし 10時過ぎで底打ちして
  今度は、緩やかに下げ幅縮小
  大陽線で 前日比 -4.78%
  長期保有の 現物株は
  まだまだ余裕の含み益だから
  保有継続です
  信用ポジは
  そこそこ上げたら 利確予定

オリックス  特売りスタートから
  なだらかに しかし 終わりなく
  終日下げ続けてました…
  大陰線 前日比 -6.29%

≪ザラ場発表銘柄≫
キッコーマン  11:30発表
  2Q  増収増益
  通期 上方修正
  配当予想 (増配)
     93円 (34+59円)
  前回予想 69円
  前期実績 78円
  引け後発表と認識してたので
  焦りました
  後場 特買いスタートで沸騰
  寄付き後は、当然の利食い売り
  13時過ぎまで 上げ幅縮小も
  そこから復活!
  14時過ぎに 高値更新して
  大引け 高値引けと 強過ぎる動き
  発表前比 +7.43%
    (前日比だと +8.05%)
  成長期待の現物株
  膨大な含み益も まだまだ保有継続

≪引け後発表銘柄≫
川崎汽船  2Q  減収メガ減益
  経常益 市場予想比 +1.04%
  通期 下方修正(売上は上方修正)
  こっちが ザラ場発表と思い
  身構えていたけど 肩透かし…
  減益決算は 想定通り
  でも下方修正は痛いです
  売り長の両建てながら
  本日 決算を警戒して
  ナンピン買いを 押し込んだので
  プチ後悔中です

KDDI  2Q  微増収増益
  経常益 市場予想比 +7.96%
  普通に好決算です

カドカワ  2Q  微増収メガ減益
 経常益 市場予想比 -29.41%
  これは、残念決算
  どれくらい下げるかなぁ


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いして

 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 で、
 外国債券ETF
 米国7-10年債ETF
   (共に 為替ヘッジ無)
 は、部分薄利逃げして
 現金余力の微増とします


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 48でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
970.10米ドル
 (参考レート:150.50円)
         =146,000円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 120.22%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/11/02(木) 23:13:46|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

為替の 円安進行がキツイ


昨晩のアメリカ市場は 上昇
ダウ 123ドル高 (+0.38%)
ナスダック +0.48%
S&P500 +0.65%

FOMCを控えて
持ち高調整の買いがでたようです
ここまで 相場が崩れていたので
売り方の買戻しで ポジ調整をして
FOMCの 結果を待とう
と、いう事らしいです


さて、東京市場
日銀の金融政策決定会合が
市場参加者の想定程
『タカ派』 ではなかったようで
為替の円安が 大いに進行して
株価には 追い風でした

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

今日は、もちろん買い目線
でも 複数持ちの買いポジは
高値のほうを 利確や 損益相殺で
ポジ圧縮しておきます

海運株は、売り長の両建てだから
ナンピン買いを入れて
地合い上昇の デメリットを
軽減させる作戦


そんな中
OLCは、この数日
十分過ぎる上昇となっていたから
利確撤収

損益相殺が はかどります


日経平均は 616円高で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約480円高

後場は、
減り過ぎた余力の 回復に努めます


日経平均が 742円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約590円高
(円貨資産 約430円高
     外貨資産 約160円高)

指数増減率との比較では
日経平均が +2.41%
TOPIX +2.53%
マザーズ -0.97%

そして
ヨーグモス資産は +1.33%


【決算関係】
≪持越し銘柄≫
カルビー  残念ながら
  巨大特売りスタートながら
  これだけの売り圧力だと
  寄り底もあり得るか?
  と、ナンピン買い
  朝の下押しから 11時頃までリバ
  そこからは、緩やかに下落
  上下に長い髭のついた 陽線
  前日比 -7.97%
  ナンピン買い分は 含み益でしたが
  損益相殺の 『タネ切れ』 で、
  確定利益が欲しかったから
  デイトレ利確してから 買い直し
   (ロールオーバー)
  明日以降の復活に期待しましょう…

ニチレイ  こちらも下げスタート
  13時頃まで ダラダラ下げて
  残りの時間で リバ
  下髭陰線で 前日比 -2.26%
  ナンピン買いをするには
  下げ幅か少ないので
  様子見しましょう

JT  こっちは上げスタートから急伸
  10時以降は、安定走行で
  年初来高値の更新でした
  前日比 +4.00%
  配当株として優秀な 現物株で
  売る気もなく 保有継続です

JR東日本 上げスタートから
  利食い売りをこなして
  10時過ぎから 再浮上
  11時以降は安定走行でした
  前日比 +2.10%
  こちらは 成長期待の現物株
  多角化経営が 上手くゆくまで
  保有継続で 見守ります

ANA  上げスタートでしたが
  勢いは長続きせず
  後場に入ると 急速に上げ幅縮小
  前日終値付近の攻防は
  残念でなりません
  前日比 +0.12%
  ようやく復配もした事ですし
  現物株なので
  もう少し様子を見てみましょう

≪ザラ場発表銘柄≫
トヨタ自動車  13:55発表
  増収超メガ増益
 経常益 市場予想比 +17.95%
  通期 上方修正
  自社株買い
     発行済み株式 0.44%
  上限 6000万株 1000億円
  もともと円安進行で
  朝から上昇してましたが
  発表後 上に跳ねます
  ただし 持続性は弱く
  大引けまでには 発表前と近い位置
  発表前比 +0.31%
    (前日比だと +4.71%)
  下で待ってた指値は 役立たず
  長期保有の現物株は
  そのまま保有継続です


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 54でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
920.29米ドル
 (参考レート:151.44円)
         =139,368円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 119.12%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/11/02(木) 00:30:59|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ヨーグモス

オイラの資産増減

マイブログ ランキング

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者

現在の閲覧者数: