fc2ブログ

100%超えたいなぁ~

動く度に資本が減ってゆく『相場の肥やしくん』の奮闘記。巧い方法ありませんかね?

第一難関 なんとかクリア


昨晩のアメリカ市場は 上昇
ダウ 511ドル高 (+1.58%)
ナスダック +1.16%
S&P500 +1.20%

ダウ平均は
6月2日以来の上げ幅だそうです

FOMCと 雇用統計を控えて
直近の地合いが
売られ過ぎとみられており
(利益確定) 売り方の買戻しや
底値を探る 打診的な買いなど

重要イベントを前に
ポジ状態を 中立方向に調整する
そんな動きが現れた一日かもしれません

指数が それぞれ
直近高値から 10%オーバー安の、
『調整局面入り』
と、なった事で 目的達成と考える
短期勢なども
結構、撤収したのかもしれませんね


さて、東京市場
本日は 日銀の金融政策決定会合
結果発表の日
事前報道で YCC (長短金利操作)
に、修正が入るかもしれない
と、報じられており

実際の結果が
長期金利の実質的な上限 1%を
『めど』 として
1%超えも 状況によって容認
これまでのような 絶対防衛ラインは
設定されてないみたいです


【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

この日は、決算銘柄 商船三井および
それに関連して
川崎汽船へのトレードが
かなりのウェイトを占めました
(後場になってからは 特に)

朝のうちは 海運3兄弟に買い
他にも 買い目線で
味の素 (ナンピン買い)
武田薬品
 (信用買いポジ 損益相殺LC処分)
IGポート (売りポジ 部分利確)
ネクステージ
   (売りポジ 部分利確を複数)


日経平均は 47円安で前引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約200円高

後場は、日銀の金融政策決定会合を受け
株価上昇 為替は円安
為替の動きをみると
市場は、もっと強めの正常化を
期待してたようです

で、決算通過の 商船三井は
決算関係の欄に譲るとして
川崎汽船は、どうしたかというと…
初動は ナンピン買い
 (これが失敗だと気がつくのは
    もう少し後になってから)

まだ 売り長の両建てなので
この急落は、良いほうに作用も
ヨーグモスの見立てでは
上昇を前提にした プランニングで
気持ちの切り替えに 時間を要して
あわあわしてから

直近最大の課題に 取りかかります
11月中旬が返済期限の
超ダメ売りポジ
  (推定含み損 約20万円)
の、損益相殺に取りかかりましょう

まずは
必要な確定利益を確保する為 動きます
川崎汽船 買いポジ×4
川崎汽船 売りポジ×2
商船三井 売りポジ×1
ネクステージ 買いポジ×1
ネクステージ 売りポジ×1

合計 10単元を 利確して
やっと目標金額ですわ~

時間もないので 急ぎ気味で
ラスボス級 駄目ポジ
川崎汽船の損益相殺 LC処分を済ませ

確認の本日確定利益 再計算してみると
結構 利益が残ってて

11月上旬が返済期限の
米国7-10年債ETF (ヘッジ有)
も、1ロット 損益相殺で LC処分
 (こっちは、買い直し
    ロールオーバー込みです)


日経平均は 161円高で大引けt成り
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 910円高
(円貨資産 約780円高
      外貨資産 約130円高)

指数増減率との比較では
日経平均が +0.53%
TOPIX +1.01%
マザーズ +1.16%

そして
ヨーグモス資産は +2.07%

海運株は、12月になると
返済期限ラッシュとなるので
かなり厳しい戦いが待っていると思うと
身が引き締まる思いです


【決算関係】
≪持越し銘柄≫
OLC  上げスタートも
  寄り天下落… (好決算だよね?)
  決算勝負で ポジ増やしてたので
  両建ての空売りを入れようか
  迷いましたが
  逆に 下落が止まりそうな時に
  ナンピン買い!
  これが ほぼ底値拾いとなって
  反転攻勢
  10時過ぎには プラス圏に浮上
  プラス圏に浮上する前に
  持越しポジを 部分薄利逃げ
  プラス圏に浮いてから
  残りの持越しポジ 合算で
  薄利撤収できるように 指値セット
  前引け間際に約定
  後場寄りが 本日の高値
  前日比 +2.75%
  今日のナンピン買いだけを残して
  もう少し 様子見してみようかと

≪ザラ場発表銘柄≫
商船三井  2Q  12時発表
  減収メガ減益
  経常益 市場予想比 +1.53%
  通期 上方修正
  配当予想
    190円 (110+80円)
  前回予想
    180円 (110+70円)
  良い決算だと思ったのですが
  市場は 売りで反応…
  売りポジ持ちでも 決算警戒で
  両建ての買いポジを
  大量に抱え込んでしまい 大失敗
  一応、途中で軌道修正の
  ナンピン空売りも混ぜ込みましたが
  決算通過で上昇という
  プラン前提で 動いたので
  悔いが残りました
  発表前比 -6.50%
  前日比だと -5.80%
  発表時 売り長の両建てから
  最終的に売り買い比率 10:10
  イーブンの完全両建てになったけど
  段階を踏んで
  買いポジを増やしたので
  前日より 含み損は減少
   (つまり 実質的な勝利?)

三井物産 2Q 14時発表
  減収減益
  経常益 市場予想比 -9.60%
  通期 上方修正
  自社株買い
    1250万株 (500億円)
  配当予想
     170円 (85+85円)
  前回予想
     150円 (75+75円)
  初動は、上下動から 下方圧力
  でも 増配と 自社株買いパワー?
  ほどなくプラス圏に復活 下髭陽線
  発表前比 +1.40%
  前日比だと +0.78%
  長期保有の 現物株なので
  気にせず 保有継続です

≪引け後発表銘柄≫
カルビー  2Q  増収大増益
  通期 上方修正
  普通に好決算です
  14時ザラ場発表と思って
  噴き上がりを期待してたら肩透かし
  デイトレ勝負が 強制持越しです
  既に 本日 大陽線の上昇なので
  明日の動きが ちょっと心配

ニチレイ  2Q  増収増益
  通期 (経常益)上方修正
  最高益を目指す内容で
  普通に 好決算だと思います

JT  3Q  増収増益
  通期 上方修正
  好決算ではあるけど
  株価が高値年にあるので
  こちらも 利確売りの嵐が心配

JR東日本 2Q 増収超メガ大増益
 経常益 市場予想比 +17.39%
  一足先の決算 JR東海が
  イマイチな動きだったから
  ちょっと 身構えてしまいます

ANA  2Q  増収超メガ大増益
 経常益 市場予想比 +34.03%
  この時点で 通期見通しを達成
  期末一括配 30円
    (5期ぶりの復配)
  文句なしの好決算だと思います


【外国株部門】
≪トレード≫
   昨晩は、2トレード
 製造業コングロマリット
   スリーエム (ナンピン買い)
 通信大手 ベライゾン
          (ナンピン買い)
詳細は、トレード履歴に記載しました


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 54でした)

【30日夜間:外国株】
MMM : スリーエム
    現物買い 1株@$88.79

VZ : ベライゾン
    現物買い 1株@$34.58


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
920.29米ドル
 (参考レート:150.21円)
         =138,236円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 117.55%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

スポンサーサイト



テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/10/31(火) 23:26:39|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地合いは、上げたり下げたり 落ち着きません


週末のアメリカ市場は 高安まちまち
とはいっても
ナスダックが 自律反発
 (アマゾンの好決算という
     材料はありましたけどね)
って、感じで 力強さは感じられません


そんな中で
中東情勢も イスラエル軍の
地上軍戦力投入拡大という 一報もあり
リスクオフ状態が強まります

奇しくも
日銀の 金融政策決定会合も
本日~明日の開催で
一部に政策修正 (YCCの上限変更)
を、囃して
長期金利の上昇を見込む動き


さて、週明けの東京市場
やはり 中東情勢と 長期金利の上昇が
足枷となって 残念な動きでした

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

本日は 売り目線でスタート
IGポート に、ナンピン空売り

海運株は 商船三井と 川崎汽船
ナンピン空売りと 買いポジの部分利確
で、やや下落耐性をつけたつもりが
海運株は 今日も元気な動きで
途中から 軌道修正に入り
買いポジを 追加

決算銘柄と 海運株(買いポジ)の
利確で 確定利益が かなり貯まって

本日は、損益相殺祭り っす
日経Wベア (11月下旬返済期限)
VIX短期先物
     (11月中旬返済期限)
米国7-10年債ETF (ヘッジ有)
     (11月中旬返済期限)
外国債券ETF (ヘッジ有)
     (11月上旬返済期限)

4銘柄を 処理できました
外国債券ETF
米国7-10年債ETF
の、2銘柄だけ 買い直しの
ロールオーバーをしてあります


日経平均は 382円安で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約240円安

後場は、指値待ちしてた
売り長の 部分両建て ネクステージ
売りポジが ポンポンと約定して
ポジ圧縮
 (でも 前場の出撃で
   建て代金的には 増えてます…)

売りポジ 原油ETFには
ナンピン空売りと
損益相殺に 足りない分の 利確

あとは、ポジ調整程度の
細かな売買


そんなこんなで
日経平均は 294円安で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約440円安
(円貨資産 約300円安
      外貨資産 約140円安)

指数増減率との比較では
日経平均が -0.95%
TOPIX -1.04%
マザーズ -0.17%

そして
ヨーグモス資産は -0.98%


【決算関係】
≪持越し銘柄≫
日清製粉G  巨大特買いで
  ブチ上がり もちろん寄りで利確
  利確値 前日比 +10.85%
  上がり過ぎてしまった為の
  利食い売りをこなし
  9時半過ぎ頃から 浮上
  寄り値を超えてきましたね…
  本日高値が 10時過ぎですが
  その後も 高値キープ
  終値は 前日比 +13.49%
  手放すのが 早かったとはいえ
  十分満足な結果

信越化学  下げスタートも 急伸
  9時半を前に 勢いが止まり
  利食い売り 程なく再浮上開始
  10時半頃から 高値安定走行
  大陽線で復活です
  前日比 +4.39%
  長期保有の 現物株なので
  この程度の動きじゃ動きません
  保有継続です

日立製作所  大きめ特買いから
  上下動も 11時付近から
  動きが安定して 高値キープ
  前日比 +5.75%
  窓を開けた 下髭陽線
  明日以降の動きが安定するか?
  やや疑問が残りますが
  長期保有の現物株
  考えるまでもなく 保有継続です

≪引け後発表銘柄≫
OLC  2Q  大増収メガ増益
  経常益 市場予想比 +1.99%
  通期 上方修正で
  過去最高益を目指します
  配当も 11円 (5+6円)
  と、従来予想より 2円増配
  普通に好決算ですが
  市場の期待値も高く
  実際の動きがどうなるかは
  読めません


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いしました


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 38でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
1044.26米ドル
 (参考レート:149.66円)
         =156,283円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 115.17%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/10/30(月) 23:01:42|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

米国株 ナスダックだけ底打ち反転


金曜日のアメリカ市場は 高安まちまち
ダウ 366ドル安 (-1.12%)
ナスダック +0.38%
S&P500 -0.48%

この日 相場を動かしたのは 中東情勢
長期金利は、あまり動かなかったので
ナスダックが 自律反発的な上昇
(アマゾンの好決算も 相場の支え)

で、中東情勢は
イスラエル軍の発表によると
ガザ地区への地上戦を 『拡大する』
と、伝わって 株価が下落…

ミシガン大学発表の
10月の消費者調査では
1年後の予想インフレ率が +4.2%
と、5月以来の高水準となったようで
FRBの 金融引き締めが
より長引くとの懸念が 強まった事も
相場の重しとなったようです

週明けの東京市場も
イマイチな展開になりそうな
残念な状況が続きそうです
金曜日の上げが 『騙し』『自律反発』
で、片づけられてしまいそうな感じ

いつものように
売り買い・硬軟 織り交ぜて
『荒波相場』 を、
乗りこなしてみたいです


【本日のトレード】
日曜なので なし


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
1044.26米ドル
 (参考レート:150.22円)
         =156,868円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 116.09%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

  1. 2023/10/29(日) 22:29:54|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今度は 二日遅れの更新です

昨晩も 記事の更新が出来ず
遅れての更新となりました

26日(木)の、アメリカ市場は 下落
ダウ 251ドル安 (-0.76%)
ナスダック -1.76%
S&P500 -1.18%

長期金利の上昇 高止まりが
相場に悪影響
中東情勢も 混沌としており
対応が 難しそうですね


さて、東京市場ですが
謎の上昇!?
米国株安でも 上げるのは珍しいですね
解説は、直近の下落からの 自律反発
と、言っており
特段の材料なしで 不可解な動きでした

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

この日の立ち回りは
『売り目線』 でしたが
ナンピン空売り投入じゃなくて
売りポジの 利確指値セットという対応

結果的に これは、あまり約定せず
強い地合いをみて
両建てのポジの 買いを
いくつか利確するという展開に
切り替えます

もちろん 確定利益は
損益相殺に利用するんですけどね
(この日は、
   11月上旬が返済期限の
   VIX短期先物を
   1ロットだけですが…)

打診買いしたばかりの IHIも
薄利逃げで撤収


日経平均は 471円高で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約190円高

今までなら
これだけ強い地合いだと
海運株の上昇で 資産減少でしたが
諸々の 反省を踏まえ
両建ての買いを かなり投入してるので
地合い負けながら 資産増

後場は、
地合いのほうも 高値安定となり
派手に動ける状況でもなく
細かなポジ調整で お茶を濁す展開


日経平均は 389円高で大引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約90円安!?
(円貨資産 約90円高
      外貨資産 約180円安)

指数増減率との比較では
日経平均が +1.27%
TOPIX +1.37%
マザーズ +1.54%

そして
ヨーグモス資産は -0.20%


【決算関係】
≪持越し銘柄≫
武田薬品  巨大特売りスタートも
  ほぼ寄り底 信用で打診買い成功?
  朝のリバから 緩やか売りに押され
  薄利撤収 (こんな事なら
     リバ中で利確しておけば…)
  でも そこが底で また緩やか上昇
  ちょっと高い位置で また買い参戦
   (なんか迷走トレードです)
  前日比 -6.37%
 長期保有の 現物株は余裕の含み益で
  そのまま保有継続です

キヤノン  特売りスタートも
  朝安から 下げ幅縮小
  後場寄りが 本日高値で緩やか下落
  下髭陰線
  前日比 -4.70%
  長期保有の現物株は 余裕の含み益
  売る理由もないので 保有継続です

≪引け後発表銘柄≫
日清製粉G 2Q 増収大増益
  通期 上方修正 これは好決算です
  持越しポジ以外に
  本日 買い増ししてたけど
  余力調整の関係で デイトレ利確は
  勿体なかったなぁ~

信越化学  2Q  減収減益
  経常益 市場予想比 +1.32%
  残念決算にみえるけど
  市場予想を 僅かに超えてる…
  う~ん 評価が難しいですね

日立製作所 2Q 減収増益
 経常益 市場予想比 -22.02%
  こちらは残念決算でした…


【外国株部門】
≪トレード≫
    昨晩は、3トレード
 米国債券ETF (ナンピン買い)
 製造業コングロマリット
   スリーエム (ナンピン買い)
 通信大手  ベライゾン
          (ナンピン買い)
詳細は、トレード履歴に記載しました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪投資信託≫
 以前だしておいた注文が 約定して
 口座残高に反映されたので
 トレード履歴に記載しました
 新興国株式と 米国高配当株の
 2銘柄です
 10月分 定期積み立て 完了

≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いして

 ついでの
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 で、150円突破の円安をみて
 外国債券ETF
 米国7-10年債ETF
   (共に 為替ヘッジ無)
 は、部分薄利逃げして
 現金余力の微増とします


【27日(金)のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 31でした)

【26日夜間:外国株】
BND : バンガード
    米国トータル債券市場 ETF
    現物買い 1口@$68.54

MMM : スリーエム
    現物買い 1株@$88.81

VZ : ベライゾン
    現物買い 1株@$34.31

【投資信託】 ※10月25日注文分※
三菱UFJ:eMAXIS Slim 新興国株式
      5千円買い (NISA)

楽天:米国高配当株式インデックス
      5千円買い (NISA)


≪27日(金)のPF 保有数:終値≫
≪27日(金)の 投資信託≫
≪27日(金)の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪27日(金)の外貨≫
1044.26米ドル
 (参考レート:150.22円)
         =156,868円


≪27日(金)の資産状況≫
投下資本の 116.31%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/10/29(日) 13:15:30|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京市場 昨日の上昇が 消え失せました


昨晩のアメリカ市場は 下落
ダウ 105ドル安 (-0.32%)
ナスダック -2.43%
S&P500 -1.43%

長期金利の高止まりと
ヨーグモスも保有している
アルファベット(グーグル親会社)
の、残念決算などもあり
ナスダックが大幅安…

相場全体を 引き下げてしまいました


さて、東京市場
米国ハイテク株安が 直撃する形で
半導体関連銘柄などが崩れて
日経平均も 暴落してました

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

本日も
海運株をメイントレードしながら
(売りポジ 買いポジ 入り乱れる
   デイトレ&持越しポジを
   利確 + 損益相殺 と、
     手数多い トレードでした)

その反面
バンダイナムコHD ナンピン買い
IHI 新規買い
  (赤字転落の下方修正で
      悪材料出尽くしを
      見込んだ 打診買い)
なども 今後の相場反転への布石として
盛り込みました


日経平均は 667円安で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約700円安

後場も 地合い回復は望めず
厳しい戦いを続けました…

日経平均は 668円安で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約700円安
(円貨資産 約610円安
       外貨資産 約90円安)

円資産が 僅かに後場持ち直しも
外貨資産の変化を 組み込んだ
大引け後資産は 残念な結果

指数増減率との比較では
日経平均が -2.14%
TOPIX -1.34%
マザーズ -2.33%

そして
ヨーグモス資産は -1.56%


【決算関係】
≪引け後発表銘柄≫
武田薬品  2Q  増収メガ減益
 経常益 市場予想比 -81.53%
  通期 下方修正
  これは、開発中の新薬を巡る
減損を計上した事によるものだそうです
  それでも残念決算に違いありません

キヤノン  3Q  増収増益
  経常益 市場予想比 -9.14%
  通期 売り上げのみ下方修正
  こちらも 残念決算みたいです


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い
  (今日は、これだけです!)


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 45でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
1236.84米ドル
 (参考レート:150.54円)
         =186,193円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 116.55%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/10/26(木) 23:59:59|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

好調継続


昨晩のアメリカ市場は 上昇
ダウ 204ドル高 (+0.62%)
ナスダック +0.93%
S&P500 +0.73%

長期金利の動きが 落ち着いた事や
好決算発表銘柄への買いなど
この日は、結構安定的に 動いてました


さて、東京市場
米国株高を受けて 上げスタートから
高値キープも 大引けを前に
上げ幅縮小してました

これは 中国不動産 最大手 碧桂園で
ドル建て債券の利払いが
出来ていない との、ニュースが原因
(恒大集団で、2年前に見た光景が…)

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

本日の立ち回りも
海運株が 主体でした

昨日
割と頑張って 買いを入れてたのが
功を奏しているうえに
今日も 売りポジ (両建てポジ)に
買い出動で 地合いの波に乗りますよ

割と デイトレ利確も絡めて
無理な 戦線拡大はしない方針
(というより 既に 限界攻勢点は
     優に超えてますね…)


日経平均は 404円高で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 400円高

後場も 割と調子よく 利確しながら
ポジ調整も 不満のない感じで
推し進められてますよ

前場に
11月上旬が返済期限の
米国7-10年債ETF (ヘッジ有)
を、損益相殺で LC処分したのに続き
(もちろん 買い直しの
     ロールオーバー込みです)

後場も 確定利益は
11月上旬が返済期限の
外国債券ETF (ヘッジ有)
VIX短期先物ETF
の、損益相殺 LC処分に使います
(ロールオーバーは、
 外国債券ETFのほうだけにします)


日経平均は 207円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約420円高
(円貨資産 約320円高
      外貨資産 約100円高)

指数増減率との比較では
日経平均は +0.67%
TOPIX +0.61%
マザーズ -0.57%

そして
ヨーグモス資産は +0.95%

ここにきて 良い流れが続いてます


【決算関係】
≪持越し銘柄≫
中外製薬  上げスタートから 上昇
  意外な感じでも 気配値段階から
  上方向だったので
  寄付きで ナンピン買い
  そして すぐに全体で 含み益
  ただし ポジ量を戻したいので
  まず デイトレ利確
  次に 持越しポジを 利確&利確
  一番の高値掴みポジだけ
  指値待ちに届かず…
  損益相殺すれば 処分可能でしたが
  全軍撤退するのも どうかと思い
  見守ってみると
  急速に上げ幅縮小 (残念)
  マイ転したのは 一瞬ありましたが
  なんとか プラス引け
  前日比 +0.20%
   (やっぱり 朝のうちに
       全軍撤収が正解だった)


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪投資信託≫
 本日は、
 定期積み立て 第三弾(ラスト)を
 実行いたしました
 これにて10月分も無事 積立完了!
 いつものように 約定して
 口座残高に反映された時
 トレード履歴に記載予定です

≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い

 で、ついでに
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 更に踏み込んで
 外国債券ETF
 米国7-10年債ETF
   (共に 為替ヘッジ無)
 まで 買い増してみました


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 64でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
1236.84米ドル
 (参考レート:149.87円)
         =185,365円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 118.41%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/10/26(木) 01:35:55|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大規模増資しました


昨晩のアメリカ市場は 高安まちまち
ダウ 190ドル安 (-0.585)
ナスダック +0.27%
S&P500 -0.17%

長期金利が 5%を超えて
株価も下げてましたが

そこから長期金利が 下がって
4.8%台にまで 戻った事で
売られ過ぎていた ハイテク株に
買いが入って ナスダックはプラス引け

その分 原油安で 資源株が下げ
ディフェンシブ銘柄も 利益確定の売り

結果的に まだ弱い動きの米国株でした


さて、東京市場
自律反発から 売りが出て失速するも
前場で反転して 下げ幅縮小
後場になって なんとかプラス引け
なんとか 一息つけた感じかな?

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

まずは、タイトル通り 増資しました
昨日の引け後に 50万円入金
さらに 本日も ザラ場中に
現物ETF の、分配金を
郵便為替で受け取るついでに
50万円の入金で 都合100万円増資

今回の目的は 後ろ向きなもので
返済期限が迫ってきた
売りポジ 海運3兄弟の巨大含み損ポジ
これを 全て 損益相殺で
乗り切るのは 不可能だろう…
という思考の元
『引当金』 の、計上をしておこう
そんな 思惑ですよ

まぁ でも そんな時に
海運株が 暴落してるんですけどね~
朝からナンピン空売り参戦してないのが
口惜しいところです

次善の策で 含み損縮小の固定化を
部分両建てを拡大させる ナンピン買い
(そして 売りポジの
 部分薄利逃げ & 損益相殺で 
売り買い比率 均衡化を目指します)

他の立ち回りは
ポジ調整より しっかりしてるけど
時間もないので 割愛です…


日経平均は 170円安で前引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約310円高
(今日は、昼飯
 外食にしようという事で
   前引け前の 資産状況で確認)

帰宅したのは 14時前で
地合いが
ここまで戻っている事に 驚きながら

前場のうちに
海運株に 両建ての ナンピン買いを
可能な範囲ですが 入れてたのを
褒めてあげたいっす!

まぁ 余力は、大規模増資のお蔭で
問題なしですが
いずれ失われるであろう 現金余力を
頼りにしてはいけないと
海運株の 買いポジを中心に
別ポジも 利確して

11月上旬が返済期限の
外国債券ETF (ヘッジ有)
を、損益相殺
(と、その後の 買い直し
   ロールオーバーしてみました)

余った 確定利益で
川崎汽船の 売りポジや 買いポジを
損益相殺で LC処分して ポジ圧縮


日経平均は 62円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約420円高
(円貨資産 約490円高
       外貨資産 約70円安)

もちろん 増資前後の 調整をしてから
比較しておりますよ

指数増減率との比較では
日経平均が +0.20%
TOPIX +0.09%
マザーズ +2.47%

そして
ヨーグモス資産は +0.94%


【決算関係】
≪引け後発表銘柄≫
中外製薬  3Q  微増収減益
  これは、残念決算ですね…
  直近四半期の伸びが良い
  とは、書かれてましたが
  あまり期待しないでおきましょう


【外国株部門】
≪トレード≫
 昨晩は、動きました  6トレード
 製造業コングロマリット
   スリーエム (部分損切り)
 S&P500 3倍ベアETF
         (部分利確)
 通信大手 ベライゾン
        (部分損切り)
 米国債券ETF (ナンピン買い)
 全世界債券ETF (除く米国)
        (ナンピン買い)
 米ドル建て 投資適格社債ETF
        (ナンピン買い)

 詳細は、トレード履歴に記載しました
 株式系の 利確と 損益相殺で
 現金余力を増やして
 債券系に移動する作戦


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪投資信託≫
 以前だしておいた注文が 約定して
 口座残高に反映されたので
 トレード履歴に記載しました
 先進国債券 (定期積み立て)
 新興国債券 (定期積み立て)
 国内債券 5倍ベア
     (スポット銘柄 部分利確)

≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い

 それから
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 ついでに
 外国債券ETF
 米国7-10年債ETF
   (共に ヘッジ無)
 は、含み益に転じてたけど 買い増し


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 38でした)

【23日夜間:外国株】
MMM : スリーエム
現物売り 2口@$86.38
(▼$49.85)

SPXS : Direxion デイリー
   S&P500 ベア3倍 ETF
  現物売り 30口@$16.39
        (△$35.22)

VZ : ベライゾン
   現物売り 10株@$31.41
        (▼$75.20)

BND : バンガード
    米国トータル債券市場 ETF
   現物買い 1口@$68.58

BNDX :
   インターナショナル債券 ETF
    (除く米国/米ドルヘッジ)
   現物買い 1口@$47.64

LQD : iシェアーズ iBoxx
    USD 投資適格社債 ETF
   現物買い 1口@$99.63


【投資信託】
 ※10月20日注文分※
三菱UFJ:eMAXIS Slim 先進国債券
             5千円買い

大和:iFree 新興国債券インデックス
             5千円買い

 ※10月23日注文分※
T&D:日本債券5倍ベア
             3万円売り
     52,493口@5715
            (△735)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
1220.20米ドル
 (参考レート:149.74円)
         =182,712円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 117.29%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/10/25(水) 00:25:59|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まだ 下げ止まりません


週末のアメリカ市場は 続落
なかなか 浮上のきっかけを掴めずに
長期金利の高止まりに
苦しんでいる感じでした

さて、週明けの東京市場
今度の 日銀金融政策決定会合で
イールドカーブ・コントロール
(YCC)
に、修正が入るのでは?
(許容金利の 上限拡大か 撤廃)

という、思惑から 国内長期金利が上昇
金利の上昇が 相場の重しとなるのは
日米ともに 変わりなく
東京市場も 軟調な展開で
安値引けに近い形で
明日の相場にも 悪影響が出るかもです

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

本日の立ち回りは
まず 部分両建てのなっている
海運3兄弟の 含み益買いポジを
少量ですが 圧縮してみます
売りポジ
ネクステージや IGポート 良品計画
にも、ナンピン空売りを投入

ここまでの確定利益を使って
11月上旬が返済期限の 駄目ポジ
米国7-10年債ETF (ヘッジ有)
を、損益相殺で LC処分
(もちろん買い直しの
    ロールオーバ込みです)


日経平均は 252円安で前引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約10円高

良い流れを掴んだかに思えましたが
海運株などが 後場に下げ渋り
パフォーマンスは 伸び悩みます…

そんな中でも
ポジ圧縮しておいた分の余力を使って
中外製薬に 打診買いをしてみたり

海運3兄弟の中で 売り長比率が高めの
日本郵船と 商船三井に
少量だけどナンピン買いを入れてみたり

明日以降の リバを期待してみる
布石を少々 撒いておきますよ


日経平均は 259円安で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約120円安
(円貨資産 約20円安
    外貨資産  約100円安)

指数増減率との比較では
日経平均が -0.83%
TOPIX -0.75%
マザーズ -3.33%

そして
ヨーグモス資産は -0.28%


【外国株部門】
BND : バンガード
    米国トータル債券市場 ETF
から $0.24 還付金がありました
  (今回も 分配金じゃなくて
         還付金だそうです)
  (今回は 対象の口数が減少
   しかも 今まで2回分の還付が
  1回のみだったので 大きく減少)


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪投資信託≫
 スポット銘柄に
 部分売却の注文をだしました
 約定して 口座残高に反映された時
 トレード履歴に記載する予定です

≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い

 更に
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 本日は、更に
 外国債券ETF
 米国7-10年債ETF
   (共に 為替ヘッジ無)
 これらも 2銘柄が
 含み損に転落したので
 ナンピン買いしておきました


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 31でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
479.81米ドル
 (参考レート:149.97円)
         =71,957円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 116.63%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/10/23(月) 23:36:33|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

米国株は底なし沼か


金曜日のアメリカ市場は 下落
ダウ 286ドル安 (-0.86%)
ナスダック -1.53%
S&P500 -1.26%

長期金利の高止まりと
中東情勢の緊迫化に 変化なし

など、引き続きになる増すが
株式市場への 逆風が継続しており
米国株は、続落…
それも 割と大きめな下落ですよ

今は、完全にリスクオフ状態で
無理をしない 安全重視の立ち回りが
広がっており 買い手が少ないですね~


ヨーグモス資産は
前日比 -0.26%

円貨資産も 清算値などを加味して
前日比 体感日経換算で 約40円安
外貨資産 体感日経換算で 約70円安
ヨーグモス資産全体では
体感日経換算で 約110円安でした


【本日のトレード】
日曜なので なし


さて、週明けの東京市場も
下げスタートの可能性が高いですが
これまでのように
朝安後に 下げ幅縮小するという
強い動きを継続できるのか?

それとも 力尽きて
今まで以上に 下落してしまうのか?

分からないので 様子見スタートが
ベターな選択かも知れません


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
479.81米ドル
 (参考レート:149.92円)
         =71,933円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 116.65%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/10/22(日) 19:31:42|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一日遅れの更新です


昨日は、更新が間に合わず
(寝落ちなどが 主な原因)
一日遅れですが金曜日分の更新とします

木曜夜のアメリカ市場は 下落
ダウ 250ドル安 (-0.75%)
ナスダック -0.96%
S&P500 -0.85%

パウエルFRB議長の 講演で
『更なる金融引き締めが
    正当化される可能性がある』
と、発言した事で
金融引き締めの長期化が 懸念されて
長期金利は上昇

ハイテク株など
高PER銘柄は売られました

ただし 好決算を発表した銘柄には
買いも入っており
全面安までには 至りませんが
やはり
中東問題と 高金利の ダブルパンチ
これは、相場の重しになってるようです


さて、東京市場
ナスダック安を受けた
半導体関連銘柄の売りで
それなりの 大きめ下げとなりましたが
でも そこから下げ幅縮小する 動きは
米国株よりも 日本株のほうが
今のところ
低リスクと考えられてるのかな?

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

この日の立ち回りは
売りポジで
薄利逃げできるポジは 逃げ

その分を ナンピン買いにまわして
地合いの回復を 期待します

減らした余力の中から
アサヒG を、打診買いしてみたり

そして
日経Wベアを かなり減らしてる 現状
今度は、
日経Wブルを 打診的に 少量買い

確定利益も そこそこな金額になり
11月上旬が返済期限の
米国7-10年債ETF (ヘッジ有)
を、損益相殺で LC処分
(もちろん 買い直しの
   ロールオーバーまで 込みです)


日経平均は 163円安で前引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約40円高

売りポジ群の下落が クッションとなり
僅かですが資産増

後場は、売りポジ 海運株が
少しずつ 下げ幅縮小の動きとなり
海運3兄弟に(特に川崎汽船は、多め)
部分両建ての買いを 投入

(現物株と 売りポジの)
両建て IGポートは
朝の空売り乗せは 失敗…
で、売り長の両建てにしたくなくて
持越しポジを 利確

で、この確定利益を使って
11月上旬が返済期限の
外国債券ETF (ヘッジ有)
を、損益相殺で LC処分して
買い直しの ロールオーバーしてきます


日経平均は 171円安で大引けとなり
ヨーグモス資産は
体感日経換算で 約250円安
(円貨資産 約150円安
      外貨資産 約100円安)

指数増減率との比較では
日経平均が -0.54%
TOPIX -0.38%
マザーズ -0.34%

そして
ヨーグモス資産は -0.58%

後場は、外貨資産の変動分も
資産残高に組み込むので
残念ながら この日は
資産減少のブースト役になりました…


【外国株部門】
≪トレード≫
 昨晩は 2トレード
 米国債券ETF (ナンピン買い)
 通信大手 ベライゾン
        (ナンピン買い)
 詳細は、トレード履歴に記載しました

≪還付金≫
BND : バンガード
    米国トータル債券市場 ETF
から $1.43 還付金がありました
  (今回も 分配金じゃなくて
         還付金だそうです)
  (毎回 対象の口数が増えており
     その分 受取金が微増です)


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪投資信託≫
 定期積み立て 第二段を実行

 そして
 以前だしておいた注文が 約定して
 口座残高に反映されたので
 トレード履歴に記載しました
 国内債券 5倍ベアで
 注文出した時より
 僅かに含み益拡大してました
   (ホント薄利ですが…)

≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い

 そして
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 は、ナンピン買いしてから
 同量を 損益相殺にて LC処分
 現金余力を
 あまり減らしたくなかったので
 購入単価だけ減らしたい 苦肉の策


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 35でした)

【19日夜間:外国株】
BND : バンガード
    米国トータル債券市場 ETF
    現物買い 1口@$68.28

VZ : ベライゾン
    現物買い 1株@$31.90

【投資信託】 ※10月19日注文分※
T&D:日本債券5倍ベア
            5万円売り
    87,935口@5686
            (△976)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
479.81米ドル
 (参考レート:149.92円)
         =71,933円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 116.95%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/10/21(土) 17:00:11|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

煮詰まった結果 暴落発生


昨晩のアメリカ市場は 大幅下落
ダウ 332ドル安 (-0.98%)
ナスダック -1.62%
S&P500 -1.34%

9月の住宅着工件数が
前月比 +7.0% と、
  (市場予想は +6.8%)
金利上昇によって
住宅ローンなども上昇している
ハズなのに 強い住宅市場が

FRBの、金融政策
『高金利状態を 長期間』
このスローガンが
市場の想定よりも 長引く事への懸念が
顕在化しております

中東情勢も
バイデン大統領の イスラエル訪問中に
ガザの病院で 爆発があり
ハマス イスラエル 両陣営ともに
相手方を非難するなど
混迷化が深まっている事も 相場の重し


さて、東京市場
米国市場で ハイテク株が下落した事で
(これは、金利上昇を嫌った下げ)
半導体関連銘柄を中心に 下落

リバの気配なく 終日軟調な展開でした

米国10年債利回りは 5.00%目前
為替 ドル円も 150円台が射程圏

もしかすると 同時に突破する
仕掛けが入るかもしれませんよ…

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

本日の立ち回りも
海運株 (特に川崎汽船)
ナンピン空売りを中心に
組み立てましたが (イマイチ…)

それでも 利確と 損益相殺を
織り交ぜて デイトレ分は
ほぼ 『トントン』 で抑え込めました

持越しポジは
そこそこの利確に 安値売りポジが
損益相殺可能な位置きており
LC処分が 出来ました

10月下旬が返済期限の
外国債券ETF (ヘッジ有)
を、損益相殺で LC処分して
ようやく 10月返済期限の 駄目ポジ
全ての清算が終わりました
(ヤレヤレだぜ!)

でも 11月返済期限の 駄目ポジも
かなりの数 待ち構えてるので
明日以降も
損益相殺に奔走する事でしょう


日経平均は 595円安で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約130円安

後場には両建て IGポートの売りポジ
前場の 売り建てと入れ替える形で
持越しポジを 利確
(前場は含み損なポジを 利確したので
       良い形の入れ替えです)

海運株は、後場に
やや持ち直しそうな動きだったので
小さな 含み損益ポジを
いくつか処理して ナンピン買いを投入

それでも 全体でポジ圧縮になっており
浮かせた余力で
OLCを、ナンピン買いしておきました
(これも いつの間にか
 含み損が かなり拡大してました…)


日経平均は 611円安で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約170円安
(円貨資産 約180円安
       外貨資産 約10円高)

指数増減率との比較では
日経平均が -1.65%
TOPIX -1.11%
マザーズ -1.62%

そして
ヨーグモス資産は -0.38%

今日は、暴落地合いの中
売りポジ群が クッション役として
機能してくれました

今週2度目の
日経平均 500円オーバーの下落も
許容できる程度のダメージに
抑え込めました


【外国株部門】
≪トレード≫
 昨晩は、1トレード
 通信大手 ベライゾンに
 ナンピン買いを入れました
 詳細は、トレード履歴に記載しました

 で、実は昨日の記事に記載忘れ
 それは 一昨日も ベライゾンに
 ナンピン買いをしてましたので
 これも合わせて トレード履歴に記載

≪還付金≫
BND : バンガード
    米国トータル債券市場 ETF
から $1.10 還付金がありました
  (今回も 分配金じゃなくて
         還付金だそうです)
  (毎回 対象の口数が増えており
     その分 受取金が微増です)


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪投資信託≫
 本日は、
 スポット銘柄に 部分利確(予定)
 の、売り注文をだしました
 今日 やっと僅かな含み益に
 なったばかりの銘柄で
 もしかすると
 決済時には微損の可能性もありますが
 現金余力が欲しいので 動きました
 約定して 口座残高に反映された時
 トレード履歴に記載予定です

≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いして

 ついでに
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしておきました

 金利上昇が止まりませんね…


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 50でした)

【17日夜間:外国株】
VZ : ベライゾン
現物買い 1株@$31.44

【18日夜間:外国株】
VZ : ベライゾン
現物買い 1株@$31.07


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
580.23米ドル
 (参考レート:149.90円)
         =86,976円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 117.64%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/10/19(木) 22:05:29|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相場の動きが 煮詰まってきたような気がする


昨晩のアメリカ市場は 高安まちまち
ダウ 13ドル高 (+0.04%)
ナスダック -0.25%
S&P500 -0.01%

9月の 米国小売売上高が
前月比 +0.7%
   (市場予想は +0.3%)
と、米国経済の 底堅さが
改めて浮き彫りになり
長期金利は 上昇

ナスダックは、寄付きこそ 大幅下落も
リバ 一時は プラテンする勢い…
結局 3指数とも 終値は小動き

中東情勢も 先が読めませんし
方向感のない動きじゃなく
上か下 どちらに飛ぶか分からないけど
今はエネルギーを溜めてる時期なのか?


さて、東京市場
朝安から 盛り返して
後場は、プラス圏に浮上する時もあって
そこまで悪くない動きでした

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

本日の立ち回りも
超売り長の両建て 海運3兄弟がメイン

相変わらず 川崎汽船の動きには
翻弄されて 買いポジ 売りポジともに
逆方向に動きがち…

いつものように
利確出来るポジを 適時放出して
ポジ量と確定損益の コントロール


日経平均は 66円安で前引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約380円(暫定値)

暫定値なのは
お昼を外食にしようという事になって
前引けを待たずに
出かけてしまったので 確定値は不明
出発直前の 数値を 概算値としました

売りポジ群の 軟調さで 資産増ですね

帰宅してからは
地合いの盛り返し具合をみて
売りポジから 利確出来るポジを
ある程度 手放して
両建ての買いを増やす動き


日経平均は 1円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約210円高
(円貨資産 約170円高
        外貨資産 40円高)

指数増減率との比較では
日経平均が +0.01%
TOPIX +0.14%
マザーズ +0.96%

そして
ヨーグモス資産は +0.68%


【外国株部門】
≪還付金≫
BND : バンガード
    米国トータル債券市場 ETF
から $0.65 還付金がありました
  (今回も 分配金じゃなくて
         還付金だそうです)


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い

 さらに追加で
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしておきました


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 33でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
610.02米ドル
 (参考レート:149.72円)
         =91,332円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 118.09%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/10/18(水) 23:53:20|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

反動高でしょうか


昨晩のアメリカ市場は 大幅上昇
ダウ 314ドル高 (+0.93%)
ナスダック +1.20%
S&P500 +1.06%

バイデン大統領が
イスラエル訪問するらしい
との報道で 中東情勢の軟化を期待して
株価上昇

他にも 好決算を発表する企業が多く
米国経済の底堅さを背景とした
株買いも 十分機能しております

長期金利と 原油相場の 高止まりは
懸念材料として残ってますが

11月の FOMCで
利上げ見送りを 予想する確率が
高まってます


さて、東京市場
朝が かなり高かったものの
次第に利食い売りに押され気味となって
普通の上昇くらいに 落ち着きました

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

今日のトレードは、
売り長の 部分両建て 海運3兄弟
(特に 川崎汽船)
が、取引のメインでした

昨日とは一転
売り 買いの タイミングがかみ合わず
損切りしたくないので
ナンピン買いと ナンピン空売りの応酬

他も ポチポチ取引してたけど
朝の好地合いの時に
買いポジに ナンピン買いを入れ
早い段階で
デイトレ利確しておいたのは
後から振り返れば 見事!

これを
含み損で 抱え込まなくて済んだのは
非常に 助かりました


日経平均は 285円高で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 110円高

後場は、広げた風呂敷の畳み方
海運3兄弟は 利確出来るもの優先で
切り離してから
損益相殺を駆使して
納得できる 維持率にまで
無理やりの 引き上げ


日経平均は 381円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 90円高
(円貨資産 約20円高
       外貨資産 約70円高)

指数増減率との比較では
日経平均が +1.20%
TOPIX +0.82%
マザーズ +0.96%

そして
ヨーグモス資産は +0.21%

海運3兄弟に 元気がなかった事が
ヨーグモス的には 救われた要因です


【外国株部門】
≪還付金≫
BND : バンガード
    米国トータル債券市場 ETF
から $0.56 還付金がありました
  (今回も 分配金じゃなくて
         還付金だそうです)


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い

 それと並行して
 外国債券ETF (ヘッジ無)
 を、部分利確して 資金スライドです


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 45でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
640.51米ドル
 (参考レート:149.62円)
         =95,833円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 117.53%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/10/17(火) 23:59:59|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中東情勢の緊迫化で リスクオフ


週末のアメリカ市場は
ダウ平均こそ 小幅高でしたが
ハイテク株主体の 
ナスダックは、大幅安


さて、週明けの東京市場は
休みの間に 中東情勢が緊迫化
イスラエルの 地上戦突入が
時間の問題と 報じられて
一気に リスクオフの流れが出来上がり
大幅安でした

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

時間がないので
細かな立ち回りは ほぼ省略します
手数多いのが 決算持越し銘柄で
それは 決算関係の欄に 記載します

確定利益も 多めに出来たので
損益相殺が はかどります

外国債券ETF
米国7-10年債ETF
  (共に 為替ヘッジ有)
さらに追加で
日経Wベアと VIX短期先物も
LC処分してから
買い直しで ロールオーバー


日経平均は 529円安で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約190円安

売り長の両建て
海運3兄弟が 下げてくれたのが
抑制効果となりました

後場は
余力回復の ポジ圧縮で益出し
そしてまた
10月下旬が返済期限ポジの
損益相殺に 充当させました


日経平均は 656円安で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約310円安
(円貨資産 約320円安
       外貨資産 約10円安)

指数増減率との比較では
日経平均が -2.03%
TOPIX -1.53%
マザーズ -3.36%

そして
ヨーグモス資産は -0.71%


【決算関係】
≪持越し銘柄≫
IGポート  大きめの特買いスタート
  決算を警戒した部分両建ての空売り
  いらなかったですわ~
  で、寄付き後の動きをみて
  ナンピン空売りの 指値をセットも
  約定せぬまま 上げ幅縮小です
  前日比 +2.35%
  現物株は、長期保有目的で
  利確する気もないし
  含み損となった売りポジは、持越し

良品計画  かなり大きめの特買い
  売りポジ持越しには厳しい展開も
  部分両建ての買いを 投入
  寄付き後も 噴き上がったので
  買いポジの段階的な利確と
  ナンピン空売りで
    (売りポジも 一部
       デイトレ利確してます)
  かなりの確定利益を確保できました
  前日比 +8.91%
  売りポジ持ちなので トータルでは
  結構な負けとなりますね…

IDOM   ここも特買いスタート
  普通に 買いポジ持越しなので
  段階的な利確指値が 次々約定
  ここまで噴き上がると
  思わなかったので
  指値セットは
  もっと高い位置に置くべきでした
  ザラ場中に全ポジ決済で
  利確平均値 前日比 +8.84%
   (終値は +15.87%)


【外国株部門】
≪還付金≫
BND : バンガード
    米国トータル債券市場 ETF
から $0.50 還付金がありました
  (分配金じゃなくて
         還付金だそうです)


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い

 更に
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしてます

 そして
 外国債券ETF
 米国7-10年債ETF
  (共に 為替ヘッジ無)
 を、部分薄利逃げして
 僅かですが 現金余力の回復です


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 53でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
636.64米ドル
 (参考レート:149.43円)
         =95,133円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 117.28%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/10/17(火) 01:20:23|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中東情勢緊迫化 米国企業決算発表本格化


昨晩のアメリカ市場は 高安まちまち
ダウ 39ドル高 (+0.12%)
ナスダック -1.23%
S&P500 -0.50%

中東情勢は、イスラエルが
地上軍投入のタイミングを計っている
と、伝わって 原油相場が急伸
株式相場の重しとなってます

その一方で
7-9月期 決算発表シーズンの
先陣を 銀行株が切りました

JPモルガン・チェース
シティグループ
ウェルズ・ファーゴ
どれも 市場予想を超える
好決算だったようで
相場を下支えしたようです

原油相場の動きが
長期金利の上昇を 呼び込んだのか?
それとも 中東動乱で
米国債が買われ 価格上昇していたので
利食い売りとなったのか?

とにかく 一連の金利低下も
この辺りで 一旦落ち着きそう
(ただし 中東で実際に
  地上戦が始まれば
  また 状況が変わるのでしょうね)

『有事の金』 として
ゴールド相場も ここにきて急伸

今後の相場は
押し目買いポイント探りをするのか?
リスク・オフを 検討すべきなのか?

まだ判断がつかない ヨーグモスです


ヨーグモス資産は
前日比 +0.07%


【外国株部門】
≪トレード≫
 昨晩は 3トレード
 製造業 コングロマリット
   スリーエム (部分損切り)

 S&P500 3倍ベアETF
        (部分利確)
   (スリーエムと ほぼ損益相殺)

 食品株 ペプシコ (買い増し)

詳細は、トレード履歴に記載しました


【本日のトレード】
土曜なので なし

【13日夜間:外国株】
MMM : スリーエム
    現物売り 1株@$88.96
        (▼$22.36)

SPXS : 
   現物売り 10口@$15.28
         (△$0.70)

PEP : ペプシコ
   現物買い 1株@$159.12


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
636.08米ドル
 (参考レート:149.67円)
         =95,202円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 118.21%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/10/14(土) 23:00:32|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は、駄目な日ですか


昨晩のアメリカ市場は 上昇
ダウ 65ドル高 (+0.19%)
ナスダック +0.71%
S&P500 +0.43%

9月の CPI(消費者物価指数)は
市場予想を超えてきましたが
前月比だと
伸び率の鈍化か 一致と、
追加利上げの 必要性を訴求するには
弱い結果でした

これを受けて 長期金利は やや下げ
株式相場に対して
幾分の 買い安心感を与えました


さて、東京市場
マイナス圏滞在時間が かなり長いけど
大崩れしてないし
直近の戻りが大きく 利食い売りかな

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

時間がないので 簡単記述とします

本日も
川崎汽船が メイントレード
買いポジ 売りポジ 入り乱れ
利確メインだけど
損益相殺も絡めて 忙しい取引


日経平均は 137円高で前引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約470円安!?

超売り長の両建て 海運3兄弟も
そこまで 暴れてないのに…

後場も、川崎汽船が メインで
ここまでで 残っている確定利益で
10月下旬が返済期限の 駄目ポジ
外国債券ETF (ヘッジ有)
を、損益相殺
 (もちろん 買い直し
    ロールオーバー込みです)


日経平均は 178円高で大引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約610円安
(円貨資産 約550円安
       外貨資産 約60円安)

指数増減率との比較では
日経平均が -0.55%
TOPIX -1.44%
マザーズ -3.58%

そして
ヨーグモス資産は -1.36%

大幅な資産減少は
TOPIXをみても分かるように
バリュー系の銘柄が
今日は売られたみたいで
多くの 現物株が 1~2%程度
軒並み下がってて
暴落は無くても 全体安で
思った以上に
ヨーグモス資産が削られました


【決算関係】
≪持越し銘柄≫
7&i HD  残念ながら
   少し大きめの 特売りスタート
   寄付き後は 11時前まで
   緩やかに下落してから
   いくらか戻して
   下髭(やや大きめな)陰線
   前日比 -4.88%
   現物は、この程度で動じないほど
   余裕の含み益で 保有継続です
   信用で 打診買いしようかとも
   思いましたが
 余力を使いたくなかったので スルー

≪引け後発表銘柄≫
IGポート 1Q 減収大増益
 経常益 市場予想比 +63.92%
   現物持ちで 保険的に
   部分両建ての空売りを
 引けで入れたのが 裏目のパターン?

良品計画 4Q 増収減益
 経常益 市場予想比 +12.16%
   今期見通し 増収大増益
 これは、好決算です(今期見通しが)
   安値現物持ちですが
   それを 遥かに上回るだけの
   売りポジ保有で
   週明けは、鬱展開ですか…

IDOM 2Q 減収大減益
 経常益 市場予想比 +23.53%
   減益決算でも 市場予想超え
 多少は、期待してもいのでしょうか?
   やや楽観的かなぁ


【外国株部門】
≪トレード≫
 昨晩は、通信大手 ベライゾンを
 ナンピン買いしておきました
 詳細は、トレード履歴に記載しました

≪還付金≫
BND : バンガード
    米国トータル債券市場 ETF
    から $0.34 が
    還付されたようです
 (分配金じゃなく 還付金だし
  対象の保有量も 中途半端な量で
  意味不明ですが
  くれるものは もらっておきます)


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い
  (今日も、これだけです)


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 39でした)

【12日夜間:外国株】
VZ : ベライゾン
    現物買い 1株@$30.90


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
558.58米ドル
 (参考レート:149.67円)
         =83,602円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 118.12%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/10/13(金) 23:59:59|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

調子が戻ってきましたよ


昨晩のアメリカ市場は 上昇
ダウ 65ドル高 (+0.19%)
ナスダック +0.71%
S&P500 +0.43%

9月の PPI 卸売物価指数は
市場予想を上回りましたが
前月よりは 伸び率低下で
11月の FOMCで 利上げ見送りを
期待する 市場参加者が増え
株買いに繋がったようです


さて、東京市場
米国長期金利の 落ち着きもあって
朝から 噴き上げて そのまま安定走行

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

今日は、川崎汽船が メイントレード
ここ二日間の反省から
買いで入っても 空売り入れても
逆に動いた時は 両建ての逆ポジを投入
そのうち 順張りポジを 追加して
整える感じ?

基本的には どんな動きになっても
利確するのが 目標で
細かく 益出しして 忙しい割に
実りは少ない 一日です


日経平均は 386円高で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約530円高

今日も 好地合いに
売りポジ 海運3兄弟の 軟調な動きで
大幅資産増

後場は、ポジ圧縮に努めるため
損益相殺も 駆使して
川崎汽船の ポジ量を 前場比で減らす
それが 目標でしたが 持越しポジは
空売り 買いポジ 合わせて
前日よりも 増加しております…
(その分 別銘柄のほうで
    ポジ圧縮をしておきました)

残った確定利益は
10月下旬が返済期限の 駄目ポジ
外国債券ETF (ヘッジ有)
を、損益相殺で LC処分


日経平均は 558円高で大引け止まり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約600円高
(円資産 約540円高
    外貨資産 +60%)

指数増減率との比較では
日経平均が +1.75%
TOPIX +1.50
マザーズ +1.31%

そして
ヨーグモス資産は +1.37%


【決算関係】
≪持越し銘柄≫
東宝  残念ながら 特売りスタート
   寄り底の可能性も考えたけど
  川崎汽船で 忙しかったので見送り
   すると リバ (と、再下落)
   9時半過ぎの 上昇で
   10時以降は、安定の動き
   寄り底で 大きめの陽線でした
   前日比 -1.07%
   長期保有の現物株には
   特に問題のない動きで 保有継続

≪引け後発表銘柄≫
7&i HD  2Q  微減収大減益
  経常益 市場予想比 +2.53%
   大減益の原因は
   そごう・西武 売却に絡んだ
   損失計上のせいらしいです
   ちょっと焦りましたが
  原因は明白で それなら大丈夫かな


【外国株部門】
≪配当金≫
 MO : アルトリア  から
  $97.03 を、受け取りました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い
 その後 通常の2倍ポジ量を
 損益相殺で LC処分
  (もちろん 損益相殺の範囲内)
 今日は、これだけでした


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 58でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
589.13米ドル
 (参考レート:149.18円)
         =87,886円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 119.76%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/10/12(木) 23:22:29|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

命拾い


昨晩のアメリカ市場は 上昇
ダウ 134ドル高 (+0.40%)
ナスダック +0.58%
S&P500 +0.52%

中東問題も 一応、念頭にあるのか?
FRB高官たちの 講演などで
これ以上の利上げは、不要かもしれない
という発言が いくつかあったようです

長期金利の 高止まりが
追加の金融引き締めと 同じ効果を
生んでいるという 論調です

実際のところ
今回の利上げ劇は、初動の遅れから
通常の 3倍利上げを連発しまくりで
現状は引き締めし過ぎの懸念も考慮して
様子見 (利上げのスキップ) も、
随時 取り入れながら
金融政策の手綱を 操る段階でしょう
(悪くない判断です)

でも、9月の CPI
消費者物価指数の結果をみないと
最終的に 11月の FOMCを
どうするべきか?
という判断は出来ないでしょう


さて、東京市場
本日は、大幅高ではありませんが
割と 安定した動きで プラス圏

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

朝の立ち回りは 買い目線
海運3兄弟に
追加の 両建て 買い増しを注入

特に 川崎汽船は 下げがきついトコに
複数の買いを投入

良好地合いながら
昨日の 暴騰から 利食い売りが優勢?
(寄りは、
   ナンピン空売りが正解でした)

それでも 好地合いの流れで
ヤマハ (利確撤収)
味の素 (高値掴みポジ 利確)

両建て ネクステージ
  (売りポジ 買いポジとも
          部分利確あり)


日経平均は 170円高で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約760円高

立ち回りの失敗も
 (海運3兄弟に ナンピン買い)
まだ 空売り比率が 圧倒的に高い
両建て 海運3兄弟が 崩落してれば
このパフォーマンスも納得です

で、後場は
積み上げた 確定利益を使って
川崎汽船の 売りポジを 損益相殺で
部分LC処分 (2単元)

空売り直しの ロールオーバーは なし
両建ての ナンピン買いを
ロールオーバーの 代替要員とします

続落期待より リバ想定で
買いポジを 少し増やしておいて
立ち回りの柔軟性を
確保したいという 思惑です


日経平均は 189円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約1050円高
(円貨資産 約950円高
      外貨資産 約100円高)

指数増減率との比較では
日経平均が +0.60%
TOPIX -0.19%
マザーズ -1.22%

そして
ヨーグモス資産は +2.45%

嬉しくないというか 想定外の大躍進で
戸惑ってます…

【決算関係】
≪持越し銘柄≫
 Jフロント  特買いスタートから
   急伸するも 朝が天井の
   長い上髭陰線ですか…
   直近軟調地合いで 崩れた分が
   V字回復と考えれば
   今後、緩やかでも上昇してゆけば
   (ちょっと 無理そうか?)
   前日比 +0.49%
   寄付きで 信用買いと
   噴き上がった時の 含み益固定化
   空売り指値セットも
   そこまで届かず
   朝のうちに 薄利逃げして 正解
  長期保有の現物株は まだ保有継続

≪引け後発表銘柄≫
 東宝  2Q  増収微増益
  経常益 市場予想比 +2.10%
  通期 上方修正
  このパターンは Jフロントで
  見たような気がしますが
  地合い連動で 下げたまま
  戻り切れてないので 期待出来そう


【外国株部門】
≪分配金≫
 LQD : iシェアーズ iBoxx
    USD 投資適格社債 ETF
から $7.28 を、受け取りました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いして

 ついでに
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 もナンピン買い

 更に きょうも
 米国7-10年債ETF (ヘッジ無)
 まで 買い増しておきました


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 43でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
588.79米ドル
 (参考レート:148.88円)
         =87,659円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 118.14%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/10/11(水) 23:59:59|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京市場は 謎の猛反発


昨晩のアメリカ市場は 上昇
ダウ 197ドル高 (+0.59%)
ナスダック +0.39%
S&P500 +0.63%

初動は、中東動乱で 下げスタートも
リスクを嫌って 資金が
株式から 債券(と、ゴールド)に避難
=(長期金利が低下)

FRBも 11月 FOMCで
利上げを見送るかもしれないとして
市場の 金利見通しも 現状維持派が
勢いを増してきました

で、株式投資家は
『いいとこ取り』 思考で
金利が下がるなら 株買いでしょう?
って、安直に 資金が相場に戻って
終わってみれば そこそこな上昇
なんか 釈然としない動きです


さて、三連休明けの 東京市場
まさかまさかの 猛反発!?
日経平均は
今年最大の上げ幅だそうです

やはり
米国の長期金利低下が 呼び水
(でも それでいいの?)

中東リスクを軽く見過ぎな気もしますが
今後の展開は、どうなるでしょう…

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

朝の立ち回りは 『買い目線』
と、いっても

売りポジ 海運3兄弟に
部分両建ての買いを 少々

買いポジ群には
高値掴みポジに 利確指値をセットと

積極的な 買いで攻め立てるのではなく
対処力法での 買いでしかありません

それにしても 海運株の上昇が凄い
部分両建ての買いは
いくつか利確して 少量を持ち越し

抱え込んだ 確定利益は
外国債券ETF
米国7-10年債ETF
  (共に、為替ヘッジ有)
10月下旬が 返済期限ポジを
損益相殺で LC処分
(もちろん 買い直しの
   ロールオーバーまで 既定路線)


日経平均は 772円高で前引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 約880円安

海運3兄弟の 急伸は
原油高で石油関連株が上がったように
中東リスクで
賃料が上昇したからかな?

なかなかに 厳しい戦いです

後場は、余力回復もあって
ニチレイ 利確撤収
アサヒGは、
 (含み益・含み損 合算しての利確)

日経Wブルは、全ポジ利確して
可能な範囲で
日経Wベアの 損益相殺に充てます

今日の上昇相場には
違和感ありありの ヨーグモスでした


日経平均は 751円高で大引けとなり
ヨーグモス資産が
体感日経換算で 880円安
(円貨資産 約920円安
       外貨資産 約40円高)

指数増減率との比較では
日経平均が +2.43%
TOPIX +2.12%
マザーズ +0.97%

そして
ヨーグモス資産は -2.03%
大ダメージを受けて 低迷中です


【決算関係】
≪引け後発表銘柄≫
 Jフロント 2Q 増収増益
  経常益 市場予想比 +1.09%
  通期 上方修正
  インバウンド効果で 業績改善
  良い決算です


【外国株部門】
≪トレード≫
 昨晩は、米国債券ETFを
 ナンピン買い
  (円換算では 含み益なので
  買い増し という事になりますか)

≪分配金≫  2銘柄
 BND : バンガード
    米国トータル債券市場 ETF
  から $11.00 を、受け取り

 BNDX :
   インターナショナル債券 ETF
     (除く米国/米ドルヘッジ)
  より $3.21 の、受け取りで

 合計 $14.21 と、なりました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い

 それから
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 更についでに
 外国債券ETF (ヘッジ無)
 も、円高で 価格低下してたので
 買い増し

 同様の理由で
 米国7-10年債ETF(ヘッジ無)
 まで 買い増しておきました


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 64でした)

【9日夜間:外国株】
BND : バンガード
    米国トータル債券市場 ETF
   現物買い 1口@$69.27


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
487.77米ドル
 (参考レート:148.73円)
         =72,546円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 115.30%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/10/10(火) 23:26:13|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三連休最終日 (スポーツの日)


三連休の最終日
いつの間にか 体育の日が
『スポーツの日』 と、
名称変更していた事を 知らずに
数年を過ごしておりました

天候も雨模様で
特にする事もない のんびりとした一日

市場関連では
経済面の 米国雇用統計が
無事に通過して 一安心していたら…

イスラエルと ハマスが 武力衝突
(ハマスとは、
  パレスチナ解放を目指す
    イスラム系 武装組織です)

ハマス側の 大規模奇襲で
これまでの 小競り合いとは 桁違いの
犠牲者が出ており

当然のように イスラエル側も報復攻撃

武力衝突というより
もはや 戦争状態というほうが
当てはまるような感じらしいです

この事態を受けて
米国株先物は 下落
有事の金 (ゴールド相場は上昇)

地政学リスクを嫌って
原油価格も 急反発 と、なってます

ですが アジア市場・欧州市場とも
大きな反応はない感じ?
(あ、欧州市場は 寄付きこそ
  小安い感じでしたが
  その後 急落してるところみたい)

当然、今晩の 米国株にも 影響大
そして 三連休明けの
東京市場も 大荒れ必至かな~



【本日のトレード】
祝日なので なし


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
550.10米ドル
 (参考レート:148.85円)
         =81,882円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 117.69%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/10/09(月) 17:02:59|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雇用統計 無事通過


昨晩のアメリカ市場は 上昇
ダウ 288ドル高 (+0.87%)
ナスダック +1.60%
S&P500 +1.18%

9月の雇用統計は
非農業部門 +33.6万人と
(市場予想 +17.0万人)
大幅な伸びとなりました

長期金利も上昇したので
市場も 売りで反応しましたが

失業率は 3.8%
 (市場予想 3.7%)
これは 8月と 同じ数字

平均時給の伸び率も
前月比 +0.2%
 (市場予想 +0.3%)

前年同期比も +4.2%
 (市場予想 +4.3%)

これらの結果が
インフレの鈍化傾向を 示しており
相場のほうも 冷静さを取り戻しだして

S&P500も
4200ポイントという 節目にせまり
その点でも 自律反発の買いを
呼び込みやすかったのでしょう

東京市場は
月曜が 体育の日で 3連休なので
来週の 米国市場の結果を
確認してからじゃないと
まだ 反発の確信は持てませんが
無事に イベント通過で 一安心です


【外国株部門】
≪トレード≫
   昨晩は、3トレード
 S&P500 3倍ベアETF
         (部分利確)
 ゴールドETF (ナンピン買い)
 通信大手 ベライゾン
        (ナンピン買い)
 詳細は、トレード履歴に記載しました



ヨーグモス資産は
前日比 +0.05%


【本日のトレード】
土曜なので なし


【6日夜間:外国株】
SPXS : Direxion デイリー
   S&P500 ベア3倍 ETF
  現物売り 10口@$15.76
          (△$5.44)

GLDM :
   SPDR ゴールドミニ ETF
   現物買い 1口@$36.35

VZ : ベライゾン
   現物買い 1株@$30.59


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
550.10米ドル
 (参考レート:148.85円)
         =81,882円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 117.69%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/10/07(土) 22:24:58|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地合い関係なしの 資産大減少


昨晩のアメリカ市場は 下落
ダウ 9ドル安 (-0.03%)
ナスダック -0.12%
S&P500 -0.13%

雇用統計を前にして 小動き


さて、東京市場
こちらも やはりというか小動きでした

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

朝の立ち回りですが
売りポジ群
海運3兄弟と ネクステージには
ナンピン空売り

そのかわり
買いポジ ニチレイ ヤクルト本社に
ナンピン買い

と、硬軟両様で臨みます

持越しポジに 指値セットしてた
味の素 OLCは、 早々と約定

その後
売りポジ 良品駅核に ナンピン

更に 売りポジ 原油ETFは
下げてる中で ナンピン空売り

ネクステージには
両建ての買いもあって
ナンピン買いも入れましたが
タイミング悪く
更に 空売り乗せも 駄目なタイミング
余力だけを 無駄に消費してますね


日経平均は 76円安で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約510円安

売りポジ 海運3兄弟が
また 息を吹き返してきており
資産効果に悪影響

後場は、ここまでの確定利益に加え
追加の益出しで 上乗せしてから

外国債券ETF
米国7-10年債ETF
  (共に、為替ヘッジ有)
を、損益相殺で 部分LC処分
もちろん 買い直しの
ロールオーバー込みの立ち回り


日経平均は 80円安で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約740円安
(円貨資産 約740円安
        外貨資産 約0円安)

指数増減率との比較では
日経平均が -0.26%
TOPIX +0.01%
マザーズ +0.12%

そして
ヨーグモス資産は -1.67%
大ダメージ過ぎますわ…


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪投資信託≫
 以前だしておいた注文が 約定して
 口座残高に反映されたから
 トレード履歴に 記載しておきました

 先進国株式と 海外REITです

≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 に、ナンピン買い

 更に
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買い

 ついでに
 外国債券ETF
 米国7-10年債ETF
  (共に、為替ヘッジ無)
 まで、買い増しと

 債券系 4銘柄を 勢揃いで買うのは
 結構珍しい事ですよ


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 44でした)

【投資信託】  ※10月4日注文分※
三菱UFJ:eMAXIS Slim 先進国株式
      5千円買い (NISA)

ニッセイ:ニッセイグローバルリート
      5千円買い (NISA)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
464.34米ドル
 (参考レート:148.85円)
         =69,117円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 117.62%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/10/06(金) 23:08:22|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ようやく下げ止まりですか


昨晩のアメリカ市場は 上昇
ダウ 127ドル高 (+0.39%)
ナスダック +1.35%
S&P500 +0.81%

雇用統計の前哨戦
ADP全米雇用リポートが
非農業部門 前月比 +8.9万人と
市場予想 +16.0万人を
大きく下回りました

これによって
長期金利の動きが落ち着き
株価に好影響となりました

9月の ISM非製造業景況感指数も
53.6 (市場予想は 53.7)
と、8月 (54.5) から
低下したものの
好不況の境目 50を上回ってます

下院議長の解任が
今後の 予算審議に悪影響を与える点が
相場の重しとなる可能性は
気がかりですけど

とりあえず 反発の動きはよい事です


さて、東京市場
米国株高を受けて 6営業日ぶりの反発
直近 大きく下げていたので
この大幅上昇でも
自律反発の範囲内で
片づけられるかもしれませんけど
やっと 一息つけました

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

流石に今日は、買い目線

売りポジ 海運3兄弟の中で
商船三井と 川崎戦には
部分両建ての買いを 少量ですが投入

ヤマハ (新規 打診買い)
ヤクルト本社 (ナンピン買い)

売りポジ ネクステージ
 (部分両建ての買い 複数)
でも これは ミストレードでした
弱い動きをみて
空売り乗せで バランス調整します

売りポジ 良品計画は ナンピン空売り

その後は、色々なポジを 利確
確定利益の一部で 損益相殺しますが
対象物件は
前場の失敗ポジ ネクステージ
部分両建ての買い 一部ですがLC処分
更に 持越しの 安値売りポジも
軽い含み損のヤツを LC処分

あと、10月下旬が返済期限の
駄目ポジ VIX短期先物も
損益相殺で LC処分


日経平均は 359円高で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約580円高

後場も
この調子を維持したいものですが

売りポジ 海運3兄弟も
好地合いを手掛かりに 復調の動き
(これはヨーグモス資産には 足枷…)

判断が遅かったですが
川崎汽船に対し 再度の部分両建て買い
(前場の買いポジはデイトレ利確済み)

後場も
あれこれ指値セットしていたものが
結構約定してくれまして

また 確定利益が
いい感じに貯まったので 損益相殺
今度は、10月下旬が返済期限の
米国7-10年債ETF (ヘッジ有)
を、損益相殺で LC処分
(もちろん 買い直し
   ロールオーバーは、してますよ)

確定利益の 計算ミスで
本当は、外国債券ETF (ヘッジ有)
も、1ロット 損益相殺可能でしたが
このチャンスを 華麗にスルー

今日は、原油相場も 大幅下落で
売りポジ 原油ETFを
前場・後場の 両方で
適時 利益確定できたのも
良かったですわ~


日経平均は 548円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約300円高
(円貨資産 約390円高
       外貨資産 約90円安)

外貨資産は ドルベースで資産増も
為替の円高進行で 円貨資産だと 減少

指数増減率との比較では
日経平均が +1.80%
TOPIX +2.02%
マザーズ +3.34%

そして
ヨーグモス資産は +0.68%


【外国株部門】
≪トレード≫
 昨晩は、3トレード
 米国債券ETF (ナンピン買い)
 製造業コングロマリット
   スリーエム (ナンピン買い)
 通信大手 ベライゾン
        (ナンピン買い)

 詳細は、トレード履歴に記載しました

≪分配金≫
VHT : バンガード
      米国ヘルスケア ETF
 から $6.33 を、受け取り

VIG : バンガード
       米国増配株式 ETF
 より $29.14 の、受け取りで

 合計 $35.47 と、なりました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いして

 ついでに
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしておきました


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 62でした)


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
450.13米ドル
 (参考レート:148.68円)
         =66,925円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 119.62%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/10/05(木) 23:59:59|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京市場 大幅続落


昨晩のアメリカ市場は 大幅下落
ダウ 430ドル安 (ー1.29%)
ナスダック -1.87%
S&P500 -1.37%

8月の
米国雇用動態調査 (JOLTS)
が、非農業部門求人件数 961万件と
市場予想(890万件)を、上回り

いつまでも 弱まらない雇用状況が
長期金利の上昇を招き
(FRBの 金融引き締めが
  高止まり 長期化するとの 予想が
      現実味を帯びるからです)

相対的に 割高感が浮き彫りになる
株式相場には悪影響です
 (利益確定の売りと
  リスク回避の売りの ダブル効果)


さて、東京市場
やはり 米国株安を受け 大幅下落
国内長期金利も 上昇圧力で
これも 株式には、マイナス効果です

加えて この円安
昨晩は 一時 ドル円 150円アタックで
その後に 円急伸
  (147円台までいきました)
これが 政府・日銀の 為替介入か?
と、色めき立つも 『ノーコメント』
実際のところ 小規模介入説と
ヘッジファンドなどの 目的達成利確説
どちらも あり得るから
現状、判断は難しいです

とにかく この円安が
ドル建て日経平均の 下落
 (ほぼ 4月の水準まで
     押し戻されてるようです)
これでは、海外投資家が
離れてしまいますね…

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

朝の立ち回りは 売り目線で
売りポジ 海運3兄弟と ネクステージ
に、ナンピン空売りを投入!
(あ、ネクステージは
  含み益なので 空売り乗せでした)

良品計画は
多めに ナンピン空売りを投入
これは特売りスタートで
首尾は上々

ネクステージは、期待に反して
この地合いでも 上昇してたから
追加の 空売り乗せとします

良品計画は、持越しポジを
利確指値セットしてましたが
割と早い時間帯から 約定

それとは 対照的に
売りポジ 海運3兄弟のほうは
持越しポジの 利確指値は
結構 遅い時間帯に ようやく約定


日経平均は 603円安で前引けとなり
ヨーグモス資産は
体感日経換算で 約150円安

『ヘッジポジ』
日経Wベアと VIX短期先物は
残りポジの多くは 高値掴みばかりで
薄利逃げを 少々しただけ

つまり 本日の ダメージ軽減の多くは
売りポジ群の 働きによるところが
非常に大きいですね

後場も 売りポジ 海運株3兄弟の
利確指値が ポンポンと約定

十分な確定利益が 貯まったので
返済期限の迫った 駄目ポジ
 米国7-10年債ETF
 外国債券ETF
   (共に、為替ヘッジ有)
 VIX短期先物 (3ロット分)
を、損益相殺で LC処分
 (債券系ETFは、買い直し
   当然、ロールオーバーしてます)

地合いの崩れも 極まってきた
と、判断して
日経Wブルに 新規の打診買い

ついでに?
ナスダックETF (ヘッジ有)
にも 小口に打診買いしておきましたよ

いい加減 売り疲れてきただろうと
14時付近になり
個別銘柄に ナンピン買いを発動
(アサヒHD 味の素)


日経平均は 711円安で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約210円安
(円貨資産 約60円安
      外貨資産 約150円安)

指数増減率との比較では
日経平均が -2.28%
TOPIX -2.49%
マザーズ -2.89%

そして
ヨーグモス資産は -0.49%

今日の地合いで
この結果は、上出来ですよ!


【外国株部門】
≪トレード≫
  昨晩は 4トレード
 S&P500 3倍ベアETF
          (部分利確)
 米国債券ETF (ナンピン買い)
 ゴールドETF (ナンピン買い)
 通信大手 ベライゾン
         (ナンピン買い)


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪投資信託≫
 本日は
 定期積み立ての 第一弾を発動
 いつものように 約定して
 口座残高に反映された時、
 トレード履歴に記載予定です

≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い

 ついでに
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしておきます


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 63でした)

【3日夜間:外国株】
SPXS : Direxion デイリー
   S&P500 ベア3倍 ETF
  現物売り 20口@$16.67
         (△$25.00)

BND : バンガード
    米国トータル債券市場 ETF
   現物買い 1口@$68.68

GLDM :
   SPDR ゴールドミニ ETF
   現物買い 1口@$36.18

VZ : ベライゾン
   現物買い 1株@$31.71


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
628.14米ドル
 (参考レート:149.25円)
         =93,749円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 118.81%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/10/04(水) 23:25:51|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海外投資家 東京市場から卒業ですか?


昨晩のアメリカ市場は 高安まちまち
ダウ 74ドル安 (-0.22%)
ナスダック +0.67%
S&P500 +0.01%

長期金利が 高値 4.70%と、
2007年10月以来の水準にまで急伸

相対的に 割高感が意識される
株式の重荷となってます
しかし
一足先に 弱い動きになっていた
ハイテク株には
売られ過ぎの銘柄に 打診買いも入って
ナスダックは 上昇してますね…


さて、東京市場
米国株の動きが 小動きだったのに
大きく下げました
香港株も 大きく下げており

米国長期金利の上昇が
各方面に
影響を出し始めた感じでしょうか?

特に 東京市場は
海外投資家が 割安 日本株を
春以降 買いに動いて
株価を押し上げる
大きな原動力になってたけど

ここにきて 日本株と 米国債で
リスク度合いや 投資妙味を考えて
資金移動でもあったのかもです

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

それでは 朝の立ち回りといきましょう
売りポジ ネクステージは
決算関係の欄に 譲ります

他では 売りポジ 川崎汽船にナンピン

あとは
売りポジ 海運3兄弟に対しての
利確指値が ポンポン約定してました

売りポジ 原油ETFも ナンピン
(ようやく 天井を打った感じ
    と、期待してしまいますよ)

ここまでの 確定利益を使って
10月下旬が返済期限の
米国7-10年債ETF (ヘッジ有)
を、損益相殺で LC処分
 (もちろん 買い直しの
   ロールオーバーもセットです)

次に 10月中旬が返済期限の
外国債券ETF (ヘッジ有)
も、損益相殺 (以下略…

日経Wベアも 薄利逃げや 微損撤収で
少しだけ ポジ圧縮

地合い下げが
やや心配になるレベルになって
味の素 OLC バンナムHD
ヤクルト本社 などに ナンピン買い

更に ニチレイにも 打診買いと
食品・レジャー株など
主力系を外し ディフェンシブ系銘柄に
結構、買いを入れてみましたぞ


日経平均は 393円安で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約50円安

後場は、
やはり 損益相殺の 『餌』 作り

買いポジ群から 含み益のものを
デイトレ利確して 買い直し
(ロールオーバー)

この確定利益で
10月下旬が返済期限の 駄目ポジ
VIX短期先物を 損益相殺で LC

10月返済期限の 駄目ポジは
まだまだ 在庫過多なので
処理スピードを 上げないと
追いつかれてしまいそうです…


日経平均は 521円安で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約270円安
(円貨資産 約230円安
       外貨資産 約40円安)

指数増減率との比較では
日経平均が -1.76%
TOPIX -1.77%
マザーズ -2.52%

そして
ヨーグモス資産は -0.60%

売りポジ群のお蔭で
資産減少幅を抑え込めました


【決算関係】
≪持越し銘柄≫
ネクステージ  特売りスタートを
  寄付きで 空売り乗せ
  (昨日までの含み損が
    一転、寄付きで 含み益に!)
  したものの リバ…
  朝の動きが落ち着けば
  垂れてくるだろうと
  強気に 売り乗せしちゃいますよ~
  実際に リバが終われば
  下げ幅拡大してゆき
  10時前には 寄り値割れ
  そこから 本日安値まで急落
  いくつかの 持越しポジの
  利確逃げ指値も 約定するも
  ストップ安は なし
   (もちろん
      安値売りポジの逃げも
      待機状態のままでしたよ)
  10時以降に 2度目の リバ
  これは、戻り高値が 11図付近で
  13時頃まで 緩やか下落から
  安値叩きにゆくも そこを耐えて
  大引け付近に 下げ幅やや縮小
   (売り方の 利確? 買戻し?)

 前日比 -7.41%
  空売り持越しで 大成功でしたが
  これ 明日も続落はしないかも…
  もっと 利確して
  ポジ圧縮すべきだったか


【外国株部門】
≪トレード≫
 昨晩は 2トレード
 米国債券ETF (ナンピン買い)
 ゴールドETF (ナンピン買い)

 この日の下げで 含み益から
 含み損に転落してしまいました…


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い

 更に
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いです


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 54でした)

BND : バンガード
    米国トータル債券市場 ETF
   現物買い 1口@$69.13

GLDM :
   SPDR ゴールドミニ ETF
   現物買い 1口@$36.34


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
413.36米ドル
 (参考レート:149.93円)
         =61,975円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 119.40%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/10/03(火) 21:48:12|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京市場 前場と後場で 景色が一変


週末金曜日の米国市場は 高安まちまち
ダウ 158ドル安 (-0.47%)
ナスダック +0.14%
S&P500 -0.27%

8月の
米国個人消費支出(PCE)物価指数は
前月比 +0.4%

食品・エネルギーを除く コア指数は
前月比 +0.1%


コア指数の 前年同月比は +3.9%
(市場予想は +3.9%)

7月の結果が +4.3% だったので
順調に インフレが鎮静化していると
市場は安堵

一方、議会における 予算案可決の遅延が
政府機関の一部閉鎖を 予感させて
株価への重荷となっているのは
従来通り…
(これは、土日の協議を経て
 11月までの 繋ぎ予算が成立
 で、一定の 安堵感が得られてます)


さて、週明けの東京市場
7-9月の日銀短観
製造業が +9 (市場予想 +6)
非正常業は +27
       (市場予想 +24)

アメリカの政府機関 一部閉鎖の回避に
好調な結果の 日銀短観
これらの要因が
売られ過ぎの先週からの 
反発を呼び込み 大幅高!

ただし 後場に入ってからは
上げ幅が縮小してゆき
安値引けで マイ転してる… だと?

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

朝の立ち回りは
売りポジに ナンピン空売り
(ネクステージ 川崎汽船 商船三井)

原油ETFにも
最近はペースダウンしてますが
ナンピン空売り…

IDOM (ナンピン買い)

売りポジ ネクステージは
ポジを増やした分 株価の下落で
薄利逃げするように
持越しポジに指値セットして
いい感じに 約定してました

『ヘッジポジ』
日経Wベアと VIX短期先物に
小口の ナンピン買いも注入です

朝の立ち回りを終えてから
売りポジ 日本郵船にも ナンピン

それと入れ替えるような感じで
売りポジ 商船三井と 川崎汽船の
持越しポジを 部分利確撤収して
ポジ量のバランスを取るように
心がけます

その後 売りポジ ネクステージには
部分両建ての買いもいくつか投入
(これは、その後
  利確のタイミングもあったけど
  華麗に スルー
  後場に入って 結局、損益相殺で
  LC処分して 部分両建ては解消
    と、残念な立ち回りでした…)

買いポジ OLC については
高値掴みポジに
薄利逃げの指値セットが やっと約定


日経平均は 448円高で前引けとなり
ヨーグモス資産は
体感日経換算で 約170円安

売りポジ 海運3兄弟
特に 川崎汽船が 元気な動きで
資産減少に大きく作用してました

後場は、部分両建ての ネクステージに
ナンピン空売りを投入して
前場の 部分両建て買いに対しての
損失固定化両建ての意味合いとします

その後 バンダイナムコHD
安値拾いポジのほうを 利確逃げ

ここまでの 確定利益に加えて
売りポジ 川崎汽船に 追加の部分利確

これで
前場の失敗 ネクステージ買いポジを
損益相殺で LC処分

更に 10月中旬が返済期限の
米国7-10年債ETF (ヘッジ有)
を、損益相殺で LC処分
(当然、買い直しの
    ロールオーバーしてますよ)


日経平均は 97円安で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約460円安
(円貨資産 約390円安
       外貨資産 約70円安)

指数増減率との比較では
日経平均が ー0.31%
TOPIX -0.39%
マザーズ -1.73%

そして
ヨーグモス資産は -1.00%


【決算関係】
≪引け後発表銘柄≫
ネクステージ  3Q  増収微減益
  通期 下方修正
  売りポジ持ちには 嬉しい決算です
  でも期末一括配当は 32円を維持
  特売りスタートを希望しま~す


【外国株部門】
≪トレード≫
  週末 金曜日は 4トレード
 S&P500 3倍ベアETF
          (部分薄利)
 中国株ハイテク系ETF
        (ナンピン買い)
 ゴールドETF  (ナンピン買い)
 製造業コングロマリット
   スリーエム  (ナンピン買い)

詳細は、トレード履歴に記載しました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買い

 ついでに
 米国3-7年債ETF (ヘッジ有)
 も、ナンピン買いしておきます


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 40でした)

【9月29日夜間:外国株】
SPXS : Direxion デイリー
   S&P500 ベア3倍 ETF
  現物売り 10口@$15.65
          (△$4.34)

CXSE : ウィズダムツリー
   中国株ニューエコノミー ETF
   現物買い 1口@$29.65

GLDM :
   SPDR ゴールドミニ ETF
   現物買い 1口@$36.76

MMM : スリーエム
   現物買い 1株@$93.80


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
482.18米ドル
 (参考レート:149.77円)
         =72,216円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 120.12%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2023/10/02(月) 21:37:31|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ヨーグモス

オイラの資産増減

マイブログ ランキング

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者

現在の閲覧者数: