fc2ブログ

100%超えたいなぁ~

動く度に資本が減ってゆく『相場の肥やしくん』の奮闘記。巧い方法ありませんかね?

弱い経済指標が 米国株を押し上げた…


昨晩のアメリカ市場は 上昇
ダウ 321ドル高 (+1.05%)
ナスダック +0.90%
S&P500 +1.06%

6月の ISM製造業景況感指数が
53.0 と、前月から -3.1低下
市場予想の 55.0 も、下回り
2020年6月以来
2年ぶりの水準らしいです

弱い経済指標が出たお陰で!?
米国10年債利回りは 低下
約3週間ぶりの 3.0% 割れ…
2.8%台 に、なりました

4-6月期の GDPも
マイナス成長が見込まれており
これが実現すると 1-3月期に続いて
2四半期連続の マイナス成長で

テクニカル的な リセッション
(景気後退) に、認定されるそうです

それでも 長期金利の低下が
株価の上昇を呼び込んで
株価は上昇しましたね~
(ただし
   一時的なリバウンド説が 濃厚)

本来であれば
金相場の下落をみて ゴールドETFを
ナンピン買いしたかったのですが
色々作業している間に
金相場も 復調気味となってしまい
注文出すのを 控えてしまいましたよ

米国相場は
月曜日が 独立記念日で 休場
三連休となるので
週明けの 東京市場も
米国投資家の参戦がなく閑散になりそう

そこで リバ局面での対応だけど
(話題になっていない)
参議院選挙までの 株高想定より
早めの安全策で
今以上の ポジ圧縮が正解か?

浮かせた余力で 国内株じゃなく
米国株や 全世界株式の
指数系ETFを 細かく長い 補給線で
数多く仕込んでおき

『セル・イン・メイ』 の相場格言通り
9月以降の株価復活
そして 年末ラリーで 利益確定する
という プランニングも ありかと…

まぁ 国内相場が 激しく動き出せば
日和見主義の ヨーグモスは
今の考えなど翻して
国内株の売買に 『一喜一憂』
する事でしょうね~


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
991.86米ドル
 (参考レート:134.95円)
         =133,851円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 111.02%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

スポンサーサイト



テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2022/07/02(土) 13:32:57|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

景気後退懸念で下げました


昨晩のアメリカ市場は 下落
ダウ 253ドル安 (-0.82%)
ナスダック -1.33%
S&P500 -0.88%

弱い経済指標が出て 売られました
それでも 朝安から 下げ幅縮小
大引けにかけて また失速したけど
安値引けは回避してました

でも 世界各国
株価浮上のきっかけを 掴めずに
低空飛行で もがいている感じです


さて、東京市場は
寄付きこそ 上げてましたが
すぐに失速…

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

立ち回りとしては
商品の値上げ発表で
いい感じに上昇した キッコーマン
含み益の部分固定化目的の
両建て 空売り注入

複数ポジになった 中外製薬は
高値掴み & 中間ポジを
利確撤収して 安値ポジのみに 圧縮

下げ地合いなので
指数系ETFを
ちょっとずつ また拾い始めます

プチリバ局面で
薄利逃げしておいて ラッキーでした


日経平均は 233円安で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約190円安

後場は、部分両建てで
含み益を半固定化した キッコーマン
これを 早々と解消して 益出し!?

かなり大きな 確定利益なので
使い道は もちろん 損益相殺ですね~
(対象物件は 決算持越し銘柄なので
   そちらを参照にしてください)

この一連の立ち回りで
信用余力も かなり回復したので

リクルートに ナンピン買い

更に サハリン2 に、関して
プーチン大統領の 嫌がらせ的 決定で
株価急落の 三井物産に 打診買い

大立ち回りの後で
まだ確定利益が それなりに残っており
売りポジ 名村造船の
『小ボス級 駄目ポジ』 も、
1体ですが LC処分

あとは、単元未満株ですが
任天堂を 1株買いました
(取引証券会社のルール的に
  購入タイミングは 1日 4度で
    今回は、大引けでの約定です)


日経平均は 457円安で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約550円安
(円貨資産 約390円安
      外貨資産 約160円安)

指数増減率との比較では
日経平均が -1.73%
TOPIX -1.38%
マザーズ -2.31%

そして
ヨーグモス資産は -1.41%


【決算関係】
≪業績修正≫
良品計画  4Q  下方修正
 昨日の記事に記載忘れたので
 本日分に 記載します
 売り上げは そのままですが
 営業益 最終利益を 引き下げ…
 元々 今回の決算は 期待しておらず
 現物は、気にせず 保有継続だけど
 信用買いポジは
 含み益をキープしたくて
 部分両建てという方針で
 決算待ちしてました
 だから 不意打ち下方修正にも
 少し動じるだけで済みました
 株価の動きは
 特大売りスタートから 低空飛行…
 前日比 -13.52%
 買いポジに ナンピンを入れ
 前場のうちに
 両建ての売りポジは 利確
 安値買いポジは、この暴落でも
 まだ 含み益でした
  (両建て保険の成功例です)

≪持越し銘柄≫
Jフロント  好決算も普通のスタート
  でも そこから急伸!!
  ただし 地合いの崩れる前から
  利益確定の売り?
  上げ幅縮小が 著しく
  それでも 好決算銘柄で
  後場の地合い急落があっても
  何とか 終日プラス圏をキープ
  前日比 +1.12%
  長期保有の 現物株なので
   (永久保有までではないけどね)
  特に気にせず 保有を続けます

ウェザーニューズ
  大きめの特買いスタートから
  力強い急伸
  さすがにストップ高は望めませんが
  望外の成果じゃないでしょうか!
  昨日の保険的両建てが 無駄…
  それでも 今日も 懲りずに!?
  両建ての空売りを
  時間をずらしながら 2単元投入
   (これで 売り長の両建てよ…)
  利食い売りや 地合い崩れで
  多少 上げ幅縮小するかという
  目論見でしたが やや的外れ?
  大引け手前付近まで 様子を見て
  昨日持ち越した 保険的な空売りを
  手痛い LC処分で
  (もちろん損益相殺の範囲内です)
  フラットな両建てに 軌道修正
  今日の立ち回りで
  含み益固定の両建てに 転じました
   (でも 買いポジに
     『ラスボス級 駄目ポジ』
      が、ありますけど
     超安値拾い 買いポジと
    現状は、相打ち的な感じです)


【外国株部門】
≪分配金≫
CXSE : ウィズダムツリー
   中国株ニューエコノミー ETF
から $3.99 を、受け取りました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 今日は、当初予定して
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、部分売却となりました
  (本当は、
    ナンピン買いのターンなのに)
 思わぬ 債券高局面で 方針転換
 今後の ナンピン買い戻しは
 手数が多くなりますね…


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 47でした)



≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
982.76米ドル
 (参考レート:134.95円)
         =132,623円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 110.86%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2022/07/01(金) 23:59:59|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月も 無事に終了


昨晩のアメリカ市場は 高安まちまち
ダウ 82ドル高 (+0.27%)
ナスダック -0.03%
S&P500 -0.07%

月末 そして四半期末が 迫っており
 (特に 四半期末が重要)
機関投資家などが
資産配分比率の見直しで
 (軟調相場で減少した 株式比率を
 現金 ゴールド コモディティ など
  別資産クラスからの リバランス)
買いを入れるのでは?

という 先回り買いが 発生した模様…

ただし FRB ECB ともに
インフレ退治を 一番の使命としており
これに付随する 利上げ継続姿勢が
景気後退を招くという 警戒感が
相場の上値を抑え込んでま~す


さて、東京市場ですが
昨日の 夕場? 夜間? に、
ドル円が 瞬間 137円台にタッチ
という 止まらない円安
 (欧米諸国との 金利差拡大傾向)

もはや 輸出企業に追い風などという
『お題目』 も、通用しないくらいに
日本国としての 貿易赤字拡大
 (主に 資源価格の高騰)
を、嫌気した 円売り 日本株売り
日本国債売りは やや影を潜めましたが
投機的な ヘッジファンドを中心に
潜在的に 日本国債の売り仕掛けを
狙っている 短期勢も多いそうです

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

そんな 難しい局面
本日の ヨーグモス戦略
立ち回り 基本方針は
安全性を高める 『ポジ圧縮』 です

朝の地合いが まだ 大崩れ前に
キッコーマン 最後の高値掴みポジ
『中ボス級 駄目ポジ』 を、
ナンピン買い(含み益ポジ) した分と
合算しての セルフ損益相殺!!

差し引きの確定利益も それなりにあり
追加で 別ポジ利確を実施して

売りポジ 名村造船から
『小ボス級 駄目ポジ』 1体も
損益相殺で LC処分

前場のうちに
日経Wベアを 薄利逃げしたのは
結果論としては 失敗
(もっと 利益を伸ばせたんですね…)

逆に リクルートは
前場のうちに 部分薄利で ポジ圧縮が
正解となってま~す


日経平均は 243円安で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約40円安

様子見モードを継続しているお蔭で
下げ地合いでの ダメージが
小さくて染んでいるのが
救いでしょうかね~

後場は、浮かせすぎた余力から
中外製薬に ナンピン買いを入れました

まだまだ 強気の買いは
時期尚早という 判断なので
慎重に 用心深く 安全第一の立ち回り
を、心がけましょう


日経平均は 411円安で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約170円安
(円貨資産 約180円安
       外貨資産 約10円高)

指数増減率との比較では
日経平均が -1.54%
TOPIX -1.20%
マザーズ -1.05%

そして
ヨーグモス資産は -0.42%

今月は 日経平均が -3.25%
という 軟調地合いの中でも
ヨーグモス資産は +0.38% と、
奇跡的に 資産増でした

今年は 1月2月が 資産減少でしたが
その後の 軌道修正!?
立ち回りを 攻め中心から
守備的にシフトして
守りを固める戦略が 成功していますね


【決算関係】
≪引け後発表銘柄≫
Jフロント 1Q 増収黒字復活
 経常益 市場予想比 +29.35%
  好決算なのですが
  株価は、リスタート銘柄群として
  物色されており 高値圏となると…
  売り込まれる可能性も
  覚悟しておかなければ

ウェザーニューズ 4Q 増収増益
  経常益 市場予想比 +3.83%
  今期見通し : 増収増益
  普通に好決算なのと
  株価が 前回決算で暴落後
  長い低迷期から回復軌道に乗りそう
  そんな状態なので
  上昇期待もしたくなりますね
  一応 予防線として
  部分両建ての空売りも 1単元だけ
  入れてみたのだけれど
  余計な 心配だったかもです…


【外国株部門】
≪分配金≫  2銘柄
VHT : バンガード
   米国ヘルスケア ETF から
      $5.58 を、受け取り

VUG : バンガード
    米国グロース ETF より
     $2.11 の、受け取りで

合計  $7.69  と、なりました


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 今日は、円安と 金利低下により
 外国債券ETF (ヘッジなし)
 を、部分利確して

 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 は、部分損切り
  (損益相殺の範囲内です)
 少し ポジ圧縮したので
 また 金利上昇局面になったら
 ナンピン買いの予定…


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 34でした)



≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
982.76米ドル
 (参考レート:136.40円)
         =134,048円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 112.46%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2022/06/30(木) 19:26:46|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

米国株安に 引きずられましたな


昨晩のアメリカ市場は 下落
ダウ 491ドル安 (-1.56%)
ナスダック -2.98%
S&P500 -2.01%

朝方は、高く始まって 喜ばせておいて
絵に描いたような 寄り天…
しかも
下落率も それなりに大きいwww
 (笑わせてもらいます)

この日の流れは こうらしいです
まずは 中国が
コロナに関連した水際対策を 緩和する
その ニュースで 株価が上昇

でも
6月のアメリカ消費者信頼感指数が
98.7 と、
5月 (103.2) から低下しており
市場予想 (100.0) も、
下回った事で
インフレ懸念の高まりや
景況感の悪化を招き 相場は、暗転…


さすがに 今日の東京市場は
米国株安の流れを受けて 軟調
面倒くさい立ち回りとなりそうです

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

朝の立ち回りは
数は少ないけど 『ヘッジポジ』
日経Wベアと VIX短期先物で
含み益になったものを
段階的に薄利逃げ~

更に まだ含み益の 指数系ETFから
いくつか 見繕っての利確撤収

そして 原油価格の再上昇によって
保有する 原油ETFが 息を吹き返し
割とまとまった数の利確と ポジ圧縮

特売りスタートだった リクルートは
寄り付きで ナンピン買いをしておき
持ち越した (中間ポジ) 分を
薄利逃げして 購入単価に引き下げ

朝のトレードが 落ち着いて
一息ついたところで
謎の約定があり チェックしてみると
長期指値セットしておいた
ウェザーニューズ (中間ポジ) が
それなりの 確定利益を
もたらしてくれました~

ここまでの 立ち回りで
売りポジ 名村造船の
『小ボス級 駄目ポジ』 1体を
処分可能と判明して 即実行!!
(朝のナンピン空売りを
   ロールオーバー要員とします)

現時点での
確定損益状態を チェックしてみると
もう少し 確定利益があれば
売りポジ 名村造船の
『小ボス級 駄目ポジ』 を、もう1体
損益相殺で LC処分できそうだと判明

こうなると
原油ETFを 中心として
他の 各種ETFからも 薄利逃げを
目標値になるまで 処理して
本日 2体目の
『小ボス級 駄目ポジ』 退治に
出向きま~す


日経平均は 289円安で前引けとなり
ヨーグモス資産は
体感日経換算で 約0円安
(前引けは、円貨資産の増減のみで
 比較してますので
  後場は、これに外貨資産の減少分も
         加算されてきます)

前場に仕事をしたので
後場は、軽く 流し気味な立ち回り

指数系ETF で、少額利確して
マザーズETN 高値掴みを LC処分
(もちろん 買い直し
   ロールオーバーしてますよ!)


日経平均は 244円安で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約60円安
(円貨資産 約40円高
      外貨資産 約100円安)

指数増減率との比較では
日経平均は -0.91%
TOPIX -0.72%
マザーズ -1.30%

そして
ヨーグモス資産は -0.15%

今日は、信用取引の トータル損益が
プラ転するという 『珍事』 が、発生
1月12日以来 119営業日ぶりの
珍しい出来事…

ま、まぁ
吹けば飛ぶような 金額だから
明日には
また 含み損に転落ですかな?


【外国株部門】
≪トレード≫
 昨晩は、
 ゴールドETF を、小口買い
  (今は含み損 ナンピン買いです)
 詳細は、トレード履歴に記載してます

≪配当金≫
 SHEL : シェル  から
   $55.00を、受け取りました
   税引き 受け取り金ベースですが
   前回よりも +4.16% 増配
   ありがたいことです


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪投資信託≫
 以前だしておいた注文が 約定して
 口座残高に反映されたので
 トレード履歴に記載しておきました
 日本債権の 5倍ベア です

≪積立ETF≫
 今日も
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いしておきました
 まだまだ 含み損に耐える
 長い試練は 続くでしょう
 それでも
 時に損益相殺を駆使しながら
 購入単価を引き下げま~す


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 43でした)

【28日夜間:外国株】
GLDM : SPDR
       ゴールドミニ ETF
    現物買い 1口@$36.20

【投資信託】  ※6月27日注文分※
T&D:日本債券5倍ベア
           1万円買い


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
978.77米ドル
 (参考レート:136.10円)
         =133,210円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 112.94%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2022/06/29(水) 22:42:33|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京市場 まだ粘り腰


昨晩のアメリカ市場は 小幅安
ダウ 62ドル安 (-0.20%)
ナスダック -0.72%
S&P500 -0.30%

FRBの、金融引き締めに対して
警戒感が働いて
利益確定の動きが優勢だったようです

直近の戻りが それなりに大きく
タイミング的にも
益出しをしやすい状態だったみたいです


さて、東京市場のほうは?
台湾株 香港株が
弱い動きをしていた時に
急落 (日経平均は マイ転)
しましたけど 総じて 安定した動き

【注意】
(トレード概要を書く場合
   特に 記載のないものは
         ほぼ信用取引です)

朝は、まず 最近流行りの
指数系ETFに、利確指値のセットから

『ヘッジポジ』
日経Wベア (少々 ナンピン買い)
VIX短期先物
   (さらに小口のナンピン買い)

今日の地合いは、強くないだろうと
決めつけていたけど
最近は、 『小ボス級 駄目ポジ』
を、退治するために
そこそこな利確を 連発して
損益相殺でLC処分を 発動してるから

ちょっと 含み益ポジの 延命策!?
で、大きめの利確は 本日封印…


日経平均は 40円安で前引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約20円安

後場も ポジ調整程度のトレード
地合いのほうが
尻上がりに調子を取り戻し
高値引けな 勢いになっても
『利確したい症候群』 を、抑え込み
なんとか 我慢したようです


日経平均は 178円高で大引けとなり
ヨーグモス資産も
体感日経換算で 約340円高
(円貨資産 約250円高
       外貨資産 約90円高)

指数増減率との比較では
日経平均が +0.66%
TOPIX +1.06%
マザーズ +0.49%

そして
ヨーグモス資産は +0.88%


【外国株部門】
≪トレード≫
 昨晩は、久しぶりの 取引き
 金価格の調整モードで
 ゴールドETF を、ナンピン買い
 (円資産の ゴールドETFは、
  買い始めが 早かったのもあって
   余裕の 含み益ですが
    外貨ゴールドはポジ構築が遅く
     多少の揺らぎで
      含み損に転落しますねぇ)
 詳細は、トレード履歴に記載してます

≪配当金 & 分配金≫  5銘柄
KHC : クラフトハインツ から
     $21.60 を、受け取り

VGK : バンガード FTSE
    ヨーロッパ ETF からは
    $30.22 の、受け取りで

VIG : バンガード
     米国増配株式 ETF から
     $26.28 を、受け取り

VT : バンガード
トータル ワールド ストック ETF
   から $22.64 の、分配金

VYM : バンガード
    米国高配当株式 ETF から
    $18.33 を、受け取って

合計 $119.07 と、
    かなりまとまった 金額!!
これは有効活用の し甲斐がありますね


【投資信託 積立ETF(現物) 部門】
≪積立ETF≫
 本日も いつもの
 米国20年債ETF (ヘッジ有)
 を、ナンピン買いしておきました


【本日のトレード】
※引越しをしてから 更新時間を
 あまり取れない状態が継続中なもので
  今後も引き続き トレード履歴は
   省略する事にしました※
(本日の総トレード数は 27でした)

【27日夜間:外国株】
GLDM : SPDR
       ゴールドミニ ETF
    現物買い 1口@$36.27


≪本日のPF 保有数:終値≫
≪本日の 投資信託≫
≪本日の 外国株≫
は、時間の都合により 省略します…


≪外貨≫
1007.28米ドル
 (参考レート:135.41円)
         =136,395円


≪現在の資産状況≫
投下資本の 113.12%




人気ブログランキングへ
いつも応援クリック ありがとうございま~っす♪

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2022/06/28(火) 22:53:18|
  2. 株式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ヨーグモス

オイラの資産増減

マイブログ ランキング

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者

現在の閲覧者数: